朝と夜の1日2回のストレッチで効果倍増!もっと体が柔らかくなる!

朝と夜の1日2回のストレッチで効果倍増!もっと体が柔らかくなる!

体が硬い人や、もっと柔らかくなりたい人は、毎日のストレッチが習慣になっていると思います。

ですが実際のところ、ストレッチはどれくらいやるのが一番効果が高いのかは、よくわからないですよね。

 

ストレッチが習慣になっている場合、1日1回やっているという人が多いでしょう。

毎日ストレッチをすることは、体の柔軟性を上げるためにも、非常に効果的です。

 

ところが実は、ストレッチを朝と夜の1日2回にすると、柔軟性向上の効果がさらに上がります。

 

今回は、その辺りの理由について説明していきます。

 

ストレッチの効果は長くは続かない

筋肉はストレッチをすることで、今までよりも伸びるようになり、柔軟性が向上します。

ところが筋肉には、時間が経つにつれ、どんどん縮んでいく性質があります。

このため、一度ストレッチで十分に伸ばし筋肉を柔らかくしたとしても、その効果は長くは続かないのです。

 

ストレッチを習慣にしている多くの人は、だいたいお風呂上がりか、寝る前のどちらかにやっていると思います。

このときに、しっかりと十分にストレッチをしていたとしても、夜寝ている間に伸ばした筋肉は縮んでしまうのです。

そして朝起きたときには、どんな人でも体が一番硬い状態になります。

 

日々の疲れをとるためだったり、ストレスを解消してリラックスするためにストレッチをしているのであれば、1日1回のストレッチで全く問題ありません。

しかし、体が柔らかくなることを目的にしている場合は、筋肉が縮む性質のことを考えると、1日1回のストレッチでは物足りないのです。

 

朝と夜の1日2回のストレッチで効果倍増!

夜寝ている間に筋肉が縮んで、朝には一番硬い状態になるのであれば、体を柔らかくするためにどうしたらいいのでしょうか?

その答えは、朝と夜の1日2回ストレッチをすればいいのです。

 

夜のストレッチは今までどおり、お風呂上がりや寝る前で構いません。

お風呂上がりなら体が温まっているので、筋肉が伸びやすく、1日のうちでも特にストレッチに適した時間となるでしょう。

夜寝る前であれば、リラックスして安眠しやすくなるため、睡眠の質や疲労回復の向上も期待できますね。

この辺りは、自分のライフスタイルや好みで決めてしまっていいでしょう。

 

そして夜のストレッチ+αで、朝起きたときにもストレッチを行うのです。

朝にもストレッチをすることで、夜寝ている間に固まってしまった筋肉をほぐすことができます。

すると、この朝の時点で再び柔らかい筋肉にすることができます。

1日のスタートである朝にストレッチをすることで、体も動かしやすくなるので活力が生まれます。

体の可動域も広がるので全身を大きく使いやすくなり、日中の代謝が上がりやすくダイエット効果も期待できますよ。

 

1日2回ストレッチをすることで、自然に縮んでしまう筋肉を定期的に伸ばすことができます。

このため、より効率よく体の柔軟性を上げていくことができるようになるわけです。

 

そうはいっても、朝は忙しくて時間がないという人も多いと思います。

ですので、朝のストレッチは夜ほど入念に行わなくてもOKです。

短時間でできる範囲でストレッチをするようにしましょう。

自分の体の中でも特に硬い部位や、気になるところをストレッチするだけでも全然違いますよ。

 

体が柔らかくなるストレッチの方法

せっかく1日2回ストレッチをするなら、きちんと正しいやり方で行いましょう。

そのほうが、早く体も柔らかくなります。

正しいストレッチの方法は次のとおりです。

 

勢いや反動をつけないで伸ばす

ストレッチをするときは、決して勢いや反動をつけないで伸ばすようにしましょう。

無理矢理伸ばそうと筋肉を損傷する恐れがあるので注意が必要です。

 

勢いや反動で一時的に伸ばせたとしてもストレッチの効果はありません。

ゆっくりとできるところまで伸ばして、そこでキープすることで体の柔軟性が高まるのです。

 

目先の結果に焦らず、長い目で見てじっくりとストレッチに取り組むようにしましょう。

 

ゆっくりと呼吸をしながら行う

人は息を吐いているときに全身の力が抜けるため、筋肉が伸びやすくなります。

このため、ゆっくりと呼吸をしながらストレッチを行うことが、筋肉を十分に伸ばすコツです。

 

ストレッチをしていると、ついつい呼吸が止まりがちになってしまいます。

ですので、常に呼吸を意識しながらストレッチを行うようにしてください。

 

実際にストレッチをしているときに、ふーっと息を吐きながら行うと、さらによく筋肉が伸びることを実感できると思いますよ。

 

伸ばす時間の長さ

ストレッチで1つの部位を伸ばすときには、適切な時間があります。

短すぎては効果がありませんし、長すぎてはオーバーストレッチとなって筋肉を痛めてしまいます。

 

体の柔軟性を上げるために適切な時間は、1回30秒を3セットです。

この方法で、毎日コツコツと続けていきましょう。

 

まとめ

体を柔らかくするためにストレッチを頑張っていても、なかなか効果が出なくて悩んでいる人もいると思います。

 

毎日ストレッチを続けていけば、少しずつでも確実に体が柔らかくはなります。

ですが、ストレッチの回数を1日2回にすることで、さらに効果を高められます。

 

時間が経つと自然に縮んでしまう筋肉を、1日2回定期的に伸ばすことで、よりストレッチ効果を高めていきましょう。

 

体が硬くて悩んでいる人や、もっと早く柔らかくなりたいという人は、1日2回のストレッチを試してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました