即効で効かせる二の腕痩せダイエット!短期間で効果を出す方法!

短期間で効果を出す二の腕痩せダイエット

 

暑いシーズンになってくると、薄着が多くなり肌の露出も増えてきます。その中でも二の腕は誰もが一番露出が多くなる場所でしょう。特に女性では、ノースリーブや袖が短いファッションを楽しみたいのに二の腕が気になってできないという人もいることでしょう。

誰しも、どんなときでも好きな格好を楽しめるように、引き締まったほっそりとした二の腕にしたいですよね。

いったん脂肪がつくとなかなか落とすのが難しいと言われている二の腕ですが、実は短期間で細くする方法があります。今回はそんな効果的な二の腕痩せダイエットの方法を紹介します。

 

二の腕痩せが難しいと言われている原因

一般的に二の腕痩せダイエットが難しいと言われているのには原因があります。それは、二の腕は体全体の中でも、脂肪がたくさんついている部分だからです。このため、頑張ってダイエットをしてもなかなか細くなったように見えないのです。

そして最も大きな原因は、二の腕の脂肪を落としたとしても、筋肉がないためタプタプしてしまい太く見えてしまうことです。そこで二の腕痩せダイエットを行う際には、脂肪を落とすことと、引き締めるための筋肉を鍛えることが重要になります。

 

理想的な二の腕のサイズ

女性の場合は、理想的な二の腕のサイズというのがあります。

それは、身長(cm)×0.15です。

もちろん多少の差異は問題ありません。おおよそこれぐらいのサイズだと、体全体を見たときのバランスがよく、二の腕もほっそりとすっきりして見えます。ダイエットで二の腕痩せをするときには、このサイズを目安にするといいでしょう。

 

二の腕を引き締める筋肉は?

筋トレと言うと筋肉ムキムキになって余計に腕が太くなってしまうのでは?と思う人もいるかもしれません。しかしそれは、鍛える筋肉によって変わってきます。

二の腕には、腕の内側にある上腕二頭筋と、腕の外側にある上腕三頭筋があります。

上腕二頭筋は力こぶの部分で、この筋肉は物を持ち上げたり、自分の方へ引き寄せたりするときに使われる筋肉になります。この上腕二頭筋は、日常生活でも比較的よく使われる筋肉であるため、個人差があるにせよみんなある程度は筋肉がついています。

対して上腕三頭筋は、物を押し出すときに使われる筋肉になります。腕を突き出して何かを押すようなことは、力仕事をしているような人でない限り、日常生活ではあまり使用されることがありません。このため、上腕三頭筋が鍛えられていない人はたくさんいるわけです。

上腕二頭筋を鍛えると力こぶが大きくなるので腕は太くなります。上腕三頭筋を鍛えると腕が引き締まりタプタプ感がなくなります。つまり、二の腕痩せダイエットをしたい場合は、上腕二頭筋を鍛えずに、上腕三頭筋を鍛えればいいのです。

 

二の腕を引き締める筋トレ

二の腕痩せダイエットのために上腕三頭筋を鍛える方法を紹介します。ここで紹介するのは、何も道具を使わずにできる簡単・手軽なトレーニングですよ。

腕立て伏せ

上腕三頭筋を鍛えられる一般的な筋トレになります。

  1. うつ伏せの状態から、体を両手両膝で支える
    ※余裕がある人は膝ではなく足で支えるようにしましょう。
  2. 両手は肩幅程度に開く
  3. 体が頭から膝までが一直線になるようにする
  4. 息を吸いながらゆっくり肘を曲げて、体が床につくすれすれまで近づける
  5. 少しの間静止する
  6. 息を吐きながらゆっくりと元の姿勢に戻る
  7. 4~6の動作を10~15回繰り返す

 

腕振り歩き

日常生活の中で二の腕を引き締める方法です。

  1. 手を握り肘を90度ぐらいに曲げる
  2. 腕を後ろに引くことを意識しながら、腕を振る
  3. 1~2をしながら歩く

 

まとめ

いかがでしたか?

二の腕痩せダイエットをするときには、上腕三頭筋を鍛えることが重要です。食事制限だけでなく筋トレもしっかりとして理想的なサイズの二の腕を手に入れましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました