有酸素運動とはどんな運動?ダイエットや健康に効果的でおすすめ!

有酸素運動とはどんな運動

有酸素運動という言葉を見たり聞いたりしたことはあるけど、具体的にはどのような運動なんだろう?

ダイエットや健康に関心を持ち始めたばかりの人は、このような疑問を抱くのではないでしょうか?

有酸素運動は、若い人から高齢の人まで、男女問わず幅広い世代の人が気軽に楽しみながら取り組める運動になります。

ダイエット効果が高く、健康にもとてもいいといわれる有酸素運動とはどのような運動なのかをご紹介します。

 

有酸素運動とは?

運動には2種類あります。1つは無酸素運動で、もう1つが有酸素運動です。

無酸素運動は筋力トレーニングや全力疾走のような短時間で大きな力を生み出す運動になります。

こちらの運動は体への負荷が大きいですが、体の筋肉を大きく鍛えることができます。

これに対して有酸素運動は、酸素を取り込み軽い負荷で長い時間行える運動になります。

この際、体内にある糖質や脂質をエネルギー源として使用します。

無酸素運動と有酸素運動は対になる運動で、激しい運動と軽めの運動というイメージをもっていただけるとわかりやすいと思います。

ゼエゼエいって呼吸があがってしまうような運動は無酸素運動、一定の安定したリズムで呼吸を続けながらできるような運動は有酸素運動になります。

代表的な有酸素運動は、ウォーキングやジョギングになります。有酸素運動はどれも全身運動になります。

 

有酸素運動の効果

有酸素運動には様々な効果があります。

ダイエット効果

有酸素運動は体内の糖質や脂質をエネルギー源としています。

これらを消費しながら運動を続けることになるわけですね。

つまり、有酸素運動は体内にある脂肪を直接減らすことができるのです。

体脂肪が気になる人は、有酸素運動を継続的に行うと痩せることができるでしょう。

ちなみにエネルギー源として消費する糖質と脂質ですが、運動する時間に応じて消費割合が変わってきます。

有酸素運動を始めたばかりのときは糖質を使う割合が多いのですが、そのまま運動を続けているとだんだんと脂質を使う割合が多くなってきます。

このため、長い時間有酸素運動を続けたほうがダイエット効果は高くなります。

ダイエット目的であれば有酸素運動を20分以上することをおすすめします。

筋力の向上

日常的に運動に取り組んでいる人にはあまり効果はないかもしれませんが、ふだん全く体を動かしていない人が有酸素運動に取り組んだ場合には、筋力を鍛えることができます。

全身運動である有酸素運動は、種類にもよりますが、どれも基本的に下半身の筋力をメインに使う運動になります。

このため、太腿やふくらはぎ、お尻などの足腰の筋力を総合的に鍛えることができます。

心肺機能の強化

有酸素運動は、長い時間たっぷりと酸素を取り込みながら行う運動になります。

このため、じっくりと心肺機能を強化することができ、体力増強の効果があります。

継続して有酸素運動に取り組んでいると、体力がつくため疲れにくくなります。

日常生活でそこそこの距離を歩いたり、階段を使うことも苦にならなくなるでしょう。

冷えやむくみの解消

長時間下半身をよく使う有酸素運動は、下肢の筋肉に効果的な刺激を与え、全身の血流をよくしてくれます。

ふくらはぎは第2の心臓といわれていて、ここの筋肉をよく使うことは、全身の血のめぐりを改善することに繋がるのです。

全身の血流がよくなると、冷えやむくみが解消されます。女性は特にこの悩みを抱えている人が多いのではないでしょうか?

生活習慣病の予防

有酸素運動によって血液の循環がよくなることは、心筋梗塞や脳梗塞などの生活習慣病を予防することに繋がります。

継続的に有酸素運動を行うことは、健康のためにとても効果的です。

ストレス解消

有酸素運動で長時間体を動かしていると、脳からエンドルフィンやセロトニンなどのホルモンが分泌されます。

エンドルフィンにはストレスや疲労を抑える効果がり、セロトニンは良質な睡眠を促します。

有酸素運動は、体だけでなく心にもいい運動になります。

 

おすすめの有酸素運動

ダイエットや健康に効果的な有酸素運動ですが、どんな有酸素運動をしたらいいのかわからないという人のために、老若男女問わずおすすめのものを2つご紹介します。

ウォーキング

まず1つ目におすすめの有酸素運動はウォーキングです。

ウォーキングならば足腰へかかる負担も小さいので、今まで全然体を動かしていなかった人や、高齢の人でも安心して始めることができます。

本当にどんな人にでもおすすめの有酸素運動になります。

歩く速さを上げれば運動強度も上がるので、ふつうに歩くよりもさらに体を鍛えることができます。

自分の体力に合わせて歩く速度を調整するといいでしょう。

ジョギング

2つ目におすすめの有酸素運動はジョギングです。

ジョギングは下半身の筋肉をよく使い、消費カロリーが大きくなるため、ウォーキングよりさらに筋力向上やダイエット効果が高くなります。

しかしその分、ウォーキングより体にかかる負担は大きくなるため、運動習慣がない人や高齢の人は注意してください。

まずはウォーキングから始めて、体力に自信がついてきたらジョギングに切り替えると、より安心ですね。

気をつけてほしい点として、ジョギングは速く走ると息があがってしまい、有酸素運動ではなくなってしまいます。一定の安定したリズムで呼吸ができるようにしましょう。「軽くおしゃべりができる程度」の速さで走ると、ダイエットにも一番効果的です。

 

まとめ

いかがでしたか?

有酸素運動がどのような運動か、ご理解いただけたでしょうか?

ダイエットにも健康にもいい有酸素運動を、是非とも皆さんやってみてください。

 

 

こちらの記事もおすすめです。

運動によるダイエットには効果的な時間帯がある!

コメント

タイトルとURLをコピーしました