ストレッチにダイエット効果はあるか?消費カロリーはどのくらい?

ストレッチにダイエット効果はあるか?消費カロリーはどのくらい?

運動により消費カロリーを増やすことは、ダイエットで痩せるための常套手段です。

もちろん運動の種類によって、消費カロリーは変わってきます。

 

では、誰もが自宅で気軽にできるストレッチはどうでしょうか?

 

今回は、ストレッチによる消費カロリーとダイエット効果について確認していきます。

 

ストレッチにダイエット効果はあるか?

さて、気軽にできるストレッチには、どのくらいのダイエット効果があるのでしょうか?

 

ストレッチをすると筋肉が鍛えられたり、柔軟性向上や血流改善により、基礎代謝が上がるといわれています。

これだけ見ると非常に嬉しい効果なのですが、残念ながら基礎代謝が上がるといっても、ごく僅かなものだと思われます。

 

ストレッチは筋トレほど筋肉に負荷をかけるわけではないので、筋肉量がそうそう増えたりはしません。

ですので、筋肉量が直接関係する基礎代謝には、さほど影響はないと考えられるのです。

ストレッチによる基礎代謝の向上は、あまり期待しないほうがいいでしょう。

 

では、ストレッチにはダイエット効果が全くないのでしょうか?

答えは、そういうわけではありません。

 

ストレッチも運動の一種です。

運動である以上はカロリーを消費します。

 

基礎代謝によるカロリー消費はなくても、ストレッチという運動をした分のカロリー消費はあります。

 

ただし、ストレッチは運動の中でも、かなり軽いものになります。

このためストレッチ自体の消費カロリーも、他の運動に比べれば少なくなります。

 

ですが、ストレッチは運動強度が低いことと、自宅で簡単にできるというメリットがあります。

そこそこ長い時間をいつでもできるので、結果的にカロリー消費量を増やすこともできます。

 

ですので、自宅で気軽にできる有酸素運動として、一定のダイエット効果はあるといえるでしょう。

 

ストレッチの消費カロリーはどのくらい?

運動によるカロリー消費は、体重・時間・メッツ(METs)の3つで算出することができます。

 

ここで見慣れないメッツというとのが出てきましたが、これは運動強度を表す単位になります。

安静時を1メッツとしたときに、各種の運動がその何倍に該当するかの指標になっています。

 

運動による消費カロリーを算出するための具体的な計算式は次のとおりです。

 

消費カロリー(kcal)=メッツ×体重(kg)×時間(h)×1.05

 

ストレッチの運動強度は、2.3メッツになります。

 

例えば、体重60kgの人が30分ストレッチをした場合の消費カロリーは、

2.3(メッツ)×60(kg)×0.5(h)×1.05=約72(kcal)

となります。

 

消費カロリーは、体重と時間に比例します。

自分の現在の体重なら、ストレッチをどれくらいの時間やると、消費カロリーがいくつになるかがすぐに計算できますよ。

 

参考までに、一般的によく行われる有酸素運動のメッツを紹介すると、ウォーキングは4メッツ、ジョギングは7メッツになります。

このことからもわかるとおり、ストレッチ自体の運動強度はそこまで高くありません。

 

ダイエットのために積極的に運動をするなら、他の運動を選択したほうが効率がいいです。

 

しかし、ストレッチは自宅でいつでもできるというメリットがあります。

特別な準備を必要としないので、継続的に習慣化するハードルは、もっとも低い運動だと思います。

毎日テレビを見ている時間などに、ついでにストレッチをするようにすれば、気軽にダイエットになりますよ。

 

ストレッチにはメリットがたくさん

ストレッチは消費カロリーこそ高くないものの、気軽にできる運動としてはとてもおすすめです。

毎日やっていれば、一定のダイエット効果はあるので、何もしないよりはずっといいでしょう。

 

単純にダイエットのための運動としてみた場合には、ストレッチはそれほど優れてはいません。

しかし、ストレッチにはダイエット以外にもメリットがたくさんあります。

 

  • 体が柔らかくなる
  • 可動域が広がり体が使いやすくなる
  • 怪我をしにくくなる
  • 血流がよくなり肩こりや腰痛が改善される
  • 体内の疲労物質が排出され疲れにくくなる
  • リラックスしてストレスが緩和される
  • 副交感神経が優位になり睡眠の質が上がる

 

このように心身にいい影響を与え、体調を整えてくれる効果があります。

ダイエット目的のためでなく、自分の体を労るという意味でも、ストレッチをすることは大変おすすめです。

 

かくいう私も、今現在は毎日のストレッチが習慣になっています。

ダイエットのためではなく、それ以外の部分を目的にしているのですが、毎日の体調がかなりよくなっていますよ。

 

まとめ

ストレッチ自体は、他の運動と比べると消費カロリーは低いということがわかりましたね。

このため劇的なダイエット効果を期待するには無理があります。

 

しかし、老若男女問わず誰もが自宅で気軽に取り組めるという意味では、とても継続しやすい運動になります。

テレビを見ながらとかでもできるので、長い目で見てダイエットを考えるならいいと思います。

 

また、ダイエットをストレッチ単体で考えるのではなく、他の運動と組み合わせるのもいいと思います。

そうすれば、総消費カロリーの向上に一役買うはずです。

 

ストレッチにはダイエット以外のメリットもあるので、毎日の習慣にしてみてはいかがでしょうか?

個人的にはイチオシの運動ですよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました