人にやってもらうペアストレッチが柔軟性向上に効果的な理由!

人にやってもらうペアストレッチが柔軟性向上に効果的な理由!

ストレッチは自分でできるため、毎日もくもくと1人で続けている人が多いと思います。

確かに地道に毎日ストレッチを続けていれば、少しずつ体は柔らかくなっていくでしょう。

 

ところが実は、体の柔軟性の向上スピードを早める方法があります。

それが、柔軟を人にやってもらうペアストレッチになります。

 

そこで、ペアストレッチが柔軟性向上に効果的である理由について説明していきたいと思います。

 

人にやってもらうペアストレッチが柔軟性向上に効果的な理由

無理せず完全に脱力することができる

ストレッチで体を柔らかくするコツとして、力を抜いた状態で伸ばすと効果が上がります。

リラックスするために、ゆっくりと呼吸をしながら実践するといいのですが、そうはいっても体の硬い部位を伸ばしたり、無理な姿勢をとろうとすると、どうしても力が入ってしまうものです。

 

全身を脱力しながらストレッチをすることはある程度の慣れが必要です。

特に最初のうちは、体の硬さから痛みを生じやすいため、無駄な力が入りやすいものです。

 

ストレッチをするときに余計な力が入っていると、筋肉を伸ばしづらくなってしまうため、柔軟性向上の効果が落ちてしまいます。

自力でストレッチをしていて、なかなか体が柔らかくならない人は、このパターンにはまっている可能性があります。

 

ところがペアストレッチの場合だと、筋肉を伸ばすという行為を相手の人がやってくれるため、自分は基本的に体を動かす必要がありません。

このため全身の脱力がしやすく、とてもリラックスした状態を作りやすいのです。

 

自分1人のストレッチでは意外と難しい脱力を、ペアストレッチの場合は容易にできるため、柔軟性を効率よく上げやすいわけですね。

 

適切な強度で筋肉を伸ばすことができる

ストレッチの強度は痛気持ちいいぐらいがベストだといわれていますが、この感覚がイマイチわからないという人もいると思います。

 

「ストレッチをしても気持ちよくなんかないし、痛みしか感じない!」

なんていう人もいるでしょう。

 

このような人にとって、自分にとってちょうどいい筋肉の伸ばし方をするのは難しいものです。

 

痛みを嫌がりすぎてきちんと筋肉を伸ばすことができていなければ、そもそもストレッチの効果がありません。

かといって、無理して伸ばしすぎると、オーバーストレッチとなり筋肉を痛めてしまいます。

 

1人ではこの調整が難しい人でも、ペアストレッチであれば、相手が冷静に適切な強度を判断することができます。

ストレッチしている相手の呼吸や力の入り具合を観察することで、適切な強度になっているかがわかるためです。

 

ストレッチは適切な強度で行わないと、体を柔らかくすることができません。

 

このため慣れない最初のうちは、ペアストレッチで相手に筋肉を伸ばしてもらうと、効率よく体を柔らかくしていくことができるのです。

また、相手にストレッチをしてもらうことで、自分がやる場合にどのくらいの強度でやればいいのかを感覚的に理解することもできるでしょう。

 

伸ばす筋肉の微妙な調整がしやすい

体の中でも特に柔らかくしたい部位があれば、そこを重点的にストレッチすればいいと思うかもしれません。

もちろんそれは間違っていないのですが、実際にやるのは意外と難しいものなのです。

 

例えば太もも裏側の筋肉であるハムストリングスを柔らかくしたいといった場合、1ヶ所の筋肉を柔らかくすればいいわけではありません。

ハムストリングスは、大腿二頭筋・半腱様筋・半膜様筋の3つの筋肉で構成されています。

このため、ハムストリングスを柔らかくしたいと思ったら、これら3つの筋肉を柔らかくしなければなりません。

 

それぞれの筋肉を柔らかくするためには、同じストレッチでも微妙に角度を変えたりして、それぞれの筋肉に効かせる必要があるのです。

しかし、自分1人でやっていると、この微調整が案外難しかったりします。

可動域の問題などから、どうしても苦手な姿勢があるため、うまくストレッチをできない部位が出てきたりするのです。

 

ペアストレッチであれば、自分では伸ばしづらい筋肉も、相手がうまく調整して伸ばすことができます。

このため、一つひとつの筋肉をうまく伸ばすことができ、効率よく体を柔らかくしやすいのです。

 

自分1人だけではないペアストレッチだと頑張りやすい

ストレッチは短期間で効果が出るものではないため、それなりに長く続けなければ意味がありません。

しかし残念ながら、ストレッチを始めても早い段階で挫折してしまい、継続することができないという人も結構います。

 

すぐに成果が出ないことを、自分1人だけでコツコツと続けることはなかなか難しいものです。

 

ところが、そんなときに仲間がいると、がぜんやる気も出てきて、一緒に頑張ろうという気持ちにもなりやすくなります。

自分1人であれば怠けてしまいそうなときでも、ペアストレッチであれば相手がいるので、しっかりやらなければと思い直すことができます。

 

ストレッチを長く続けるための1つの方法として、ペアストレッチという選択肢もありなわけですね。

 

結婚している人なんかは夫婦でペアストレッチをすると、ゆっくりと会話しながらスキンシップする時間も増えて、夫婦仲が円満になるかもしれませんよ!

 

まとめ

ストレッチは自分が好きなときに場所を選ばず簡単にできるものです。

1人でいつでもできるというのも、とても大きなメリットですが、ペアストレッチにはまた違った魅力があります。

 

自分は完全にリラックスして脱力でき、相手に身を委ねることができるペアストレッチは、やはり柔軟性の向上という観点では効果が高いです。

自分1人では伸ばしづらい筋肉も、パートナーにうまくストレッチしてもらうこともできます。

 

やる気が起きないときでも相手に励ましてもらうことができるので、頑張りやすいですよ。

 

身近に頼める人がいるのであれば、ぜひ一度ペアストレッチを試してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました