自転車で突然の雨!かさばらないコスパ最強のおすすめ雨具!

自転車で突然の雨!かさばらないコスパ最強のおすすめ雨具!

通勤や通学で自転車を利用している人でも、雨の日は避けている場合が多いと思います。

私も雨のときには基本的に自転車には乗りません。

雨の中、自転車に乗ることはいろいろと危険がありますし、何より不快なことや降りた後の片づけやらが面倒だからです。

しかし、既に自転車に乗っているときの突然の雨は例外です。

そんな突然の雨に対応するための、荷物としてもかさばらないコスパ最強の雨具をご紹介します。

 

誰もが経験する自転車に乗っているときの突然の雨

誰もが経験する自転車に乗っているときの突然の雨

みなさん、仕事や学校に出かけるときは、事前に天気予報をチェックしていますか?

天気予報が今日は雨だったり、降水確率が高かったら、最初から自転車に乗らないで公共交通機関を利用しようと考える人も多いと思います。

そんな警戒心の強い人なら、自転車で突然の雨に遭遇する機会も少ないかもしれませんが、それでも0とは言えないでしょう。

天気予報が外れるときだってありますからね。

実際に誰しも、自転車に乗っていて突然の雨に降られた経験はあるはずです。

 

ちなみに私の場合は、自転車に乗るそのときに雨が降ってなければ、自転車で通勤してしまいます。

 

よし、降ってないな!今なら自転車通勤できる!

という感じで、そのまま自転車に乗ってしまうんですね。

それで、

頼む!あと少し!会社に着くまで降らないでくれ!

と祈りながら自転車を漕いでいます。

 

だから、自転車で突然の雨に遭遇する確率が高いです。

雨の中、自転車に乗るのは嫌だといいながら、結構リスクをとってしまうんですね。

 

その理由は、混んでる乗り物もすごく嫌だからです。



だからこそ、自転車に乗るときには突然の雨に備えているのです。

 

自転車の雨具いろいろ

自転車の雨具いろいろ

さて、自転車の雨具といえば、いろいろなアイテムがありますよね。

いくつか見ていきましょう。

 

レインコート

レインコートは、本格的なサイクル用のものになると、防水性や透湿性が優れていて機能面ではバッチリ雨から体を守ってくれます。

いいものになると結構なお値段になってしまうのが悩みどころですね。

ただし、どうしてもかさばるので常日頃から携帯するのは厳しいものがあります。

最初から雨の中を自転車で走行することを想定しているならマストアイテムとなりますが、突然の雨対策としては難しいと思います。

 

レインポンチョ

レインポンチョは、頭からすっぽり被って使うタイプのものです。

体にフィットするわけではないので、サイズ感にゆとりがあります。

このため、背中に背負ったリュックまでカバーできたりします。

弱点としては、裾がヒラヒラしてしまうため、タイヤへの巻き込みの危険性があることです。

強風のときには余計に煽られやすくなるので注意が必要です。

 

レインキャップ

レインキャップは、雨用の帽子になります。

雨から頭が濡れないようにしてくれるわけですが、こいつにはもう一つ優れた機能が隠されています。

それは、雨が目に入るのを防いでくれる機能です。

帽子にツバがついているので、雨が顔に当たりづらくなるんですね。

実際に雨の日に自転車に乗るとわかりますが、顔に当たる雨が非常に鬱陶しいです。

目に雨が入り視界も悪くなるため、非常に運転もしづらくなります。

このため、目を雨から守ってくれる雨具は、地味に便利なんです。

 

自転車で幼稚園や保育園に子どもを送り迎えするママさんで、メイク崩れしないようにしっかりと顔を雨から守りたい人は、こちらを参考にしてみてください。

【ママも安心】自転車の雨の日対策!顔が濡れない方法は?

 

リュックのレインカバー

自転車で突然の雨に見舞われると、真っ先に自分自身が濡れないようにしがちですが、荷物もしっかり守る必要があります。

特に荷物の中に、大事な資料やスマホやノートパソコンなどが入っていたら、自分よりも荷物を優先的に雨から守る必要があるでしょう。

そんなときにあると便利なのがリュックのレインカバーです。

突然の雨にも十分対応できるアイテムになります。

 

自転車で傘は決して使わない

ちなみ傘は絶対にNGです。

自転車での傘さし運転はとても危険ですし、周りの人にも大変迷惑になります。

今では罰金の対象にもなりますので、絶対にやめましょう。

 

自転車のハンドルに傘を固定できる商品もありますが、これも自治体によっては条例で禁止されています。

一見便利なように見えますが、自転車は徒歩とは違いスピードが出るので、傘をさしていると風の影響を受けやすくなります。

走りづらかったり危険性が増すので、あまりいい選択肢とはいえません。

やはり使用は避ける方が無難だと思います。

 

 

事前に覚悟を決めて、雨の日も本気で自転車で通勤・通学する人は、アイテムを揃えておく必要があります。

そのような男気溢れる人は、こちらを参考にしてください。

雨の日の自転車通勤・通学は?雨でも大丈夫!濡れない対策はコレ!

 

かさばらないコスパ最強の雨具

かさばらないコスパ最強の雨具

さて、雨具をいろいろと挙げてきましたが、かさばらないコスパ最強の雨具というと何になるでしょう。

私個人の答えは、ずばりゴミ袋です。

リュックを覆ってレインカバーにしたり、サドルに被せてサドルカバーにすることもできます。

ゴミ袋に穴を開けて、頭と両手を出せるようにすれば、即席のレインウェアにもなります。

ゴミ袋は様々な用途に応用でき、非常に汎用性が高いんです。

見た目は多少アレかもしれませんが、折りたたんでおけば荷物としても場所を取らず、非常に低価格で手に入れることができます。

 

羞恥心さえ捨てれば、緊急用の雨具として大活躍してくれます。

常にリュックの中に何枚か忍ばせておくと、いざというときに重宝します。

 

このため、自転車で突然の雨に対処するなら、ゴミ袋こそが最強だと私は思うのです。

 

突然の雨で自転車に乗るときの注意点

突然の雨で自転車に乗るときの注意点

ただ、どんなに突然の雨対策をしていても、雨の日に自転車に乗るときにはいろいろと注意が必要です。

雨が降っているときと降っていないときでは、自転車の運転も全然勝手が違ってくるので、以下の点に注意しましょう。

 

スピードは普段よりも必ず落とす

雨の日は、普段とは比べものにならないほどブレーキの利きが悪くなります。

クロスバイクなどのスピードが出る自転車に乗っている人は、特に注意しましょう。

普段通りに走行していると、人にぶつかりそうになって慌ててブレーキをしても間に合わないなんてことになりかねません。

急ブレーキは転倒のリスクも高まり、怪我をしてしまいかねません。

雨の日は普段よりもゆっくりのペースを心がけるようにしましょう。

 

滑りやすい路面を走行しない

雨の日は、とにかく路面が滑りやすくなっています。

特にマンホールなどの金属面は危険です。

なるべくそのような場所の上は走らないようにしましょう。

どうしても滑りやすい場所を通らないといけない場合は、スピードを落とすようにして、ペダリングやブレーキを控えるようにして転倒のリスクを減らしましょう。

ちなみに段差を通るときにも、なるべく段差に対して垂直に通るようにしましょう。

浅い角度で段差に進入すると、雨の日は特に滑って転倒しやすくなります。

とにかく滑る危険がある場所は、なるべく回避するようにしましょう。

視認性をできるだけ確保する

雨の中を自転車で走ると、普段と比べて視認性が落ちます。

雨で先の方が見づらくなることに加え、目の中に雨が入ることで目が開けにくくなることも要因の一つです。

フードがついた服を着ている場合などは、フードを被りたくなりますが、左右がきちんと見渡せるように気をつけましょう。

気がついたらすぐ横に車が迫っていたなんてことにならないようにしてください。

アイウェアを着用している場合も、レンズに水滴がついて前が見づらくなります。

視力に問題がないようなら、アイウェアは外してしまった方がいいかもしれません。

日中でもライトを点灯する

自分は雨でも日中なら周りを見渡せるから大丈夫と思ってはいけません。

雨の日の日中のライト点灯の目的は、相手に自分の存在を知らせることです。

特に車を運転している人は、雨の日は自転車の存在に気づきにくいです。

思わぬ危険を事前に回避するためにも、雨のときは日中でもライトを点灯させましょう。

 

周囲の状況に気を配る

雨の日は、周りの人や乗り物も普段とは違う動きをすることがあります。

みんな雨は嫌なので、なるべく早く目的地に辿り着きたいと思っているものです。

このため、普段よりも無茶な行動や運転をする人が多くなります。

信号無視や、標識のない道路を横断するなどの行為が発生しやすくなるので、周囲の状況に気を配りながら走行しましょう。

 

まとめ

自転車で突然の雨!かさばらないコスパ最強のおすすめ雨具!まとめ

自転車で突然の雨に遭遇することは、誰しも必ず経験するものです。

通勤や通学で日常的に自転車を使う人は、ぜひ荷物の中にゴミ袋を忍ばせることをおすすめします。

 

私も常に何枚か携帯しています。

このゴミ袋のおかげで、何度突然の雨から救われたことか。

 

できることなら突然の雨に出くわさないことを祈りつつ、もし出会ってしまったら、ゴミ袋で雨対策をして安全に目的地まで走行するようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました