時間がないときに超有効!何があっても焦らない方法!

時間がないときに超有効!何があっても焦らない方法!

時間がないときは、どうしても物事を急いで片付けないといけなくなりますよね?

仕事をしていると、トラブル対応などで緊急性の高いものが突発的に発生することもあります。

 

しかし、制限時間ができてしまうと平常心を乱してしまい、普段と同じパフォーマンスを発揮できなくて困る人も多いはずです。

 

そこで、何があっても焦らない方法をご紹介します。

 

時間がないときに超有効!何があっても焦らない方法!

ふだんは落ち着いてしっかりと仕事ができる人でも、トラブル発生などで緊急事態が発生すると、いつも通りではいられなくなるものです。

ですから、何があっても焦らない方法を知っておくことで、うまく対処できるようになりましょう。

 

開き直る

そもそも、なぜ焦ってしまうのでしょうか?

納期限内に仕事が間に合わなそうだったり、突発で急いでやらないといけない仕事があるから、といった感じでしょうか?

要はタイムオーバーになってしまうと、顧客や上司から怒られてしまったり、自分の評価にも影響してしまうなど、心理的なマイナス要因が発生するから焦るわけです。

 

嫌だと思う気持ちはわかりますが、そのような精神的なマイナス面は、もはや仕方ないと諦めて開き直ってしまいましょう。

 

緊急時の対応に、ヤバいという気持ちや、オロオロする気持ちは、必要ありません。

ただやるべきことを淡々とこなしていくしかないので、いっそ開き直って仕事に取り組みましょう。

 

失敗経験を生かす

誰だって仕事やそれ以外でも、たくさんの失敗経験があると思います。

その失敗から何か得るところはありませんでしたか?

 

失敗経験は、次に似たような事態になったときに、迅速に対処するための糧になります。

また、一度大きな失敗をしていると、多少の失敗は大したことないと思えるようになり、精神的な強さも手に入れられます。

 

自らのこれまでの人生経験を思い出して、どんと構えるようにしましょう。

 

客観的になる

自分が窮地に立たされると焦ってしまうものですが、他人がピンチのときは慌てることはありませんよね?

 

仕事で忙しそうにしている他の人を冷静に見てみると、

「なんで、あんなやり方をしてるんだろう。」

「もっと、こうすればいいのに…」

など、いろいろと気づくことがあると思います。

 

当事者本人は余裕がなくていっぱいいっぱいなので、そんなに冷静になることはできないものですが、第3者はそうではありません。

第3者の視点で物事を客観的に見ると、意外なほど冷静に事態を分析することができます。

自分には関係ないことだと、失敗によるペナルティーもないので、精神的に余裕をもって思考することができるのです。

 

ですので、ピンチのときほど今の自分が置かれている状況を、客観的に見るように心がけてみてください。

これができるようになると、どんなときでも動じることなく冷静に対処できるようになりますよ。

 

論理的に対応策を考える

時間がないときに焦っていると、なかなか有効な手が思いつかなかったり、単純なミスを犯したりしやすくなります。

直感やその場のひらめきに頼っている、後で痛い目を見るかもしれません。

 

そこで、時間がなくて焦ってしまうようなときにこそ、論理的な思考を心がけるようにしましょう。

 

問題が発生すると、とにかく行動して対応することばかりに注意が向きがちなため、つい余計なことをして時間を無駄にしてしまうこともあります。

しかし、問題を論理的に考えることによって、因果関係が明らかとなり、どのような対応をすべきかがわかりやすくなります。

実は問題を解決するために必要なことはシンプルだったりするものですよ。

 

周りを頼る

焦ってしまうような状況を、もっとも簡単に解決する方法が、周囲の人に助けを求めることです。

時間がないとき、能力が足りないときなどは、自分1人で問題を抱えていても思うように仕事が進みません。

 

そんなときは、思いきって素直に周囲にヘルプを頼みましょう。

自分1人では大きなトラブルに感じても、複数人で対応すればなんてことないものだったり、他の人なら簡単に解決できるようなこともあります。

恥ずかしがらずに、素直に助けを求めることも、一流のビジネスパーソンには必要なことです。

 

何があっても焦らないためには普段からの取り組みが大事

何があっても焦らない冷静な心を手に入れるためには、日常的にそのような思考や行動をするように心がける必要があります。

そして、場数を踏むことでも自然に成長するものです。

 

日々の自分の仕事のやり方や、周囲の人間とのコミュニケーションを大事にし、困ったときにいつでも支援を受けられるようにしておきましょう。

ある意味これもリスクマネジメントになりますよ。

 

まとめ

いかがでしたか?

 

時間がないときやピンチのときなどは、どうしても焦りが生じやすくなるものです。

 

しかし、そんなときでも冷静に対処できるとカッコいいですよね?

 

仕事ができる人になるためにも、何があっても焦らない方法をぜひ覚えてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました