一週間で効果が出る!?野菜ジュースの置き換えダイエット!

野菜ジュースの置き換えダイエット

ダイエット中の食事といえば野菜を中心とした食生活が基本になります。

野菜は低カロリーであるにもかかわらず、ビタミンやミネラル、食物繊維が豊富に含まれているため、ダイエット中の栄養不足を補うことができます。

しかし、1日で必要な量の野菜を食べてとろうとすると大変なので、ダイエットをしているわけではなくても健康のために野菜ジュースを飲んでいるという人は多いと思います。

野菜ジュースならコップ1杯程度飲むだけで手軽に栄養をとれるので、大変便利です。

この野菜ジュースも低カロリーであるため、ダイエットにおすすめのものになります。

そこで、野菜ジュースを効果的に使ったダイエット方法についてご紹介します。

 

野菜ジュースを使ったダイエット方法

ダイエットのために野菜ジュースを活用する場合、主に2つの方法があります。

①食前に野菜ジュースを飲む「ベジファーストダイエット」

②1回分の食事を野菜ジュースのみにする「置き換えダイエット」

どちらも簡単に実践できるので、ダイエット初心者にもおすすめです。

野菜ジュースを使ったダイエットは、1日の総摂取カロリーを抑えることができるので、短期間で成果が出やすいという特徴もあります。

野菜ジュースは、専用のスムージーを使って、食材の野菜から直接手作りでジュースを作るのがもっとも理想的ですが、機器を購入する費用や洗い物が増えるなどのデメリットもあります。

このため、気軽に野菜ジュースダイエットをするなら、市販されている野菜ジュースや青汁などでも問題ありません。

それでは、それぞれのダイエット方法を説明していきましょう。

食前に野菜ジュースを飲む「ベジファーストダイエット」

まずは、毎回の食事の際に、最初に必ず野菜ジュースを飲むという方法です。

ダイエット中の食事の順番で、野菜から最初に食べることが推奨されています。これは、野菜に含まれている食物繊維によって満腹中枢を刺激し、たくさん食べなくても満腹感を得られるからです。

また、食物繊維を先に食べておくと、血糖値の上昇が緩やかになり、脂肪の吸収を抑えるという効果もあります。

市販されているパックや缶の野菜ジュースを、食前に1杯飲みましょう。量としてはコップ1杯程度、約200mlぐらいでOKです。

食事の15分前ぐらいに野菜ジュースを飲むと、より満腹感が出るため、食欲を抑制しやすくなります。

食前に野菜ジュースを飲むベジファーストダイエットは、毎回必ずきちんとした食事ができるので、途中で挫折せずに継続しやすいダイエット方法になります。

ただ、野菜ジュースを飲む量が結構多くなるので、若干費用がかさむというデメリットがあります。野菜ジュースの成分にも注意して、なるべく糖質が入っていないものを選びましょう。糖質が入っていると、糖質をたくさん摂取することになってしまうので、せっかくのダイエット効果が薄れてしまいます。

 

1回分の食事を野菜ジュースのみにする「置き換えダイエット」

こちらの方法は、3食の食事のうち、どれか1回を野菜ジュースのみにするというものです。いわゆるプチ断食のようなダイエットですね。

完全に絶食してしまうと栄養不足となり不健康になってしまいます。しかし、置き換えダイエットであれば、そのような心配はありません。

特に、置き換えダイエットとして野菜ジュースを活用した場合、人間の体に必要なビタミンやミネラル、食物繊維などをしっかりと摂取することができます。

置き換えダイエットの場合、1回分の食事が野菜ジュースのみとなるため、1日の総摂取カロリーがかなり抑えられます。このため、一週間でもダイエット効果がでてきます。

野菜ジュースによる置き換えダイエットをする場合、気軽にやるなら朝食でやるといいでしょう。朝はまだあまり食欲がなかったり、忙しくゆっくり食べている時間がなかったりすると思いますので、野菜ジュースによる置き換えダイエットがやりやすいと思います。

ダイエット効果を高めたいのであれば、夕食を野菜ジュースに置き換えるようにしましょう。日中とは違い、夕食後はあまり活動しないため、摂取カロリーを抑えたほうが余計な脂肪をつけずに済みます。

さらに、野菜ジュースなら胃腸が消化活動をすることはあまりありません。夜寝るときには、お腹の中がからっぽの状態でないと、睡眠中も消化活動をするため睡眠の質が下がってしまいます。そして何より、寝始めの最初の3時間は成長ホルモンを分泌し脂肪の燃焼を促進してくれるのですが、胃腸が消化活動をしていると、その恩恵を受けることができません。

ダイエットをするのであれば、野菜ジュースによる置き換えダイエットをしていなくても、夕食は寝る2~3時間前には済ませるようにするといいでしょう。

 

ダイエットするときの野菜ジュースの選び方

市販されている野菜ジュースには、実にいろいろな種類があります。いっぱいあって選べない!という人のために、ダイエットをするときの野菜ジュースの選び方をご紹介します。

糖質の少ないもの

実際に市販されている野菜ジュースを手にとって成分表を見てみるとわかりますが、糖質が入っているものが結構あります。

糖質が入っていると、それだけカロリーが高くなることと、脂肪がつきやすくなるというデメリットがあります。

成分表をよく見て、できるだけ糖質が少なめの野菜ジュースを選ぶようにするといいでしょう。もちろん糖質0が一番です。

自分にとっておいしいもの

野菜ジュースは、ふつうの果物のジュースと違って、人によって好き嫌いが強く出やすい飲み物です。また、誰かがおいしいといった野菜ジュースを飲んでみたけど、自分にはあまり合わないということもよくあります。

そのため、いくつか野菜ジュースを飲み比べてみて、自分好みの味のものを見つけましょう。

おいしくないと思うものを飲み続けるのは苦痛なので、それだと野菜ジュースを使ったダイエットを挫折してしまうかもしれません。

野菜感が濃く甘みがほとんどない野菜ジュースだと、苦手な人は続けられない場合があります。

ダイエット目的であれば糖質は少なめのものがいいのですが、果物が入った野菜ジュースだと甘みがあるので、比較的飲みやすい人が多いです。

栄養たっぷりで体にいいもの

最近ですと、1日に必要な量の野菜がとれるものや、無添加処方、国産野菜を使ったものなど、栄養や健康の面から優れた野菜ジュースがあります。

成分表や原料を見ると、何が入っているかが詳しくわかります。

栄養素として不足しがちなカルシウムやミネラル、鉄分などが多く含まれているものはおすすめです。

食物繊維が多く含まれているものも、便秘解消が期待できるのでいいでしょう。

 

まとめ

いかがでしたか?

野菜ジュースを使ったダイエット方法をご紹介しました。

特に、置き換えダイエットのほうは短期間でも効果がでてきます。

また、栄養をとるために食材として食べると結構大変な野菜ですが、野菜ジュースであれば手軽にとれるのも大変魅力的ですね。

野菜ジュースをうまく活用して、ぜひダイエットを成功させてください。

 

 

こちらの記事もおすすめです。

ダイエット成功のために気をつけるべき夜の食事の時間と取り方

コメント

タイトルとURLをコピーしました