生活習慣の改善!気づいたらダイエットになっていた方法!

生活習慣の改善!気づいたらダイエットになっていた方法!

ダイエットって、いざやるぞと意気込むと結構大変だったりしますよね。

食事制限や運動などを併用すると、とても効果的にダイエットすることができますが、あまりストイックにやろうとすると、とても続きません。

 

私も「絶対に痩せるぞ!」とダイエットに臨んだことが何度かありますが、その度に挫折を繰り返していました。

 

長く続けるためには、発想を転換して日常の生活習慣を改善するのがおすすめです。

 

そこで、私が実際にやってみて、気づいたらダイエットになっていた方法をご紹介します。

 

痩せるためのコツはダイエットをしていると思わないこと

痩せるためのコツはダイエットをしていると思わないこと

痩せたいと思う人は、いろいろなダイエット方法を試します。

自分に合った方法をうまく見つけることができれば、ダイエットを成功させることもできるでしょう。

 

しかし、どんなダイエットを行うにしても、一番難しいのは継続することです。

これをやれば痩せるということが頭でわかっていても、実際にはなかなかできないものです。

 

ですので、ダイエットを成功させる秘訣は、自分がダイエットをしていると思わないことにあります。

特別な努力をしているわけでもなく、ただ毎日生活していたら痩せていましたというのが、理想的といえるでしょう。

 

「そんなうまい方法があるか!」

と思うかもしれませんが、嬉しいことにあるのです。

 

よくスタイルのいい人で、どうやって体型をキープしているのかを聞くと、「特別なことは何もしてないよ」と答える人がいます。

このような人たちは総じて、ふだんの生活習慣が太りにくく痩せやすいものになっています。

まさにダイエットに理想的な状態です。

 

ですので、痩せたいと思うならば生活習慣を改善するのが、もっとも長く続けやすくダイエット効果を得られる方法だといえるでしょう。

 

気づいたらダイエットになっていた方法

気づいたらダイエットになっていた方法

それでは、実際にどのような生活習慣にすれば、ダイエット効果が得られるのでしょうか?

 

これは日常生活の中の気づきで、いろいろな方法があります。

あなたも考えれば、きっといくつか思いつくことがあるでしょう。

 

ここでは、私が実際にやってみて、ダイエット効果があったと思うものを挙げていきます。

 

移動はなるべく自分の体を動かす

移動はなるべく自分の体を動かす

私たちは大人になると、ちょっとした移動でもついつい乗り物に頼るようになります。

近所のコンビニに行くのに車を使ったり、一駅分なのに電車に乗ったりします。

 

このような移動の際には、できるだけ自分の体を動かす方法を選択しましょう。

つまりは歩くか自転車を使うということです。

 

その他に、建物内ではエレベーターやエスカレーターを使う機会が多いと思います。

ここでもできるだけ階段を使うようにしてみましょう。

 

たったこれだけのことで、意外と消費カロリーは増えます。

実際にやってみると、自分が今までいかに動いていなかったかが実感できると思います。

 

学生の頃などは誰もがふつうにやっていたようなことなので、慣れてしまえば苦もなくできますよ。

 

食べたいものは朝か昼に食べる

食べたいものは朝か昼に食べる

ダイエットでもっとも効果が高いのは食事制限になりますが、ある意味これがもっとも難しいことだと思います。

過剰な食事制限はストレスが溜まり、反動でドカ食いをしてしまう恐れがあります。

 

だったらいっそのこと、食べたいものは食べることにしてしまいましょう。

その代わりに、食べるのを朝か昼にするのです。

 

朝や昼は日中の活動時間帯なので、食べた後も体を動かしてエネルギーを消費します。

しかし夜に食べると、その後は基本的に寝るだけなので、食べた分が体内に脂肪として蓄積されやすくなります。

食べるタイミングを変えるだけでも、これだけ差が出てきます。

 

食べたいものを無理して我慢するのではなく、食べる時間帯を朝か昼にして、好きなものを食べるようにしましょう。

自分が好きなものを食べてもいい生活なら、無理なく続けられますよね。

 

早寝早起きでしっかりと睡眠をとる

早寝早起きでしっかりと睡眠をとる

毎日早寝早起きでしっかりと睡眠をとると、体も気持ちも元気になります。

すると、前向きで明るくなるので、自然と活動的になることができます。

体を動かしたい気分になりやすくなるので、ふだんの生活でもカロリーを消費しやすい行動が多くなりますよ。

 

また、睡眠は食欲を司るホルモンの分泌にも影響を与えます。

食欲を抑制するホルモン「レプチン」と、食欲を増進する「グレリン」というホルモンがあります。

睡眠不足になると、レプチンが減少し、グレリンが増加します。

 

このため、よく寝ていないと、自然とたくさん食べたくなってしまうのです。

規則正しい睡眠をとることが、毎日の安定した食生活にも繋がるというわけです。

 

休みの日は外出する

休みの日は外出する

仕事が休みの日は、1日中家の中でゴロゴロしたくなりますよね。

そんなまったりとした生活も悪くないのですが、ここは思いきって外出しましょう。

 

外に出ると嫌でも歩くことになるので、自然と活動量が増えます。

友だちと遊んでもいいし、買い物をしてもいいし、自分の好きなことをして外で休日を満喫しましょう。

 

家でゴロゴロしているよりも、よっぽど充実した休日を過ごすことができますよ。

その上、消費カロリーも増えて痩せやすくなるんだから、言うことなしです。

 

生活習慣を変えるだけでダイエットになる

生活習慣を変えるだけでダイエットになる

太っている人は、これまでの生活の結果、そのような体型になっています。

言い換えれば、太るような生活習慣を送り続けているわけです。

 

あなたは次のような生活を送っていませんか?

 

  • 好きなものを好きなときに好きなだけ食べる
  • 運動を全くしない
  • 1日のうちで歩くことがほとんどない
  • 外出するより家にいるほうが好き
  • よく夜更かしをする

 

私は太っていたときは、これら全てに当てはまっていました。

こんな生活、誰がどう考えたって太りますよね。

 

ですが、今現在このような生活を送っている人は、逆にチャンスです。

もともとの生活習慣が乱れているような人は、それを改善するだけでも十分にダイエット効果があります。

 

気合いを入れて食事制限や運動をしなくても、自然と痩せていくことができるでしょう。

ちょっと生活習慣を見直すだけでも、1日の摂取カロリーと消費カロリーは意外と変化します。

食事制限や筋トレ、ジョギングなどいろいろなダイエット方法がありますが、まずは生活習慣から見直すのがおすすめですよ。

 

まとめ

生活習慣の改善!気づいたらダイエットになっていた方法!まとめ

いかがでしたか?

 

ダイエットは無理をすると、どうしても途中で挫折しがちになります。

最悪の場合はリバウンドで余計に太ってしまうこともあるでしょう。

 

ダイエットで重要なことは、自分が無理なくできるペースで継続することです。

まずは日常生活を改善することで、太りにくく痩せやすい習慣を身につけましょう。

 

少しずつ確実に痩せていきたいと思う人は、今回ご紹介した、気づいたらダイエットになっていた方法を参考にしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました