電気を消して寝るのが怖い人に朗報!夜寝るときに間接照明はOK!

電気を消して寝るのが怖い人に朗報!夜寝るときに間接照明はOK!

夜寝るときは真っ暗にする人が多いようですが、中には電気を消して寝るのが怖い人もいませんか?

私も恥ずかしながら、1人きりだと真っ暗で寝るのはちょっと怖いです。

 

睡眠の質を考えると真っ暗がいいといわれていますが、実は間接照明の明かりならOKなのだそう。

 

 

そこで夜寝るときに、部屋を真っ暗にしたときと、間接照明をつけたときで、睡眠の違いに変化が出るか試してみました。

 

電気を消して寝るのが怖い人は意外と多い?

夜寝るときにの寝室の明かりについては、ほとんどの人が次のどちらかだと思います。

 

  • 全ての明かりを消して真っ暗にする
  • 間接照明をつけて最低限の明かりを確保する

 

調べてみると、部屋を真っ暗にしてる寝る派が一番多いようです。

 

夜寝るときに部屋を真っ暗にする理由は次のとおりでした。

 

  • 睡眠に集中できる
  • 余計なものが気にならない
  • ぐっすり眠れる感じがする

 

確かにどれもわかるような気がします。

 

しかし、寝室が真っ暗のほうがよく眠れるかどうかは、年齢や子どもの頃に育った環境により異なるのではないでしょうか?

 

私の両親は、夜寝るときに間接照明をつけたまま寝るタイプでした。

そういった環境で育ったので、そこそこ大きくなるまでは部屋を真っ暗にして寝るなんて考えたこともありませんでした。

 

ある程度の年齢まで間接照明ありで育ってしまうと、その環境に慣れてしまって、部屋が真っ暗だと逆によく眠れなくなっていました。

 

平たく言ってしまえば、電気を消して寝るのが怖いので、かえって睡眠の質が低下するということです。

一応、大人になってある程度克服はしたのですが、家の中に1人きりで真っ暗にして寝るのは今でもちょっと怖いです。

 

大人になってから周りの人に聞いてみると、私と同じようなタイプの人も何人かいました。

 

電気を消して寝るのが怖いという人は、実はそこそこいるみたいです。

 

夜寝るときに間接照明がOKな理由

一般的に夜寝るときは、部屋を真っ暗にしたほうがいいと言われています。

 

なぜかというと、寝ているときに光を受けるとメラトニンというホルモンの分泌が抑制されるからです。

メラトニンには睡眠を誘発する効果があるので、寝るときは暗いほうがいいと言われているのです。

 

体感的にわかると思いますが、明るい部屋で長時間寝ても、あまり疲れがとれません。

 

読者をしながら、ゲームをしながらなどで、寝落ちをしてしまった経験はありませんか?

私は若い頃にしょっちゅう経験してましたが、部屋の明かりがついた状態で寝ても、疲労感が残るばかりでした。

 

やはり夜寝るときには、部屋は暗いほうがいいようです。

 

ただ、間接照明のような暗い明かりであれば、うまく利用すれば睡眠への影響を最小限に抑えられると思います。

体に受ける光は微量になりますし、そもそも体に当たらない場所に間接照明を置くこともできます。

そうすれば、真っ暗で寝るのと同じぐらいの睡眠の質が期待できるのではないでしょうか?

 

夜寝るときに部屋が真っ暗だと、感覚が遮断されて、かえって脳が覚醒するという話もあるようです。

それならば、体に受ける光を最小限にしつつ、寝室にはぼんやりとした明かりがあるほうがいいかもしれません。

 

夜寝るときに間接照明ありなしを比較した結果

そんなわけで、夜寝るときは真っ暗がいいのか、間接照明ありがいいのか、自分の体で試してみました。

ちなみに今は、2人の子どもと寝ているので、子どもも一緒に検証に参加です。

 

ふだんは間接照明ありで寝ています。

ですので、真っ暗な部屋で寝てみて、ふだんとの違いを比較すればOKです。

 

ちなみに、ふだん間接照明ありで寝ている理由は次の2つです。

 

  • 真っ暗だと子どもが怖がる
  • 夜中にトイレに行くときに暗いと困る

 

ちなみに真っ暗だと怖がるのは、上の子です。

 

今回の検証でも、部屋を真っ暗にして寝るのを最初は嫌がっていたのですが、なんとか説得に応じてもらいました。

 

私は寝るとき真っ暗にすると、1人だとちょっと怖いのですが、誰かが一緒だと全然平気です。

それが例え子どもでも、不思議と大丈夫なんですね。

やはり誰かがいるというだけで、安心感が違うようです。

 

上の子も最初は少し怖がっていたのですが、しばらくして結局、3人ともふだんと同じように寝てしまいました。

真っ暗だと本当にぐっすり寝てしまって、途中で目覚めることが少ないような気もします。

 

特に子どもは爆睡で、次の日の天気が悪いと朝になっても暗いので、全然起きませんでした。

 

ただし、私は夜中に起きてトイレに行くことがあるので、真っ暗だと周りがよく見えず、やはり不便でした。

 

結果としては、ふだんも間接照明ありですが、ぐっすりよく眠れているので、個人的にはそこまで目立って大きな違いは実感できませんでした。

印象としては、寝つくまでは間接照明ありのほうがリラックスできて、寝ついた後は真っ暗のほうがぐっすり眠れるといった感じです。

 

まとめ

いかがでしたか?

 

個人的な結論としては、寝るときは真っ暗でも間接照明ありでも大差ないという感じでした。

ただし、間接照明は明るすぎないものに限りますが。

 

今は結局、これまでどおり間接照明ありで寝ています。

 

やっぱり真っ暗は怖いと上の子がいうのと、夜中にトイレに行くときに不便なので。

 

ですので、その人の環境や寝やすさで好きなほうにしていいと思います。

 

電気を消して寝るのが怖い人は、安心して間接照明をつけて寝てください。

なんら問題ないはずですよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました