ダイエットでは朝食でタンパク質を食べることが重要な理由

ダイエットでは朝食でタンパク質を食べることが重要な理由

こんにちは、サタです。

 

ダイエットというと、ついつい食事制限にばかり気が向きがちです。

 

しかし、効率よく健康的に痩せるためには1日3食しっかりと食べた方がいいです。とりわけ朝食ではタンパク質をきちんと食べることがとても重要です。

 

その理由を詳しく見ていきましょう。

 

ダイエットでは朝食でタンパク質を食べることが重要な理由

ダイエット-朝食-タンパク質

勘違いしてしまう人が多いのですが、ダイエットで痩せたいという人は、自分がどうなりたいと思っているのでしょうか?

体重を減らしたいと思っている人が、かなり多いのではないでしょうか?

自分が標準体重より明らかに多い場合は、それは間違いではありません。

 

でも皆さん、なぜダイエットをしているのでしょうか?

 

それは、見た目をよくしたいからのはずです。

ぶっちゃけ見た目がよくなれば、体重なんて何キロだっていいのではありませんか?体重なんて言わなければ誰にもわかりません。

しかし、その人の見た目は一目瞭然です。

 

引き締まった体でカッコいい、スラリとしてスタイルがいい、そのような体型に憧れてダイエットをしている人がほとんどだと思います。

 

しかしダイエットにおいて、いわゆる標準体重ぐらいの人が痩せたいと思っている場合、単純に体重を落とすことが正解ではありません。

 

タンパク質は体を引き締める筋肉の源

そこで、ダイエットにおいてとても重要になってくるのが、食事においてタンパク質をしっかりと食べることになります。

 

タンパク質の摂取は体内の筋肉量にモロに関係してきます。

同じ体重でも引き締まって見える人とぽっちゃりと見える人の違いは、筋肉量が違うためです。

ダイエットで見た目が良くなるように痩せるためには、体にしっかりと筋肉をつけておくことが必須条件なのです。

 

特に女性で多いのが、高カロリーだからといってダイエット中の食事で、肉や魚などのタンパク質をあまり食べないという人がいます。

これは、はっきりいって危険です。

一番マズい痩せずらい体を作る、負のスパイラルに嵌ってしまいます。

体内の筋肉量が減っていくため、見た目と痩せやすさにモロに悪影響を与えてしまいます。

 

朝食はタンパク質が不足しがち

皆さん、自分の1日の食事内容を思い返してみてください。

1日3食きちんと食べていますか?

朝食・昼食・夕食それぞれ、どのようなものを食べていますか?

 

大体の人が、昼食や夕食はしっかりと食べている人が多いと思います。おそらくタンパク質もある程度は取れているでしょう。

 

ですが、朝食はどうでしょうか?

朝起きたらすぐに仕事や学校に行かなきゃいけないから…、朝は食欲がないから…、という理由で適当な朝食になっていないでしょうか?

人によっては、朝食は食べないという人もいることでしょう。

 

ですが、ダイエットで痩せて見た目を良くしたいと思っている人は、直ちに改善しましょう。

 

タンパク質は一度にたくさん食べても、筋肉量を維持できるわけではありません。毎回の食事でこまめに食べる必要があるのです。

筋肉の達人であるボディービルダーは、1日に5~6回食事をとり、毎食しっかりとタンパク質を食べることで、あのような筋肉ムキムキの体型を維持しています。

ダイエットで痩せたい人は、ボディービルダーのような体型は目指していないでしょうが、体内の筋肉量を減らさないことを考えた場合、ボディービルダーの食事は大いに参考になります。

 

ほとんどの人が、朝食ではきちんとタンパク質を食べていない。

このため、ダイエットで筋肉も落ちてしまい、なかなか自分が理想とする体型になれないのです。

 

いい加減な食事内容になってしがいな朝食こそ、内容を改善してしっかりとタンパク質を食べることが、ダイエット成功の鍵になるのです。

 

痩せたいなら消費カロリーが重要

さらに筋肉には体型を引き締める以外にも、ダイエットに大きな効果があります。

それが、基礎代謝の向上です。

 

人は生きているだけで、内臓を動かしたり呼吸をしたりと、体内では活動をしています。

このため、例え何もしないでゴロゴロしているだけでも、毎日ある程度のカロリーを消費するのです。

そして、このときに消費するカロリーが基礎代謝になります。

 

この基礎代謝の大きさは、筋肉量に比例します。

つまり、筋肉が多い人ほど、何もしなくても自動的に痩せやすくなるということです。

このことを知らずに、ダイエット中の食事でタンパク質を疎かにしてしまう人がいますが、それはとてももったいないことなのです。

 

朝食を食べないとどうなってしまうのか?

朝食を食べないとどうなってしまうのか

ここまでの話で、朝食でタンパク質を食べることの重要性は理解できたと思います。

では逆に朝食を食べない生活を続けているとどうなるのか?

ダイエットでは以下のリスクがあります。

朝食抜きのダイエットは過食になりやすい

朝食を食べないということは、1日2食の生活になります。

1日の食事回数が減ると、だいたいの人がその分1回の食事の量が増える傾向があります。何も食べない時間が増えると、それだけお腹が空きやすくなるわけですね。

そうなると、1回の食事でドカ食いをしやすくなります。

意志の力でどうにかしようと思っても、なかなか難しいです。

これまでにダイエットに挑戦したことがある人なら、わかっていただけるでしょう。私もダイエットにチャレンジ中、こんなに食べてはいけないとわかっていても、自らの食欲を抑えることができなかった経験があります。

このため、食事回数を減らしているのに、結果的に1日のトータル摂取カロリーが増えているなんてことになってしまうのです。

 

脂肪の摂取を抑えることが難しい

朝食抜きで1回の食事量が増えてしまった場合には、もう1つのデメリットがあります。

それが、体に脂肪がつきやすくなることです。

 

米やパンなどの炭水化物は、糖質であり脳や体のエネルギー源になります。

3大栄養素として人間には必要不可欠なものです。

糖は体内に入ると、すい臓から分泌されるインスリンによって、エネルギーに変換されます。

しかし、このインスリンの働きの許容量を超えた量の糖質が体に入ってきた場合、処理しきれなかった分は脂肪として蓄積されてしまうのです。

つまり、1回の食事量が増えると体内のインスリンの働きを超える量を食べてしまいやすくなるため、結果として体に脂肪がつきやすくなるのです。

なら炭水化物をたくさん食べなければいいんじゃんと思う人もいるかもしれません。その通りなのですが、食事回数を減らしていると、ついつい炭水化物が食べたくなります。

ダイエットを成功させるためには、極力意志の力を必要とする場面を排除することが重要です。

 

意図しているしていないにかかわらず、食事回数を減らしている人は注意してください。

ダイエットを成功させたいなら、1日3食しっかりと食べることをおすすめします。

 

手軽で簡単!ダイエットにおすすめな具体的な朝食

ダイエットでは朝食でタンパク質を食べることが大事なのはわかったよ。でも朝は忙しくて料理してる時間なんかないよ。

そんな人は多いと思います。私も朝は忙しく、時間はとても貴重なので、その気持ちはよくわかります。

そこで、私がダイエットを成功させた、簡単手軽に食べられるタンパク質ばっりちの朝食をご紹介します。

 

ヨーグルト

ヨーグルト

まずはヨーグルトです。

無脂肪でたくさん入っているタイプのものがおすすめです。

朝、食欲があまりない人でも比較的食べやすい食べ物です。

口の中からするりと体に入っていくので、定番の朝食になりますよ。

 

卵かけご飯

卵かけご飯

つづいて卵かけご飯です。

ホカホカご飯に生卵を割りいれて、醤油をかけて混ぜる、これでできあがりです。

あっという間にできるので、忙しい朝でも簡単にタンパク質入りの食事を食べられますよ。

 

納豆ご飯

納豆ご飯

同じくご飯もので、納豆ご飯です。

こちらも納豆なら調理不要で、パックから開けて混ぜるだけで、すぐに食べられます。

私はその日の気分で、卵かけご飯か納豆ご飯かを選んでいました。というか今でも好きで食べ続けています。

 

ハムチーズトースト

ハムチーズトースト

 

お次はハムチーズトーストです。

まずはトーストを作り、その上にハム&とろけるスライスチーズをのせて、さらにレンジで温めてできあがりです。

作るのに数分時間がかかりますが、調理は全てオーブンレンジ任せなので、実質調理時間は僅かです。

洋食を食べたい気分のときは、こちらがおすすめです。

 

冷奴

冷奴

最後は冷奴です。豆腐をパックから出して醤油をかけるだけでできあがりです。

夜にお酒と一緒に食べたくなるやつですが、夏の暑い朝などにも意外とおすすめです。

さっぱりとして食べやすいので、朝食にも向いています。

 

これらの食事を掛け合わせれば、忙しい朝でも手軽に十分なタンパク質を食べることができます。

ダイエットに挑戦していて、朝ごはんを食べてなかった人は参考にしてみてください。

 

まとめ

朝食に少しの気遣いを払うだけで、ダイエットの効率がかなり変わります。

 

健康的にダイエットするためには時間がかかりますが、どうせなら少しでもその時間を短くしたいですよね?

 

毎日朝食を食べるようにして、しっかりとタンパク質も摂取するようにしましょう。

体内の筋肉量を維持しつつ、メリハリの効いた体を作ることができます。

 

私も若い頃は朝食を食べていなかったのですが、あるときを境に朝食を食べるようになりました。

それからは、1回の食事量が自然と減り、ダイエットをするときの痩せやすさも明らかに変わりました。

 

ダイエットを気軽に長く続けられるように、皆さんもぜひ朝食にタンパク質を取り入れてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました