毎日ストレッチをしているのに体が柔らかくならない理由

毎日ストレッチをしているのに体が柔らかくならない理由

毎日ストレッチをしているのに体が柔らかくならないという人はいませんか?

ストレッチを始めた当初はどんどん柔らかくなっていくのに、ある時期を境に変化が見られなくなるのです。

 

実は私もここ最近悩まされているのですが、なんとなく理由がわかってきました。

 

そこで、私が思う体が柔らかくならない理由について書いていきたいと思います。

 

毎日ストレッチをしているのに体が柔らかくならない理由

今現在、私はストレッチを毎晩寝る前に行っています。

この習慣が身についてから、およそ7ヶ月が経過しました。

 

ストレッチを始めた最初の1ヶ月は、目に見えてわかるぐらい、どんどん体が柔らかくなっていきました。

しかし、だんだんとその成長速度もゆっくりになっていき、ここ1ヶ月ぐらいは、あまり体の柔軟性に変化を感じられなくなってきました。

 

恐らく理由は次の3点にあると思われます。

 

体の柔軟性の停滞期に入っている

ダイエットではよく聞く言葉で、停滞期というものがあります。

これは、最初はどんどん痩せていくのに、あるときからなかなか痩せなくなる状態を指します。

 

人間の体にはもともと恒常性があるため、元の体の状態を維持しようとする働きがあります。

このため、急激に体型が変化していくと、一定のところでセーブがかかるようになるのです。

 

恒常性という観点でいけば、体の柔軟性についても同様に当てはまるのではないかと思います。

 

ダイエットにおける停滞期の脱出方法は諸説ありますが、一番大事なことは諦めないことです。

見た目や数字上は変化が見られないですが、確実に体は変わろうとしているのです。

なので、ここで折れない心がダイエットを成功させるためには重要なのです。

 

私は、体の柔軟性についても同じことがいえるのではないかと考えました。

 

ですので、ここは諦めずに引き続き毎日ストレッチをしていこうと思います。

 

体が温まっていない

毎日ストレッチをしていると、日によって体の柔軟性に差異が出てきます。

 

「今日は調子がいいな。」

「なんだか今日は体があんまり伸びないな…」

 

なんて日が出てくるのです。

 

人間なので、その日の体調でパフォーマンスに違いが出てくるのは当たり前なのですが、ここ最近は「あんまり伸びないな…」という日が増えてきました。

 

なぜかを考えてみたのですが、原因は体が温まっていないことにあるのではないかと思いました。

体が冷えていると筋肉も硬くなります。

 

今はちょうど季節も冬なので、室内も結構寒くなっています。

最近体が柔らかくならないのには、これもかなり影響している気がします。

 

私は寝る前にストレッチをするので、最近は事前に寝室を暖房で暖めておくようにしています。

部屋が暖かいと体も温まりやすくなります。

 

寝室を暖かくしたおかげで、ストレッチをしていても体が伸びないなという日は減ってきました。

 

ストレッチのやり方が適切でない

ストレッチで体を柔らかくする上で重要なのは、適切な強度と時間です。

この2つの要素が正しく噛み合ってはじめて、体は柔らかくなっていきます。

 

このことは重々承知しているのですが、最近は正しく実践できていないようです。

 

というのも、もともと体の中でも柔軟性があまりない部位を、ストレッチで痛めやすくなってしまったのです。

 

最近は「体があんまり伸びないな…」という日が増えていました。

しかし自分の中では、「この部位は、このぐらいまで伸ばせる」という感覚を持っています。

どうやら自分の感覚と実際の結果にギャップが生じていて、その結果オーバーストレッチ気味になっているようでした。

 

毎日同じぐらいの強度でストレッチをしようとせず、その日の体の調子を見て、適切にコントロールすることが重要だと感じています。

 

ストレッチは本当に毎日したほうがいいのか?

私は毎日ストレッチをすることが習慣になっていますが、そもそもストレッチは本当に毎日したほうがいいのか?と感じることもあります。

 

筋トレであれば、同じ部位については毎日やらずに、2~3日空けてから行うようにしなければなりません。

これは筋肉の超回復が関係しているからですが、ストレッチに関しては同じようなことがないのか気になりました。

 

しかし、私が調べてみた限りでは、筋トレのように日をおかなければならないような理由は見つかりませんでした。

むしろ、やはりストレッチは、毎日やったほうが体の柔軟性は向上しやすいようです。

 

もともとそのような認識ではありましたが、改めて調べてみて再認識させられました。

 

そもそもストレッチは体の柔軟性だけでなく、気持ちをリラックスさせてくれ、寝つきをよくしてくれる効果もあります。

私はこの効果も狙って毎日寝る前にストレッチをするようにしているので、やはり今後も毎日続けていこうと思います。

 

まとめ

最近はストレッチをしても体の柔軟性が思うように向上しないので、少しモチベーションが落ちかけていました。

まさにダイエットをしているときの停滞期の気分です。

 

私は以前ダイエットをしていて、そのときは停滞期でも諦めずに継続することで、最終的には14kgの減量に成功することができました。

 

ですので、ストレッチも同様に諦めずに継続していきたいと思います。

 

今回自分で気づいた、体を温めることとストレッチ強度に注意しながら、さらに体の柔軟性を高めていければと考えています。

 

私と同じように、毎日ストレッチをしているのに体が柔らかくならないという人がいたら、参考にしていただけたらと思います。

 

毎日ストレッチを続けて、今よりも柔らかい体になりましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました