40代男性の疲れやすい原因とは?更年期障害に注意しよう!

40代男性の疲れやすい原因とは?更年期障害に注意しよう!

年齢も40代に突入してくると疲れやすいことに悩まされることが多くなると思います。

心当たりが全くなく原因がよくわからないという場合、ひょっとしたら更年期障害かもしれません。

 

更年期障害は男性にも発生するもので、40代頃がちょうど自覚症状として出やすくなるときでもあります。

 

そこで、40代男性の疲れやすさと更年期障害の関係について解説します。

 

疲れやすい40代男性は更年期障害に注意!

更年期障害というと女性がなるものとして知られていましたが、現在では男性でもなるものであることがわかっています。

男性は40代頃から自覚症状をもつことが多くなるため注意が必要です。

 

しかし、更年期障害についての知識がないことや、原因不明だと思い込み症状を放置してしまう人もいます。

このことから、「なんだかいつも疲れている」、「寝ても疲れがとれない」といった状態に陥ってしまうことも多々あります。

放っておいても自然に症状がよくなるわけではなく、疲れやすさ以外にも体に様々な不調が出てきてしまいます。

 

年齢を重ねてくると、どうしても若い頃と同じようにはいかないものです。

自分の体のメンテナンスを怠っていると、いつの間にか更年期障害になってしまうなんてことも十分あり得るのです。

 

加齢による男性ホルモンの低下が原因

男性が更年期障害になる原因は、加齢による男性ホルモンの低下にあります。

男性ホルモンの名称はテストステロンになります。

聞いたことがある人もいるのではないでしょうか?

 

テストステロンには主に次のような働きがあります。

 

  • 筋肉や骨を強くする
  • 行動力や判断力を高める
  • 生活習慣病のリスクを下げる
  • 仲間意識が強くなり社会性が高まる

 

肉体的にも精神的にも大きなプラスの役割があり、テストステロンが充分に分泌されていると、やる気に満ち溢れ活動的になります。

 

テストステロンの量には個人差がありますが、一般的に20代をピークに加齢とともに減少していきます。

テストステロンの量が著しく減ってしまうと、それがもとで更年期障害を発症してしまい、うつ状態になってしまうこともあるのです。

 

生活習慣を見直すことで改善が可能

疲れやすい40代男性が更年期障害を改善・予防するためには、テストステロンを増やすことが重要です。

生活習慣を見直すことで、テストステロンの分泌量を増やすことができるので、改善していってみましょう。

 

質のいい睡眠をとる

テストステロンは眠っている間に分泌されます。

このため、質のいい睡眠をとることがとても重要になります。

 

ふだん寝不足だという自覚がある人は、早めに寝るようにして、自分に必要な睡眠時間を確保するようにしましょう。

 

また、睡眠の質は寝るときの環境に大きく左右されます。

 

寝る3時間前には食事をとって完全に消化吸収が終わった状態にし、寝る直前にスマホなどのブルーライトを浴びないようにしましょう。

お酒もよく眠れるような気がしますが、実は眠りが浅くなるので控えた方がいいです。

 

そして寝るときは寝室を真っ暗にして、体を締め付けないゆったりした服装で眠るようにしましょう。

 

これらを実践するだけで、睡眠の質はかなり改善されるはずです。

 

ストレスを溜めないようにする

仕事や家庭などで常にストレスにさらされて溜め込んでいるとテストステロンは減少してしまいます。

 

なるべくストレスを溜めないような環境で過ごせるようにすることと、適度にリラックスしてストレスを発散する時間を作るようにしましょう。

 

毎日頑張っている自分に、ご褒美をあげてください。

自分なりの小さな喜びを見つけて、小まめにストレスを発散するようにすると、精神的に安定した生活を送れるようになりますよ。

 

適度に運動をする

運動不足はいろいろな意味で体の不調の原因となります。

テストステロンの分泌を促すためにも、適度に運動をするようにしましょう。

 

運動の中でも特におすすめなのが、筋トレです。

筋肉がついて引き締まりカッコいい体つきになります。

見た目が変わるため、自分に自信をもてるようにもなれます。

 

中年のメタボを解消しつつ、更年期障害も解消できます。

 

社会との関わりをもつ

孤独に過ごしていると刺激が少なく、人と競い会うような場面もありません。

そのような生活はテストステロンを減少させる要因となってしまいます。

 

できることなら仕事以外にも趣味をもち、仲間や友人と過ごす時間を増やすようにしましょう。

社会と関わりをもって生活をすることで、いろいろな気づきや楽しみが生まれますよ。

 

まとめ

いかがでしたか?

 

40代になって、原因はよくわからないけど疲れやすいと感じることが多い場合は、更年期障害の可能性があります。

今や更年期障害は、女性だけでなく男性にも珍しくありません。

 

自覚症状があるようなら、男性ホルモンのテストステロンが減少しているかもしれませんよ。

そのような人は、生活習慣を見直して改善・予防していくようにしましょう。

 

テストステロンを増やせば、前向きに人生を楽しめますよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました