運動ダイエットの定番!筋トレ→有酸素運動の順番で効率よく痩せる!

運動によるダイエットは筋トレ→有酸素運動の順番

 

ダイエットと言えば、みなさんが真っ先に思い浮かぶのが食事制限だと思います。もちろん食事制限は摂取カロリーが抑えられるため、ダイエット効果は大きいです。しかし、極端な食事制限は栄養不足により体調を崩すことになり、健康的に痩せることはできません。

そこで消費カロリーを増やすための運動の出番となるわけですね。やはりダイエットで理想的な引き締まった体や美しい体を手に入れたかったら、運動も取り入れた方がいいです。

ダイエット運動の定番と言えば、筋トレと有酸素運動になります。どちらもダイエットには効果があるものですが、実は運動する順番でダイエット効果を上げることができます。

そこで今回は、筋トレと有酸素運動をする順番で、なぜダイエット効果に違いが出てくるのかを紹介します。

 

体脂肪を燃焼する役割は有酸素運動だけど…

ダイエットで脂肪を燃焼するには有酸素運動がいいと、よく言われますよね。これは確かに合っていて、無酸素運動では脂肪を燃焼することはできません。つまり筋トレでは脂肪を燃焼しないんですね。だから筋トレだけをしていても、その運動中に体脂肪はほとんど減らないのです。このため、運動してダイエットで痩せるためには、有酸素運動であるジョギングやウォーキングなどがいいと言われているんです。

しかし、この話だけだと筋トレなんかしないで、ひたすら有酸素運動だけをしている方がダイエットにはいいと思うでしょうが、実はそうではないんです。

有酸素運動でエネルギーとして使用されるのは決して体脂肪だけではありません。実際には糖もエネルギーとして使用しています。有酸素運動で燃焼しているエネルギーとしては、糖と体脂肪の使用比率はだいたい5:5で、ほぼ同じくらいなんですね。有酸素運動で体脂肪を燃焼するといっても、結構大変なことなんです。

体脂肪をたくさん燃焼させるには時間が多く必要になってしまいますし、体力がない人はそんなに長時間の有酸素運動を続けられないと思います。

 

代謝を上げて脂肪燃焼効率を上げる筋トレ

筋トレ自体は体脂肪を燃焼することはほとんどありませんが、筋トレにはダイエットに嬉しい別の効果があります。それは、筋トレが身体に与える刺激により代謝が増えるというものです。筋肉量に関係なく、筋トレをした直後は誰でも代謝が増えている状態になります。この状態はかなり長く続き、なんと48時間も持続されます。つまり筋トレをした後の2日間は、何もしていなくても勝手に痩せやすい身体になっているわけです。

また、筋トレをした後は成長ホルモンが分泌され、この成長ホルモンが脂肪の分解を促します。この状態で有酸素運動をすると、エネルギーとして使用する糖と体脂肪の比率が半々ではなく、体脂肪の方が多くなります。

このように筋トレには、ダイエットに嬉しい様々な効果があるんですね。

 

筋トレ→有酸素運動の順番でやる

筋トレにより分泌された成長ホルモンにより分解された脂肪は、そのままでは燃焼してエネルギーとして消費されることはありません。筋トレは、あくまでも脂肪を分解して、エネルギーとしてたくさん使えるようにしてくれるというものです。そのため、この状態で有酸素運動を行い、分解された脂肪を効率よく燃焼することで、よりたくさんの体脂肪を減らすことができるわけです。

これなら時間に余裕がない人や、体力に自信がない人でも、短時間で効率よく脂肪を落としていき痩せることができます。

このような理由から、運動してダイエットで痩せるためには、筋トレ→有酸素運動の順番がいいということになるんですね。

 

まとめ

いかがでしたか?

ダイエットのために運動して痩せようと努力している人は、たくさんいると思います。そのために筋トレをしている人や有酸素運動をしている人も、かなりいることでしょう。筋トレも有酸素運動もダイエットに効果的ですが、どうせならその効果を最大限に活かしたいですよね?

ダイエットのために運動をするなら、ぜひ筋トレ→有酸素運動の順番にするようにしてください。効率よく脂肪を燃焼させて、1日でも早く理想的な身体に近づきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました