寝る前スマホをやめて代わりに他のことをするとよく眠れる!

寝る前スマホをやめて代わりに他のことをするとよく眠れる!

あなたは夜ベッドに入ってからの寝る前スマホを、ついつい毎晩やってしまっていませんか?

 

その日にやるべきことをすべて終えて、1日の最後の楽しみとしてどうしても見たくなる気持ちはよくわかります。

 

ですが寝る前スマホは、気がつけば長時間見てしまっていることもよくあります。

 

スマホを見た後だと、寝つきや寝起きが悪くなります。

そうなると、翌日の仕事もツラくなりますよね?

 

寝る前スマホのせいで、毎日眠い思いをしているなら、代わりに他のことをすると日中の体調が驚くほど違います。

 

今回は、このことについて触れていきたいと思います。

 

寝る前スマホの睡眠への影響

寝る前スマホの睡眠への影響

スマホはそれ1台でなんでもできてしまうため、とても便利です。

娯楽としても非常に優れたもので、際限なく見ていられてしまうものです。

LINEやSNS、動画やゲームなど、何時間でも楽しめますよね?

 

さらには小さくて手軽に持ち運べるせいで、寝るときはベッドの枕元に置いておくのが定位置になっている人も多いでしょう。

 

ここまで楽しめる娯楽が寝る前に手元にある状態だと、どうしても誘惑にかられてしまうと思います。

 

しかし、この寝る前スマホが、睡眠に悪影響を与え、翌日の眠気につながってしまいます。

 

スマホから発せられるブルーライトは、目の奥まで届いてしまうため、脳を覚醒状態にしてしまいます。

このため、いい加減にスマホをやめてもう寝ようと思っても、なかなか寝つけなくなるのです。

スマホで夜更かししてしまった挙げ句に寝つきも悪くなってしまっては、当然翌日の朝起きるのもツラくなります。

 

結果的に睡眠不足となり、日中のパフォーマンスがおもいっきり低下してしまうのです。

仕事中も眠かったり、頭が働かなかったりで、ツラい1日になってしまうんですね。

 

このような生活が日常的に繰り返されるようになると、病気の原因にもなります。

 

肩こりや慢性的な疲労、スマホ依存症や睡眠障害になる可能性が出てくるため、気をつけなければなりません。

 

単純に日中眠くてツラいだけでも、かなり嫌ですよね?

この後悔は、誰もが何度も経験していると思います。

 

寝る前スマホの代わりにおすすめの行動

寝る前スマホは何の生産性もなく、自分にとってプラスになることはありません。

むしろ睡眠の質や翌日のパフォーマンスに悪影響があるので、完全にマイナスの行動になります。

 

一時の誘惑に負けてしまうと、自分の人生と健康を削ることになります。

 

寝る前にスマホを見るぐらいなら、他のことをしたほうが何倍もマシです。

 

そこで、どうせなら自分にとってプラスになる代わりの行動をとりましょう。

 

寝る前にやることで個人的におすすめなのは、次の3つです。

 

勉強

勉強

仕事のため、資格をとるため、転職のため、なんでも構いません。

寝る前に時間をとれるなら勉強をしましょう。

夜寝る前に勉強したことは、寝ている間に頭の中で整理されます。

このため、勉強と睡眠をセットにすると効率がよくなります。

 

「勉強したほうがいいことぐらいわかってる。」

「疲れてるから自分の好きなことがしたいんだ。」

 

そんな声が聞こえてきそうですね。

その気持ち、よくわかります。

正直私も寝る前に勉強なんかしたくありません。

 

勉強は、よっぽど目標をしっかりもっていないとなかなかできることではありません。

私も夜寝る前にきちんと勉強ができてたのは、明確な目標があるときだけでした。

 

そこで、勉強が難しい人は、他の2つをおすすめします。

 

読書

読書

スマホで何かを読むなら、紙の本で読むようにしましょう。

紙の本ならブルーライトの心配はありません。

読んだ後の寝つきにも悪影響はないので、読書は寝る前に安心してできることになります。

 

本には様々なジャンルがあるので、自分の好きなものを読むといいでしょう。

もともと読書の習慣がない人は、いい機会になりますよ。

 

私も生まれてこのかた、30年以上読書の習慣はなかったのですが、あるときをきっかけに始めてみたら結構はまってしまいました。

個人的にはまった読書のジャンルは、推理小説です。

比較的読みやすく、続きが気になるものが多いので、読書に慣れていない人でも読みやすいと思います。

 

また純粋に楽しみたいなら、マンガでもOKです。

紙の本なら、なんでもOKなので、自分が読みたい本を読みましょう。

 

ただ一つ注意点をあげるなら、読書もはまりすぎると夜更かししがちになります。

いくらブルーライトの光がなくても、寝る時間が遅くなってしまっては次の日に影響が出るので、ほどほどにしましょう。

 

ストレッチ

ストレッチ

最後におすすめするのがストレッチです。

これまでのものとは違って、体を動かすことになります。

 

ストレッチのいいところは、寝つきをよくして睡眠の質をあげてくれるところです。

 

寝る前スマホとは真逆の効果が期待できるものですね。

 

ストレッチには、硬くなってしまった筋肉をほぐし、血液の循環を改善する効果もあります。

このため、体内の疲労物質を排出しやすくなります。

体の凝りや疲労を軽減することもできますよ。

 

また、ストレスを発散しリラックスすることもできます。

ストレッチをしてからだと気持ちよく眠りにつけますよ。

 

まさに体にいいことづくめです。

 

ちなみに今現在の私が、寝る前にやっていることはストレッチです。

自分でも体調がよくなっているのを実感できるので、自信をもっておすすめできます。

 

ただ、ストレッチは継続することがなかなかできないという人もいると思います。

そういう人は、寝る前スマホの代わりは読書とかでもいいと思いますよ。

 

寝る前スマホをやめると日中の眠気がスッキリ!

寝る前スマホをやめると日中の眠気がスッキリ!

寝る前スマホをしていると、とにかく日中が眠くて仕方なくなることが多いと思います。

ついつい夜更かししがちになるし、少しの時間見ていただけでも寝つきが悪くなったりします。

 

ところが、この寝る前スマホをやめるだけで日中の眠気が全然違います。

睡眠の質があがるからだと思いますが、日中スッキリと過ごせるようになります。

 

仕事もはかどるようになるし、人との会話も楽しくできるようになります。

気持ちも前向きになり、活動的になるので、充実した1日を過ごせますよ。

 

まとめ

寝る前スマホをやめて代わりに他のことをするとよく眠れる!まとめ

いかがでしたか?

 

毎晩、寝る前スマホが習慣になってしまっている人は、今すぐ代わりに他のことをしたほうがいいです。

自分の時間を有効に使って、人生の充実と健康増進を図るためにも、寝る前スマホをやめましょう。

 

個人的におすすめなのは、この3点です。

  • 勉強
  • 読書
  • ストレッチ

 

気になる人は試してみてくださいね。

 

夜ぐっすり眠って、いい1日を送れるようにしましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました