30代男性!脱メタボのダイエット成功法!効果的な食事や運動法など

30代男性のダイエット成功のための食事と運動

 

男性も30代になってくると、壮年期に入ってきます。気持ちはまだまだ若いつもりでも体は正直なもので、20代の頃に比べると疲れやすくなったり、体力の衰えを感じることも出てくるでしょう。体型も気づけばお腹がポッコリ出てきていたりしませんか?

人は年齢を重ねるごとに、だんだんと痩せにくく太りやすくなってきます。そこで、20代の頃とは違う、30代の男性ならではのダイエット成功方を紹介します。

 

30代になると痩せにくくなる原因

20代の学生から社会人数年目までの間は、頻繁に飲み会に参加したり無茶な食べ方をしても、そこまで急激に太ってしまうようなことは少なかったかもしれません。しかし、30代になってくると少しずつ違ってきます。同じような食生活を続けていると、少しずつ脂肪がお腹を中心に溜まっていき、気がつくとあっという間にメタボ体型になってしまいます。

なぜこのようなことになってしまうかというと、30代に入ってくると基礎代謝の低下が始まるためです。20代の頃までは新陳代謝が活発でエネルギーの消費が多いのですが、それがだんだん少なくなってくるんですね。また、運動をする機会も減ってきて、体の筋肉量が落ちてきていることも考えられます。これもまた基礎代謝の低下に繋がります。

 

食生活を改める

30代男性の痩せにくい原因は基礎代謝の低下にあるため、20代の頃と同じような食生活を続けることは避けなければなりません。基本的には、以下のような食品は食べることを控えるようにしていきましょう。

  • ファストフード
  • ケーキなどの洋菓子
  • スナック菓子
  • アイスクリーム
  • 菓子パン
  • インスタント食品
  • ラーメン

ただ、どれも絶対に食べてはいけないということではなく、毎日のようにこれらを食べるのはNGだということです。これらのうち、どうしても好きな食べ物があれば、ダイエット中のたまの自分へのご褒美として食べる分にはいいでしょう。

覚えておいてほしいことは、これらの食品はどれも糖質、脂質が多く高カロリーなものだということです。早い話が圧倒的に太りやすい食べ物なのでダイエットには大敵なのです。

糖質は、エネルギーに変換できずに余った分を脂肪として体に蓄積されます。脂質は高カロリーなため、カロリーの過剰摂取になりやすいです。よって、これらの食品ばかり摂取していると肥満への道へ一直線となってしまうわけです。このことは肝に銘じておきましょう。

また、お腹が空いてないのになんとなく何かを食べるとか、夜寝る前に食べるなども太る原因となります。無駄なカロリー摂取や、脂肪を溜め込むような食生活はやめるようにしましょう。

これらのことで自分に当てはまるものがあれば、毎日の食生活を見直すようにしてください。

 

運動をしてカロリーを消費する

30代になってくると、20代の頃に比べて運動をする機会が激減すると思います。学生の頃はスポーツをしていたような人でも、社会人になると忙しくなり運動から離れ、30代になる頃には通勤以外で体を動かす機会が全くないなんて人もいることでしょう。更に基礎代謝も落ちてきているため、1日の消費カロリーが、20代の頃と比較するとかなり少なくなっていることが多いです。このため、体を動かす機会が少ないと自覚できる人は、意識しないとなかなか痩せることはできません。

そこで、毎日の生活の中に、少しでもいいので運動をする機会を取り入れましょう。運動と言っても激しい運動や長時間の運動をする必要はありません。一番気軽にできてダイエットにも効果が高い運動がウォーキングです。ウォーキングは有酸素運動と呼ばれ、酸素を体中にたくさん取り込む運動となり脂肪燃焼効果が高いのです。ウォーキングであれば、通勤時間の中に組み込むこともできます。例えば電車通勤の人は、1駅分歩くようにするなどすれば簡単に通勤中にウォーキングの時間を確保することができます。これなら無理なく毎日続けられるはずです。ダイエットは継続が命で、日々の積み重ねがモノを言います。少しずつでいいので、毎日続けていくようにしましょう。必ず効果は表れます。

また、運動のためにある程度の時間を確保することができるのなら、ジョギングやスイミングは更にカロリーの消費が多くなるので、よりダイエットにはおすすめです。もし余裕があるなら、試してみるといいでしょう。

 

筋トレをして基礎代謝を増やす

男性も30代になると運動する機会が減ることで筋肉量が減少し、このため基礎代謝が低下するので太りやすくなります。逆に言えば筋肉量を増やすようにすれば基礎代謝を増やせるため、痩せやすい体になるということです。

そこで、筋トレをして体中の筋肉量を増やし、基礎代謝を上げるようにしましょう。1日の消費カロリーの7割は基礎代謝だと言われています。それだけ基礎代謝は痩せる上で重要なものとなりますので、体内の筋肉量をなるべく低下させないように心がけましょう。

ここで、筋トレをするのであれば、体の中の大きい筋肉を鍛えるようにします。大きい筋肉を鍛えた方が、それだけ基礎代謝への恩恵が大きいためです。

そこで一番のおすすめがスクワットになります。人は太もも周りの筋肉が、体内で一番大きいためです。筋トレでこの部分を鍛えることが、基礎代謝アップのために最も効率がいいのです。スクワットで太もも周りの筋肉を鍛え、基礎代謝を上げて痩せやすい体になるようにしましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?

まだまだ若いつもりでも、男性も30代になってくると、20代の頃と全く同じというわけにはいきません。ダイエットで痩せて引き締まった体を手に入れるためには、今までよりも努力が必要になります。

しかし、意識して毎日の習慣を変えれば、決して難しいことではありません。無理のない範囲で継続できるようにし、30代でのダイエットを成功させ、理想的な体を手に入れましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました