真っ暗な部屋でストレッチをすると驚くほど寝つきがよくなる理由

真っ暗な部屋でストレッチをすると驚くほど寝つきがよくなる理由

「寝つきをよくしたい」

「睡眠の質を上げたい」

そう思っている人には、夜寝る前のストレッチがものすごくおすすめです。

 

私も毎日欠かさず行っているのですが、抜群に寝つきがよくなり、ぐっすり眠れます。

特に部屋を真っ暗にすると、驚くほどの効果が出ますよ。

 

その理由と、おすすめのストレッチ方法をご紹介します。

 

真っ暗な部屋でストレッチをすると驚くほど眠くなる理由

私は20代の頃、寝つきの悪さに悩まされたことがありました。

寝ようと思ってベッドに入っても、1時間以上寝つけないようなこともあり、とても苦労した覚えがあります。

 

あれから随分と経ちますが、今ではそんな悩みからはすっかり解放されています。

それは、夜寝る前のストレッチが習慣になったからです。

 

ストレッチをすると緊張した筋肉をほぐすことができ、全身に心地いい疲労感が漂います。

実際には、ふだんあまり使われていない筋肉を伸ばすことで血流が改善し、体内の疲労物質が排出されやすくなります。

ですので、ストレッチをすると一時的に疲労感はあるものの、結果として疲れがとれやすくなりますよ。

そして、心身ともにリラックスした気持ちになれるので、安心して眠りにつけるようになる効果があるのです。

 

さらにストレッチを真っ暗な部屋でやると、寝つきのよさを高める効果が倍増します。

照明を消して部屋を暗くすると、副交感神経が優位になるので、入眠しやすくなります。

 

このため、真っ暗な部屋でストレッチをすると、驚くほど寝つきがよくなるのです。

私なんか、あまりの眠気にストレッチの途中で寝落ちすることがあるぐらいです。

ふだん寝つきの悪さに悩んでいる人には、ぜひ試していただきたいです。

 

寝る前にやりたいストレッチ3選

1日1回ストレッチをすると、筋肉の疲れをリセットできるので、できることなら多くの部位の筋肉を伸ばしたいところです。

しかし、全ての筋肉をストレッチしようとすると、ものすごく時間がかかってしまいます。

 

そこで、寝る前にこれだけはやっておきたいという3つのストレッチをご紹介します。

仕事がデスクワーク中心の人は特に硬くなりやすい部位の筋肉なので、ストレッチをするととても気持ちいいと思います。

 

肩のストレッチ

  1. 右手を上げて、首の後ろ側を触る
  2. 左手で右肘を押して、右手を背中の方まで下げる
  3. そのまま30秒間キープする
  4. 左右を入れ換えて同様に行う
  5. 左右1回ずつを1セットとし、計3セット行う

 

股関節のストレッチ

  1. 両足の裏を合わせて、あぐらのような体勢で座る
  2. 両手で両足を押さえながら、上体をゆっくりと前に倒していく
  3. 倒したままの状態で30秒間キープする
  4. 計3セット行う

 

ハムストリングスのストレッチ

  1. 両足を前方に伸ばして座る
  2. 右足の裏を、左足の内腿につける
  3. 左足の膝を曲げないように、上体をゆっくりと前に倒していく
  4. 倒したままの状態で30秒間キープする
  5. 左右を入れ換えて同様に行う
  6. 左右1回ずつを1セットとし、計3セット行う

 

ストレッチをするときのポイント

ストレッチの効果をアップさせるために、気をつけてほしいポイントがあります。

 

ストレッチをするときは、痛みや体勢の苦しさから、つい呼吸が止まりがちになります。

ですが、必ずゆっくりと呼吸をしながらストレッチをするようにしてください。

 

人は息を吐くときに力が抜けるようになっています。

よりリラックスして筋肉もほぐれやすくなるので、意識してみてください。

 

また、ストレッチをするときの強度ですが、強すぎても弱すぎてもいけません。

ベストな強度は、痛気持ちいいと感じる程度なので、自分の柔軟性に合わせて調整してください。

 

強度が弱いとストレッチ効果が得られず、寝つきも改善されません。

かといって強すぎると、筋肉を痛めてしまう危険性がありますよ。

 

以上のポイントを意識してストレッチできれば、寝つきがよくなるはずですよ。

ついでに体の柔軟性も向上するので、一石二鳥です。

 

まとめ

デスクワーク中心で運動不足だったり、仕事でストレスが溜まっていたりすると、睡眠にも悪影響が出てきます。

今にして思えば、私の寝つきが悪かったのも、その辺りが原因だったのでしょう。

 

真っ暗な部屋でストレッチをすると、本当に寝つきがよくなって、ぐっすりと眠れるようになります。

睡眠の質の改善には、個人的にこれが一番効きました。

 

気になる人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました