ダイエット中にポテチが食べたくなったら置き換えで帳消しにしよう!

ダイエット中にポテチが食べたくなったら置き換えで帳消しにしよう!

ダイエット中は食べたいものを我慢することが多いと思います。

しかし、ポテチ好きな人がポテチを我慢することは至難の業でしょう。

我慢のしすぎは、ストレスによるドカ食いのもとです。

そんなときは、食事の一部をポテトチップスに置き換えるダイエット方法がおすすめです。

なぜなら、私も実際に実践して、1週間で1kg痩せることができました。

この記事では、「ダイエット中だけど、どうしてもポテチが食べたい!」という人の望みを叶える具体的な方法を紹介します。

記事を読み終えると、今後はダイエット中でもポテトチップスを食べても痩せることができるようになります。

そこで、私もやっていたポテチを食べながらでも痩せることができる、置き換えダイエット方法についてご紹介しますね。

ダイエット中にポテチを食べても痩せることができる理由

好きなものを食べられてストレス解消になる

無理な食事制限はドカ食いのもと

ダイエット中にもっともツラいのは、好きなものが食べられなかったり、空腹状態を我慢しなければならないことです。

あまりストイックに食事制限をしていると、あるとき限界を迎えて反動でドカ食いに走ってしまいます。

ダイエットをしたことがある人なら、一度はそういった経験があるのではないでしょうか?

私もこれまでに何度経験したことかわかりません。

ダイエットにおいて食事制限は、もっとも重要なことですが、継続できなければ意味がありません。

そこで、ダイエット中は絶対に食べてはいけないものは、あえて決めないようにしましょう。

むしろダイエットに悪いといわれるような食べ物であっても、たまになら食べていいことにするのです。

人は、絶対に食べてはいけないといわれるとどうしても食べたくなり、別に食べてもいいといわれるとさほど食べたいと思わなくなるものです。

食事に対する精神的ストレスを減らすことが、ダイエット成功のコツです。

自分が好きな食べ物をたまには食べられると、継続して頑張りやすくなりますよ。

「ポテトチップスが大好きすぎて、食べないと生きていけない!」という人は、たまになら食べていいことにしましょう。

ダイエットの基本を抑えればポテチを食べても太らない

ダイエットの基本を抑えればポテチを食べても太らない

ポテチといえば、ダイエット中に食べてはいけないものNo.1といっても過言ではありません。

しかし、だからこそ食べたくなるってもんです。

私もポテチ大好き人間なため、全盛期は毎日ビッグサイズを一袋食べていました。

もちろん、ものすごく太りましたがね。

さて、私と同類の人にとっては、いくらダイエットといってもポテチを我慢することはかなりの苦痛です。

「こんなにツライ思いをするくらいなら、もうダイエットなんてしなくていい!」

と何度ダイエットを失敗したことか…。

そうなんです。

ポテチを一切絶とうとすると、禁断症状が出てきて自分自身を制御不能になってしまうのです。

結果、溜め込んだ食欲を開放して、心ゆくまでポテチを食べつくしてしまう。

一度歯止めを失ったタガは、もう元には戻りません。

あとはそのままずるずると、ダイエットからフェードアウトするだけです。

しかし、正しい知識さえ持っていれば、実はダイエットにおいてポテチをそこまで敵視する必要がないことがわかります。

なぜなら、ポテチを食べる=太るではないからです。

人が太るのは、摂取カロリー>消費カロリーとなったときだけです。

つまりポテチを食べてしまったとしても、1日の間にそれ以上にカロリーを消費してしまえば、決して太ることはないのです。

このダイエットの基本を知らないがために、ポテチを必要以上に悪者扱いし、決して食べてはいけないものとしている人が多いと思います。

ポテチを食べたから太るわけではありません。

1日の総摂取カロリーが消費カロリーを上回るから太るんです。

覚えておきましょう。

置き換えダイエットでポテチのカロリーを帳消しにする

置き換えダイエットでポテチのカロリーを帳消しにする

ダイエットの基本原則をおさえたところで、ダイエットにポテチを食べたくなったときに、どのような対応するかを考えていきましょう。

なんだかんだ言っても、ポテチはやはり高カロリーな食べ物です。

ふつうに3食ご飯を食べて、その上ポテチを食べていたら、恐らく大体の場合は太ってしまうでしょう。

たとえダイエットのために運動もしていたとしても、運動だけでポテチ分のカロリーを消費するのはかなり大変です。

そこでおすすめの方法が、食事の一部をポテチに置き換えることで、1日の総摂取カロリーが増えすぎないようにすることです。

3食+αでポテチを食べるからカロリーオーバーになるのであって、ポテチの分だけ食事を減らせば、なんら問題はありません。

私もダイエット中にポテチが我慢できなくなったときに、食事の一部をポテチに置き換える方法を活用していましたが、それでも痩せることができました。

痩せるかどうかの問題は、あくまでカロリー収支で決まってくるんです。

実際に私がやっていた方法は、白飯をポテチに置き換えていました。

ポテチはじゃがいもから作られているので、主な栄養素は炭水化物になります。

ですので、同じ炭水化物である白飯を置き換えの対象にしていました。

炭水化物は糖質になるため、過剰に摂取すると体脂肪になってしまいます。

このため、ダイエット中は炭水化物を食べ過ぎないようにするのが王道です。(全く食べないのも健康上よくありません)

白飯をポテチに置き換えるようにすれば、摂取するカロリーも糖質も増えすぎないようにできますよ。

まとめ

ダイエット中にポテチが食べたくなったら置き換えで帳消しにしよう!まとめ

いかがでしたか?

ふつうはダイエット中にポテチを食べるなんてとんでもないと思うでしょう。

私も最初はそう思っていました。

しかし、ダイエットの基本であるカロリー収支のことさえ理解していれば、ポテチを食べても痩せることができるのです。

もちろん食べないに越したことはないのですが、どうしても我慢できない人だっていると思います。

そんなときには無理して我慢し続けないで、白飯をポテチに置き換えて食べてしまいましょう。

一度ポテチを食べると満足して、またダイエットを続けて頑張れると思います。

ダイエットでは継続することが何よりも重要です。

肉体的にも精神的にもストレスになりすぎないように、うまく工夫していってみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました