地方公務員の年齢別平均年収はどれくらい?給料を基に算出しました!

地方公務員年齢別平均年収

 

公務員の給料や年収は、よく話題に上がるもので、気になる人も多いようです。

実際に公務員として働いている人が、各年代でどれくらいの年収を得ているのか?

今回は、そんな公務員の年齢別平均年収を調べました。

公務員の中でも最も割合が多いと思われる、地方公務員(一般行政職)に絞って算出したので、その結果を紹介します。

 

地方公務員(一般行政職)の平均年収

まずは地方公務員全体(一般行政職)の平均年収を見てみましょう。

地方公務員全体(一般行政職)

平均年収:6,380,029円(平均年齢42.3歳)

平均給与月額:401,415円

ボーナス:1,563,054円(平成29年度は4.4か月分)

この数字は、都道府県・政令指定都市・市町村・特別区の全ての規模を含んだ地方公務員の平均年収になります。

地方公務員の一般行政職だと、42歳ぐらいになると年収はだいたい640万円ぐらいになるわけですね。

 

地方公務員の年齢別平均年収

さて、地方公務員(一般行政職)全体の平均年収が確認できたところで、実際に年齢別の平均年収を見てみましょう。

一覧表は以下のとおりです。

年齢区分 平均給与月額 平均ボーナス額 平均年収
18~19 176,079 685,628 2,798,577
20~23 221,190 861,282 3,515,557
24~27 262,718 1,022,989 4,175,608
28~31 300,057 1,168,380 4,769,062
32~35 339,818 1,323,205 5,401,021
36~39 382,731 1,490,302 6,083,076
40~43 423,969 1,650,878 6,738,507
44~47 455,078 1,772,012 7,232,950
48~51 478,416 1,862,886 7,603,878
52~55 493,761 1,922,636 7,847,762
56~59 505,625 1,968,834 8,036,334

 

グラフにするとこんな感じです。

地方公務員年齢別平均年収グラフ

 

ちなみにボーナスは、年齢別の金額データがありませんでした。

公務員のボーナスは、(給料+地域手当+扶養手当)×月数(平成29年度は4.4か月)で算出されます。

しかし、同じく年齢別の地域手当や扶養手当のデータもありませんでした。

そこで、地方公務員(一般行政職)全体の平均給与月額とボーナス額の割合を利用しました。

ボーナスは平均給与月額の約3.9倍となっています。

各年齢別の平均給与月額はわかっているので、ボーナスは、その約3.9倍で算出しています。

 

年齢別の年収や給与を見てみると、年代ごとに順当に給与が増えていることを確認できますね。まさに右肩上がりです。

民間企業だと毎年必ず昇給するとは限らないかもしれませんが、地方公務員は着実に上がっていると言えます。

毎年必ず昇給していくというのは、かなり魅力的であると思います。

 

給与と給料の違い

先程ボーナスの話に触れたときに、給与と給料という言葉が出てきました。

給与と給料は全く別のものになります。

給料は、誰でも必ずもらえる月給のベースの部分です。

給与は、給料に様々な手当を加えたものになります。実際に手元に入ってくるお金は給与なので、年収は当然給与で計算します。

手当には様々な種類があり、よく支給されているものに、地域手当、扶養手当、住居手当、通勤手当、時間外勤務手当(残業代)、休日勤務手当、管理職手当などがあります。

一般行政職以外だと、職種に合わせて特別な手当がつくこともあります。

 

自治体の規模による年収の差

地方公務員全体の平均年収を紹介しましたが、自治体の規模によっては年収にどれくらいの差が出てくるのでしょうか?

都道府県・政令指定都市・市役所(政令指定都市以外)・町村役場・特別区の5種類のデータがあったので、全地方公務員と比較してそれぞれの平均年収と平均年齢も見てみましょう。

 

自治体の規模 平均給与月額 平均賞与 平均年収 平均年齢
全地方公務員 401,415 1,563,054 6,380,029 42.3
都道府県 412,153 1,604,089 6,549,925 43.1
政令指定都市 429,301 1,662,940 6,814,552 41.8
市(指定都市以外) 394,777 1,524,313 6,261,637 41.9
町村 351,774 1,402,943 5,624,231 41.4
特別区 428,522 1,748,522 6,890,786 41.6

 

地方公務員自治体規模別平均年収

 

こうしてみると全地方公務員の中でも、政令指定都市と特別区がずば抜けて平均年収が高いことがわかりますね。それとは反対に、町村は平均年収が低めです。都道府県と市(指定都市以外)は、概ね全地方公務員の平均年収前後といったところでしょうか。

同じ地方公務員でも、自治体の規模によって、年収には大きな差があることがわかります。

 

職種による年収の差

続いて、職種による年収の差も見てみましょう。

今回は、いわゆる一般行政職と比較して、看護保健職・福祉職・消防職・技能労務職・高校教教育職・小中学校教育職・警察職の7つのデータをピックアップしました。

 

職種 給与月額 期末勤勉手当 年収 平均年齢
一般行政職 402,147 1,582,717 6,408,481 42.3
看護・保健職 369,766 1,381,553 5,818,745 40.3
福祉職 344,717 1,399,778 5,536,382 39.7
消防職 394,599 1,483,594 6,218,782 38.2
技能労務職 378,306 1,566,054 6,105,726 50.1
高校教育職 441,650 1,821,602 7,121,402 44.8
小・中学校教育職 418,462 1,745,337 6,766,881 42.8
警察職 456,343 1,606,680 7,082,796 38.4

 

地方公務員職種別平均年収

 

同じ地方公務員でも、やはり職種によって年収に差があることがわかります。

一般行政職と比較して、教育職と警察力の年収が多めですね。

反対に、看護・保健職と福祉職の年収は少なめなようです。

消防職・技能労務職は、一般行政職と同じぐらいの年収といったところでしょうか。

 

まとめ

今回は、地方公務員(一般行政職)の年齢別平均年収のデータをまとめました。

地方公務員(一般行政職)の年収は、年齢と共に着実に上がっていくことがわかりました。

それとは別に、自治体の規模と職種別の年収も載せましたが、いかがでしたか?

地方公務員の年収の参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました