人はなぜ欲望に負けるのか!?3つの理由とその対処法!

人はなぜ欲望に負けるのか!?3つの理由とその対処法!

日常生活において、様々な誘惑があります。

 

本来やるべきことがあるはずなのに、ついつい欲望に駆られて全然違う行動をとってしまうことは、多くの人が経験していることでしょう。

 

人はなぜ欲望に負けるのか?

それには理由があります。

 

対処法を知って欲望に負けないようになりましょう。

 

ほとんどの人は欲望に負けて成功できない

大人になると、ほとんどの人は自分が自由にできる時間が圧倒的に少なくなります。

時間の大部分を、仕事、家事、育児などにとられて、残った時間は僅かになっているのではないでしょうか?

 

毎日頑張って疲れているからと、残された自由な時間ぐらいは好きに過ごしたいと思ってしまいますよね?

高カロリーなものを食べたり、テレビを見たり、ゲームをしたりと、やりたいことはいろいろあるでしょう。

私も完全にこのタイプですが、だいたいの人は同じなのではないでしょうか?

 

しかし、言わなくても皆さんご存知のとおり、このような生活を続けていても現状は何も変わりません。

 

本来であれば、あれをしたほうがいい、これをしたほうがいい、ということがありますよね?

例えばそれは、英語や仕事のための勉強だったり、体を鍛えるための運動だったり、健康的な食事だったり、人によって様々でしょう。

 

自身を高めるための行動を日々送ることができれば、誰だって人生における成功者になれる可能性があります。

 

そんなことはわかっているけど、やっぱり欲望に負けてしまって、毎日が同じことの繰り返しになってしまうんですよね。

 

人が欲望に負けてしまう3つの理由

人がこの欲望に負けるのには、3つの理由があります。

1つずつ確認していきましょう。

 

短期的に得られる報酬に弱い

まず第一に、人は短期的に得られる報酬に釣られやすいというものがあります。

 

今日一万円あげるよ。でも1年後まで待ってくれたら二万円あげるよと言われた場合、あなたならどうしますか?

 

恐らく多くの人は、今日一万円もらってしまうでしょう。

 

未来まで待てば、結果的には今よりも大きな報酬になることがわかっているのに、人は目先の報酬を得たいと思ってしまうのです。

 

例えば、3ヶ月食生活を変えて、運動をすれば、痩せることができます。

でも今、このケーキを食べれば、おいしくて幸せな気持ちになります。

すると、3ヶ月も頑張らなきゃいけないなら、今ケーキを食べるほうが幸せだなと脳が判断して、食べてしまうんですね。

 

悲しいことに、理屈ではわかっていても、人は皆、短期的に得られる報酬に弱いのです。

 

物事の決断や実行を先送りにする習性

第二に、人は物事の決断や実行を先送りにする習性があります。

 

これは、重要なことや時間がかかることほど、先送りにすることが多くなります。

 

自分の人生において、やったほうが絶対にいいことというのは、とりわけ重たい事項が多いものです。

そのようなものは、着手するまでが大変だったり、一定の成果が出るまでに時間がかかります。

 

しかし、急いでやらないと誰かが困るようなものではありません。

このため、今やらなくてもいいやとなり、また今度やろうと先送りにしてしまうのです。

 

人は言い訳をする天才

第三に、人は何かにつけて理由をつけて、問題を回避したがります。

 

例えば、痩せようと思っているのに、つい高カロリーなものを食べてしまいます。

このようなとき、今日はいつもより疲れているから、特別に食べていいなどの謎の理論が出てきます。

疲れているなら、食べないで早く寝るほうがよっぽどいいです。

 

このように、本来やるべきことを回避して、欲望に負けてもいい理由を瞬時に考え出します。

人は、まさに言い訳の天才なのです。

 

欲望に負けないための対処法

人は短期的報酬に弱く、欲望に負けやすいことが理解できたと思います。

 

しかしながら、大部分の人が欲望に負けているにもかかわらず、そうはならない人がいることも事実です。

 

欲望に負けない人は、いったい何が違うのでしょうか?

 

それは、次の3つを実践しているからです。

 

具体的な目標を持ち鮮明にイメージする

あなたは自分の人生において、明確な目標をもっているでしょうか?

目標ぐらいもってるよ!という人は多いかもしれません。

お金持ちになりたい、スタイルがよくなりたい、モテたいなど、いろいろあるでしょうね。

 

ですが、それでは漠然としすぎています。

例えば、お金持ちになりたいなら、5年後に一千万円の貯金をする、などのように具体的に目標を立てます。

ダイエットなら、3ヶ月後に5㎏痩せるというような感じです。

 

目標は、いつまでにどれくらいというのを、時間的・数量的に表すと明確になりやすいです。

そして、その目標を達成したときの自分の姿をイメージしましょう。

 

この具体的な目標と成功イメージを常にもっていると、短期的な報酬となる欲望に負けずに行動できるようになります。

目標が明確であれば、達成するために今日何をしなければいけないぎハッキリします。

毎日進捗管理をすることになるので、多少欲望に負けることがあっても、すぐに軌道修正できることも強みになります。

 

タイムスケジュールを作成し、そのとおりに実行する

まずは、今の自分の毎日のタイムスケジュールを作成してみましょう。

そこから、自分が欲望に負けている時間が、どこにどれくらいあるかを確認します。

いざ形にしてみると、自分がいかに時間を無駄にしているかがわかります。

 

そこから今度は、自分が理想とするタイムスケジュールを作成してみましょう。

すると大抵の人は、現在のタイムスケジュールとは、かなりのギャップがあると思います。

しかし、それこそが自分自身の本来あるべき姿になります。

 

タイムスケジュールができたら、家の中のすぐ目につくところに張っておきましょう。

自分が今何をしていなければいけないかが常に確認できるので、戒めにもなります。

 

タイムスケジュールができたら、あとはそのとおりにひたすら実行するだけです。

最初は大変かもしれませんが、何日か続けているとだんだん慣れてきて苦痛が減ってきます。

2~3週間もすれば習慣化されて、そのとおりに行動しなければ気が済まないぐらいになってきますよ。

 

そうすれば、もう欲望に負けることはありません。

 

段階的に理想の姿に近づけていく

目標やタイムスケジュールを作るときに注意してほしいのですが、いきなり今現在と大きくかけ離れたものにしないでください。

 

あまりに無理な計画を立てると実行することが困難すぎて、すぐに挫折してしまいます。

 

最終的な理想像として描いておくのは構いませんが、段階的に目標を立て、それに沿ったタイムスケジュールにしましょう。

欲望に負けないようにするためには、実現可能なレベルのものでなくてはなりません。

 

そして、毎日の成長と実行できた達成感を噛み締めるようにしましょう。

この快感を覚えるようになると、欲望に負けることもなくなります。

 

まとめ

人が欲望に負けるのには理由があり、その対処法をご理解いただけたと思います。

 

私自身、かなり欲望に弱い人間なので、これまでの人生でかなり時間を浪費してきてしまいました。

しかし現在は、今回ご紹介した対処法をもって、欲望に負けることは少なくなりました。

 

テレビを見たりゲームをしたりして後悔することはあっても、自分の目標のために時間を使って後悔することはありません。

今ではタイムスケジュールどおりにできないと、やるべきことのために別途時間を確保したくなるぐらいになりました。

 

欲望に負けることなく行動できると人生が変わります。

是非とも、おすすめなので興味があれば、参考にしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました