雨の日にウォーキングするならカッパと長靴があると快適にできる!

雨の日にウォーキングするならカッパと長靴があると快適にできる!

ダイエットのためにウォーキングに取り組んでいる人は多いと思います。

 

運動強度が高くないため毎日やっても問題ないのですが、屋外でする運動になるので、残念ながら天候の影響を受けてしまいます。

しかし、例え雨の日だったとしてもカッパと長靴があれば快適にできます。

 

外でする運動は雨が続くとやらなくなってしまう

ダイエットのために運動を取り入れることは、引き締まった体型になれるので、とてもいいことです。

 

運動するタイミングを習慣にして、定期的に行うようにすると長く続けられるようになります。

毎日夕方にする、週3回朝にするなど自分の生活リズムに合わせて調整すればいいでしょう。

 

ところが、ウォーキングなどの外でする運動は、雨などの悪天候だとできなくなるという弱点があります。

梅雨の時期や台風が重なるときなど、どうしても雨の日が続くことがあるものです。

 

例え一度身についた運動習慣だとしても、この雨の影響でしばらくやらない日が続くと、そのまま遠ざかってしまうことがよくあります。

これは、運動をしないことが再び習慣になってしまうためです。

 

これを回避したければ、多少の雨ぐらいなら気にせず運動をすることです。

天候を理由にするのは、大雨や台風など明らかに無理なときだけにしましょう。

こうすると意外と運動できる日が増えて、運動習慣から遠ざかる心配がなくなります。

 

雨の日にウォーキングするならカッパと長靴があると快適にできる!

「よし!雨の日も頑張ってウォーキングするぞ!」

運動習慣を絶やさないために、自分が決めた日にはいつだってウォーキングをしようと思う、このような心意気はとてもいいです。

 

ですが、いざ実際に雨の日のウォーキングをやってみると、その不快さに辟易することでしょう。

雨の日のウォーキングというのは、想像以上に嫌なものです。

 

とにかく嫌なのが、服や靴が濡れてビチョビチョになることです。

当たり前のことなんですが、服が肌にまとわりつくと気持ち悪いです。

また、歩くときも靴の中がグチョグチョになって、不快さMAXになります。

 

さらに厄介なのは、体が濡れると体温を奪われてしまうことです。

暑い夏なら構わないかもしれませんが、それ以外の季節、特に冬なんかは、たまったものじゃありません。

どんどん体が冷えていき、終いには風邪をひいてしまう可能性もあります。

 

そのようなことがないように、雨の日のウォーキングには、用意してほしいものがあります。

それがカッパと長靴です。

どちらも子ともが通学や通園に使うもののイメージがあるかもしれませんが、実はとても優秀なグッズです。

 

カッパと長靴が揃うと、雨を通さなくなるので、不快感がかなり軽減されますよ。

雨の日にウォーキングをするなら、カッパと長靴は確実に揃えておきましょう。

 

雨の日のウォーキングの注意点

カッパと長靴を揃えて、いざ雨の日のウォーキングを実践しようと思っている人は、ちょっと待ってください。

実は、それ以外にも雨の日のウォーキングでは、注意してほしいことがあります。

 

それは視認性を上げることです。

雨の日は普段よりも視界が悪くなります。

このため、車を運転しているドライバーからも、気づいてもらえないことがあります。

 

雨の日は、交通事故のリスクが増えるので、気をつけるようにしてください。

 

まとめ

いかがでしたか?

 

ダイエットのためといっても、雨が降るとウォーキングには、行きたくなくなるでしょう。

そこでぜひ、カッパと長靴を試してみてください。

思ってる以上に、雨の不快感を軽減してくれるはずですよ。

 

ちなみに、あまりに雨が強いときには、おとなしくお休みした方が無難です。

無理のしすぎも長くは続けられないので、バランスよくウォーキングに取り組むといいですよ。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました