ジョギング効果いつから!?ダイエットにおすすめの走る方法!

ジョギング効果いつから

ダイエットのためにジョギングを始めたけど、なかなか痩せない。

ジョギングはダイエット効果の高い有酸素運動だと聞いていたのに、なぜ!?

一体いつになったら効果が出るのかわからないので、もう辞めてしまおうか………なんて思っている人がいたら、ちょっと待ってください!

そんな人は、実はジョギングでダイエットに適した走り方ができていないのかもしれません。

そこで今回は、ジョギングでおすすめの走る方法をご紹介します。

ジョギングをしてもなかなか痩せない理由

ジョギングをしてもなかなか痩せない場合、その理由はいくつか考えられます。これから挙げるものに当てはまるものがあれば、ジョギングによるダイエット効果が得られていない可能性があるので、改善してみてください。

走る時間が短い

ジョギングでダイエットする目的はなんでしょう?

大抵の人は、ただ単に体重を落としたいのではなく、体脂肪を落としたい!と思っているのではないでしょうか?

ジョギングのような有酸素運動は、体脂肪の燃焼に効果があります。

しかし、この効果をしっかり発揮させるには、20分以上継続させる必要があります。

有酸素運動をした場合、人間はエネルギー源としてまずは体内の糖質をメインとして消費します。運動し始めのときは、脂肪はエネルギー源としてあまり消費されません。

ところが、運動している時間が増えてくると、だんだんとこのエネルギー消費の関係が逆転していきます。

つまり、有酸素運動を長時間継続していくと、体内の脂肪をメインのエネルギー源として消費するようになるのです。このための一つの目安の時間が20分になるのです。

ジョギングでダイエット効果を高めるためには、最低でも20分以上は走るようにしましょう。

走る距離が短い

ジョギングで消費するカロリー量は、距離で決まってきます。

走る距離が短いと、当然のことながら、あまりカロリーを消費しません。

ジョギングで消費するカロリー数には個人差がありますが、ざっくりいうと「自分の体重」×「走った距離数」が消費カロリー数になります。

体重60kgの人が5km走れば、60×5=300kcalの消費になるということです。

ダイエットで痩せるために、自分がジョギングでどのくらいカロリーを消費したいかを考えて走る距離を決めましょう。

そのためには、自分の1日の活動量をよく振り返ることです。

仕事や家事で立ち仕事や歩き回ることが多い人は、それだけでも1日のうちでそれなりのカロリーを消費します。

反対にデスクワークが中心でほとんど座りっぱなしの人などは、1日の間であまりカロリーは消費されません。

自分の生活内容と痩せる目標を照らし合わせて、ジョギングする距離を決める参考にしてください。

走る速さが適切でない

ジョギングで走るときに、早く痩せたいからとついつい走るスピードが速くなっていませんか?

実は痩せるために最適な走る速さは、決して速くはないのです。

むしろ体感的には、ゆっくりだと感じられるぐらいがいいのです。

ダイエット効果がもっとも高くなる走る速さは、実は心拍数が関係してきます。具体的な計算式もありますが、ざっくりと心拍数120ぐらいが目安と覚えておくといいでしょう。

腕にはめて心拍数が図れる機器もあるので、ジョギングするときに装着しておくと一目瞭然になります。しっかりとジョギングで痩せたいという人は、心拍数を計測しながら走るといいでしょう。

そこまでしなくてもと思う人は、「軽くおしゃべりしながら走れる程度」の速さが、ダイエットに適したジョギング速度になるので、覚えておくといいでしょう。

走った分以上に食べている

ダイエットで痩せる基本大原則は、摂取カロリー<消費カロリーです。

つまり、いくらジョギングでカロリーを消費しても、それを上回る以上に食べていたら、いくら走っても痩せることはできません。

今日はジョギングでカロリーを消費したから大丈夫、頑張った自分へのご褒美!としてケーキなどを食べてしまっては元も子もありません。

例えジョギングをしていても、食事量は普段より増やさないようにしましょう。

ジョギングと併用して食事制限をすれば、さらにダイエット効果を高めることもできます。

とにかく、1日の摂取カロリーが消費カロリーを上回るようなことがないようにしてください。

 

ダイエット効果の高まる痩せる走り方

ジョギングしてもなかなか痩せない理由がわかったところで、今度はよりダイエット効果をより高める方法をご紹介します。

筋トレと組み合わせる

有酸素運動であるジョギングは脂肪燃焼効果があり、無酸素運動である筋トレには脂肪燃焼効果がないので、ダイエットには意味がないのでは?と思っている人がいたら、それは間違いです。

実は筋トレをした後には成長ホルモンが分泌され、これによってその後数時間は脂肪燃焼効果が高まった状態になるのです。

このため、筋トレをした後にジョギングをすると、より脂肪を燃焼しやすくなるのでダイエット効果を高めることができるのです。

また、筋トレをしていると、ダイエットで痩せるときに筋肉が落ちる量を最小限に抑えることができます。

筋肉量は基礎代謝と関係しているので、1日の消費カロリー数を落とさないためにもとても重要なのです。

適切な頻度でジョギングする

ダイエットのためにジョギングを始めました!といっても週1回とかでは、あまり効果は望めません。

もちろん何もしないよりは遥かにいいのですが、しっかりと痩せるためにはもっと走る必要があります。

そこでダイエットにおすすめのジョギング頻度は、週3回になります。1日走ったら1日は必ず休むようにしましょう。

毎日走ってしまうと、さすがに体への負担が大きくなってしまい、何より継続することが辛くなってしまうと思います。

怪我や故障を防止するためにも、無理せずしっかり休息日を設けましょう。

おすすめの走る時間帯

ジョギングで痩せるために走るのにおすすめの時間帯は朝と夕方になります。

朝は夕食以降長い時間何も食べていないので、体内の糖質が少ない状態になっています。このため、有酸素運動をしたときのエネルギー源として脂肪を優先的に使われやすい状態になっています。

ただ何も食べない状態で寝起きにいきなり走り出すと、低血糖で倒れる危険性があるので、バナナ1本や飴玉など多少の糖質を摂取してから走るようにしてください。

また、寝起きは体内の水分も枯渇していて脱水状態になっているので、水分もしっかり補給してから走るようにしましょう。

続いて夕方ですが、日中の活動により代謝が高まっている状態なので、運動したときに体が痩せやすくなっています。

体も温まっているので怪我もしにくくなっているので、冬なんかにはおすすめです。

ダイエット目的でジョギングする場合は、朝か夕方に走るといいでしょう。

 

ジョギング効果はいつから出る?

結局、ジョギングによるダイエット効果はいつごろから出てくるのか?

これにはどうしても個人差があります。

もともと運動習慣がなかったような人だと、ジョギングを始めたばかりの頃は、体に必要な筋肉がつくため痩せないということもあります。

ただ、ジョギングを続けていけば、だんだんと痩せ始めてくるのは間違いありません。

このため、ジョギングを始めた最初の1か月は、体ができあがる期間と考えるようにしましょう。

大抵の人は、ジョギングを始めてからダイエット効果が出るまでに3か月ぐらいかかると思っておくといいです。

 

ジョギングの注意点

ジョギングは長い時間行う運動なので、絶対に水分補給は怠らないようにしてください。走る前には必ず水分を飲むようにしましょう。夏場などは特に注意しないと脱水症状になってしまいます。

また、体調に不安を感じたらすぐにやめるようにしましょう。長時間走るという行為は体への負担もそれなりに大きいです。怪我をしたり体調を崩してしまったら、ジョギングを続けることができなくなってしまうので、無理はしないようにしましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?

ジョギングを続けていてもなかなか痩せないという人は、今回の記事を参考にしてみてください。

また、ジョギングでのダイエット効果は個人差がありますが、継続していれば必ず効果が出てくるので気長にやってみてください。

 

ジョギング・ランニングで痩せる方法を以下にまとめています。ダイエットを絶対に成功させたい人は参考にしてみてください。

ジョギング・ランニングによるダイエットで痩せる方法まとめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました