首の付け根のゴリゴリの正体は?辛い首こりを解消する方法

首の付け根のゴリゴリの正体は?辛い首こりを解消する方法

「なんだか疲れたなぁ」と思って頭を回すと、首の付け根がゴリゴリいうことがありませんか?

 

はじめはなんともなかったはずなのに、気がついたら音がするようになっていたという人もいると思います。

かくいう私もそんな状態でした。

 

このゴリゴリ、意外と気になるし嫌なものですよね?

 

そこで今回は、首の付け根のゴリゴリの正体と解消法についてご紹介します。

 

首の付け根のゴリゴリの正体

頭を動かすと首の付け根がゴリゴリいうのはなぜでしょうか?

この答えは、首周りの筋肉のコリになります。

 

こっている首の筋肉は、後頭下筋群というものになります。

後頭下筋群は4つの筋肉から形成されていて、首を様々な方向に動かせるようになっています。

 

スマホやパソコンを1日中やっていたりすると、同じ姿勢のまま首が固定されてしまいます。

このように筋肉を動かしていないと、硬直して硬くなっていきます。

 

後頭下筋群が硬くなってしまうと、そこを通っている頭や目の神経を圧迫します。

このため首こりが酷くなると、頭痛や目の奥の痛みが出てくることもあります。

 

また、後頭下筋群の表面には、首から肩を覆うように僧帽筋という筋肉が広がっています。

後頭下筋群のコリが酷くなると僧帽筋まで硬直することになり、肩こりまで出てきてしまいます。

よく、首から肩にかけてコリが酷くなるなることがありますが、こういった原因もあったりします。

 

筋肉のコリは血流を悪くし、体内に老廃物が溜まりやすくなります。

慢性的に疲れがとれない原因にもなってしまうので注意が必要ですよ。

 

辛い首こりを解消する方法

頭を動かすとゴリゴリいう首こりを解消する方法は次のとおりです。

自分でできるものになるので、セルフケアをしてみてください。

 

ストレッチをする

凝り固まった筋肉をほぐすにはストレッチが効果的です。

 

筋肉の柔軟性を取り戻すことで、痛みやコリを解消することができます。

血流も改善され、老廃物の排出を促すこともできるでしょう。

 

首周りを動かすストレッチを実践しましょう。

首を前後左右に動かして、筋肉をまんべんなく伸ばすようにしてください。

 

マッサージをする

首の後ろ側を指で押したり揉んだりしてマッサージしましょう。

自分で首の付け根をさわってみると、どの辺りが痛かったり凝っているかがよくわかります。

自分が思っている以上に凝っていることもありますよ。

 

後頭下筋群は奥の方にあるので、その部分をマッサージするように意識してみてください。

丁寧に揉みほぐしてあげることで、首の筋肉の緊張がとれてきます。

リラックスしてやるととても気持ちいいので、試してみてください。

 

もちろん専門のマッサージ店に行ってプロの人にやってもらってもOKです。

お金はかかりますが、そのほうが効果も高いし気持ちいいのは間違いないでしょう。

 

首周りを温める

首のゴリゴリの凝りは、冷えも原因になります。

筋肉が冷たくなると血流が悪くなり、固まりやすくなります。

寒い冬場は全身の筋肉が硬くなることから、お分かりいただけると思います。

 

首こりが酷いときは、首周りを温めるようにしてください。

湯船に首までしっかり浸かったり、熱いシャワーを首に当てるのも効果的ですよ。

 

まとめ

気になる首の付け根のゴリゴリの正体は、首周りの筋肉のコリが原因であることがわかったと思います。

首の後ろ側の筋肉である、後頭下筋群のコリを解消することで首の付け根のゴリゴリもなくなります。

 

辛い首こりに悩まされている人は、今回ご紹介した首こりを解消する方法を試してみてください。

どれもちょっとしたことなので、毎日の習慣にすると自然とよくなってくると思いますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました