体調悪いときはダイエットを休んで十分に回復させたほうがいい理由

体調悪いときはダイエットを休んで十分に回復させたほうがいい理由

ダイエットが順調に進んで効果が出ていると嬉しいですよね。

数週間~数ヶ月、運動や食事を改善して継続していると、目に見えて体型に変化が出ていることでしょう。

 

しかし、そんなときに突然体調が悪くなってしまった場合、あなたはどうしていますか?

風邪をひいて熱が出てしまうこともあれば、冬なんかだといろいろな病気にかかりやすくもなります。

 

せっかく痩せてきているんだし、ここでダイエットを休むとリバウンドしそうで恐いからと、無理をして続けていませんか?

 

体調が悪いときには、しっかりと休むこともダイエットにおいて大事なことなんです。

その理由について説明していきます。

 

体調悪いときはダイエットを休んだほうがいい理由

体調悪いときはダイエットを休んだほうがいい理由

体調が悪いときというのは、様々な症状が体に表れてきます。

熱っぽくなる、怠くなる、力があまり入らなくなるなど、いろいろありますよね。

 

このようなときは、免疫機能がウイルスや菌と戦っているため、体が十分な休息を必要としている状態になります。

 

当然のことながら、脳も体もパフォーマンスが低下していて、本来の能力を発揮することができません。

体調が悪いと仕事をしていても頭が働かず全然進まなかったり、日常の動作をするにもいつもより遅くなったりします。

このようなことは経験的に誰もがわかっていることだと思います。

 

体調が優れないときに無理にダイエットをすると、本来なら短期間で治るような症状が長引いたり悪化する可能性があります。

体調不良が長い間続くと日常生活に支障が出てしまいます。

ダイエットをしようと思っても、ふだんと同じようにはできないでしょう。

 

体調が悪いときは何よりも休息が大事です。

よく休んで体を十分に回復させてあげましょう。

 

十分に回復した方がダイエット効率がいい

十分に回復した方がダイエット効率がいい

ダイエットをしている人は、自分で決めている食事や運動があると思います。

何をどのくらい食べるか、どのような運動をどのくらいするのかですね。

基本的にはこのルーティンで毎日少しずつ痩せていくことになります。

 

しかし体調が悪いと、自分で決めているこのルーティンをこなすことができなくなります。

これは仕方のないことですが、大切なことは、体調不良でダイエットができない期間をなるべく短くすることです。

 

ダイエットが順調に進んでいる場合は、現在の方法を継続することが一番望ましいです。

体調が悪いときに、中途半端なダイエットを試みても大して効果はありません。

 

無理をすることで、いつまで経っても本来のダイエット習慣に戻れないほうが、よっぽどリバウンドしやすくなります。

 

体調を崩してしまったら十分な休息をとって、最短で元気な体を取り戻せるようにしましょう。

それから元のダイエットを再開した方が、結果的に効率よく痩せていくことができます。

 

自分の体は正直です。

これから先も長い間付き合っていく体なんですから、あまり無理をしすぎず、ときには労るようにしましょう。

 

ダイエットを数日休んだからといって、今まで頑張ってきた努力が消えることはありません。

急がば回れで、焦らず体調の回復に専念しましょう。

 

ダイエットには休息も大事

ダイエットには休息も大事

ダイエットというと、食事や運動にばかりフォーカスされがちですが、忘れてはならないのが休息の存在です。

いくら食事制限や運動を頑張っていても、十分な休息がとれていなければ、健康的にきれいに痩せることはできません。

 

運動で疲労した筋肉の回復や、肌のツヤやハリなどの見た目にも、休息は大きく影響します。

特に睡眠は重要で、よく寝ることで筋肉が成長し、肌や髪もきれいになります。

また、十分な睡眠は食欲を抑えるホルモンの分泌も促されるため、よりダイエットを成功しやすくなります。

 

逆に、必要十分な休息をとらずにダイエットをしていった場合、体重が減ったとしても、痩せたというよりやつれたような印象になってしまいます。

 

ダイエットをしている人のほとんどが、ただ痩せるのではなく、カッコよさや美しさを備えたスリムな体型を目指していると思います。

つまり、見た目を重視しているはずです。

ですので、食事や運動だけでなく、ときには休息もとるようにして体の調子を整えるようにしてください。

 

ついつい疎かにされがちな休息ですが、自分の体を大切にしましょう。

 

まとめ

体調悪いときはダイエットを休んで十分に回復させたほうがいい理由まとめ

ダイエットをある程度長く続けていて習慣になっていたり、順調に成果が出ている人ほど、途中で休むことに抵抗が強くなります。

このため、風邪や病気で体調が悪いときでも、無理してダイエットを続けがちです。

 

私自身もそうだったので気持ちはよくわかるのですが、やはり無理は禁物です。

実際に体調が悪いときにダイエットを続けても、いつもと同じメニューの筋トレや長時間の有酸素運動はとてもできませんでした。

それどころか、熱っぽさや怠さがなかなか治らず、結局1週間ぐらいはまともに運動ができなかったこともあります。

 

普段と同じ生活ができない期間が長くなるほど、それだけダイエットもできなくなってしまいます。

ですので、体調が悪いときには無理してダイエットを続けたりしないで、おとなしく休んだ回復に専念することをおすすめします。

 

健康第一で、元気な体で気持ちよくダイエットをするようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました