【注意点あり!】1日1食の食事で健康的に過ごすことができる理由!

【注意点あり!】1日1食の食事で健康的に過ごすことができる理由!

食事は1日3食にするべきだと、子どもの頃からそう教わってきませんでしたか?

しかし、実際にはそれが正しいわけではなかったとしたら…!

 

実は食事の回数は、1日に3回も必要ありません。

一体なぜなのか?

1日1食でも健康的に過ごせる理由について説明します。

 

1日3食は食べ過ぎになりやすい

そもそも1日3食という文化は大陸から渡ってきたもので、江戸時代中期以降に日本に浸透してきたものです。

それ以前の日本人の食事は、1日2食が基本となっていました。

 

つまり1日3食の歴史はそれほど古いものではなく、ここ200年ちょっとぐらいの比較的新しい文化なのです。

 

今まで1日2食で十分に生きていくことができた人々が、1日3食に増やすことは、単純に食べ過ぎになりやすいです。

食事回数が増えた分、1回の食事量が減っていれば、トータルの量としては問題ないのですが、多くの人はそれができていません。

 

さらに言えば、便利になった現代の生活と仕事内容の変化により、生活習慣も大きく変わってきました。

移動のために歩くことは少なくなり、デスクワーク中心で1日のほとんどを座って過ごすことも多くなっています。

このような生活ではカロリーをほとんど消費しないため、なおさら食事によるカロリー摂取はそれほど必要ではないのです。

 

このため、1日3食によるカロリーオーバーにより肥満になっている人が増えているのです。

 

1日1食の食事で健康的に過ごすことができる理由

1日1食というと、さすがに少なすぎると思うかもしれませんが、意外とそんなことはありません。

その理由は内臓の消化器官にあります。

 

1日に何回も食事をしていると、その度に胃腸は食べ物の消化吸収のために働かなくてはなりません。

朝食を食べては消化吸収し、昼食を食べては消化吸収し、夕食を食べては消化吸収し、この上さらに間食までしていれば、胃腸は1日中消化吸収のために働いていることになるのです。

これでは胃腸が休まる間が全くないため、消化器官にかかる負担がものすごく大きくなります。

 

睡眠中は何も食べていないから、その間に休めるだろうと思うかもしれませんが、それだけでは時間が足りません。

消化器官を完全に休めるためには、約18時間の時間が必要だとされています。

つまり1日3食の食事をしていたら、どう足掻いたところで、胃腸を完全に休めることはできないのです。

1日2食の食事でギリギリセーフといったところですかね。

 

人は食べ物の消化にもエネルギーを使うため、常に消化器官が働いているような状態は疲れやすいというデメリットがあります。

健康のために1日3食とっていたつもりでも、実際には内臓に負担をかけて疲れさせるという不健康な生活になってしまうのです。

 

また、ランチを食べた後の仕事なんか、眠気が襲ってきてツラいなんて経験はないでしょうか?

あれは食べたものを消化するために血液が胃に集まってくるため、脳の血流が少なくなることが原因です。

バリバリ集中して仕事をしたいときには、昼食は弊害となってしまうのです。

 

昼食を抜いた1日2食で胃腸を18時間休ませることは、夕食から朝食にかけて睡眠の時間があるため、実質不可能でしょう。

このことから、胃腸に負担をかけず、1日中バリバリ活動するためには、1日1食が健康的だと考えられるわけです。

 

1日1食にするときの注意点

内臓への負担が少ない1日1食ですが、注意しなければならない点があります。

それが栄養面になります。

 

1日に1回しか食事をとらないため、そのときには必要な栄養をしっかりととらないと、逆に不健康になってしまいます。

外食や普通に買ってきたお弁当などで済ませようと思ったら、確実に栄養不足になるでしょう。

 

このため、1回の食事に徹底的にこだわって栄養を摂取する必要があります。

たんぱく質、ビタミン、ミネラルなどの栄養をしっかりと摂るようにしてください。

 

1回の食事で体に必要な栄養をしっかり摂るためには、やはり自炊が必要です。

決して適当な食事で済ませないようにしましょう。

 

素人がいきなり1日1食にするのは、栄養面で不安も大きいです。

このため、まずは1日2食にして栄養豊富な食生活の仕方に慣れるところから始めてもいいと思います。

 

ですが、それでも食事だけで体に必要な栄養を確保するのは難しいと思います。

このため、サプリメントを活用することをおすすめします。

食事からだけでは摂りにくい栄養を補うようにしましょう。

 

まとめ

1日3食が健康であるという大前提が覆ることは、結構衝撃的ですよね。

 

子どもの頃は体をたくさん動かすし、成長期でもあるため、それだけたくさんの食事が必要になるのもわかります。

ですが、成長しきった大人で、ふだんあまり体を動かさないような人にとっては、1日3食は明らかに食べ過ぎになります。

 

意外にも実は1日1食が健康的なので、気になる人は試してみてもいいと思いますよ。

そのときは、くれぐれも栄養面に注意してください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました