年末年始で乱れた子どもの生活リズムをすっかり元通りに整える方法

年末年始で乱れた子どもの生活リズムをすっかり元通りに整える方法

冬休み真っ只中の年末年始は、大人も子どもも、生活リズムが乱れやすくなります。

 

ゴールデンウィークや夏休みなどの大型連休は、どうしても遅寝遅起きになりがちですよね?

年末年始も同様だと思います。

 

しかし、生活リズムが狂ったままでは、いろいろと弊害が出てくるものです。

子どもの体調面も心配ですものね。

 

そこで、子どもの乱れた生活リズムを、すっかり元通りに整える方法について、ご紹介します。

 

年末年始は子どもの生活リズムが乱れやすい

年末年始は楽しいイベントが目白押しです。

クリスマスに始まり、大晦日にお正月。

大人も子どもも、存分に長い休みを満喫できるときですね。

 

帰省により、ふだんとは違う環境で生活することもあるのではないでしょうか?

そんなときには、親戚が集まって話し込んだり、子ども同士でたくさん遊んだりと、ついつい夜更かしをしてしまいがちです。

 

家にいる場合でも、ふだんとは違ったテレビの特番を夜遅くまで見てしまうこともあるでしょう。

 

様々な理由により、年末年始はとにかく夜寝る時間が遅くなります。

 

特に大晦日は、1年でも一番夜更かしをすることが多い日です。

ここからお正月にかけては、もっとも生活リズムが乱れやすい時期だといえるでしょう。

 

生活リズムをすっかり元通りに整える方法

夜更かしで乱れたままの生活を続けていては、学校や幼稚園が始まったときに苦労することになります。

 

いつもどおりに朝起きられないと遅刻してしまうし、前日遅くに寝ているのを無理に起こしても、寝不足ですぐに疲れてしまいます。

学校や幼稚園に行っても楽しく過ごすことができず、ツラい1日になってしまうことでしょう。

 

睡眠不足だと、大人でもキツいですからね。

 

次の日からはもう休みではないとなっても、子どもは大人のようには簡単に切り替えができません。

ですので、長い休みが終わる少し前には、生活リズムを元通りに整えてあげる必要があります。

 

まずは、夜にきちんといつもどおりの早い時間に布団に入るようにしましょう。

生活リズムがずれていて眠くないかもしれませんが、ふだんと同じタイムスケジュールで過ごすことが大事です。

このときに、できればお父さんやお母さんも一緒に寝てあげるようにすると、子どもも安心して早く眠りやすくなります。

 

そして、次の日の朝もいつもどおりの時間に起きるようにしましょう。

前日の夜に寝つきが悪かったとしても、朝は一度起きるようにします。

日中どうしてもツラいようなら、短時間昼寝をして調整しましょう。

 

朝早く起きると、夜も早く眠くなるものです。

頑張って1回早起きすることで、その後スムーズに元の生活リズムに戻りやすくなりますよ。

 

また、年末年始は寒いからといって、日中も家の中にこもってばかりでは、体力が有り余ってしまい、夜の寝つきにも悪影響を与えます。

適度に外に出て、遊ぶなり出かけるなりして体を動かすようにしましょう。

せっかくなので、年末年始らしく凧揚げや羽根つきなどをしてみてるのもいいと思います。

 

このような生活を2~3日も続けてあげれば、すっかり元通りの生活リズムに戻れるはずです。

 

我が家でも、大晦日は大人が遅くまで起きているので、子どももふだんより遅くまで起きています。

そこからお正月にかけて、どうしても生活リズムが後ろにずれていきます。

ですので、なるべく早い段階で元の生活リズムに戻れるように、気をつけてあげてますよ。

 

子どもの成長には規則正しい生活リズムが重要

子どもは大人と違って、身も心も毎日どんどん成長していきます。

健全な成長のためには、やはり規則正しい生活は欠かせません。

 

毎日早寝早起きの規則正しい生活をしているほうが、朝から頭が冴えるようになるので、学習意欲も高まります。

勉強や運動にも積極的に取り組むようになるので、子どもの成長に大きく関わるといえると思います。

 

また、朝食をしっかりと食べる時間も確保できるようにもなります。

朝ごはんを食べる子どものほうが、体に必要な栄養をしっかり摂れるし、日中の集中力も高くなります。

 

このため、年末年始で乱れた生活リズムは、できるだけ早く元に戻してあげることが、子どもの成長のためにも重要だと思います。

 

まとめ

年末年始は楽しいイベントがたくさんあります。

個人的には、たまには羽目を外して、夜も家族で楽しく過ごしてもいいと思います。

いいコミュニケーションになりますし、これもまた1つの経験になります。

 

しかし、それが常習的になるのは、やはり問題です。

子どもの健全な成長のためには、早寝早起きの規則正しい生活リズムを送ることが大事だと思います。

 

我が家でも、大晦日の夜更かしから乱れた生活リズムは、お正月の早い段階で整えるように気をつけています。

早寝・早起き・外遊びを意識すると、元の生活リズムに早く戻れますよ。

 

冬休み明け直前に慌てることがないよう、子どものためにも、年始の早い段階で調整してあげたいですね。

年末年始で乱れた生活リズムは、すっかり元通りに整えて、冬休み明けは子どもが楽しく学校や幼稚園に行けるようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました