ストレッチをしていたら筋肉痛になることがあるのはなぜか?

ストレッチをしていたら筋肉痛になることがあるのはなぜか?

体を柔らかくするためにストレッチをしていただけなのに、なぜか次の日に筋肉痛になってしまったことはありませんか?

 

「筋トレをしたわけではないのになぜ?」

と思うかもしれません。

 

しかし、ストレッチだけで筋肉痛になることはないと思われがちですが、実はあり得るのです。

 

ストレッチで筋肉痛になるのはなぜか?

一般的に筋肉痛といえば、筋トレの後に生じるものというイメージがあります。

私もこのイメージがあったため、初めてストレッチで筋肉痛になったときは「なんでだろう?」と不思議に思いました。

 

そこで、よくよく調べてみると、ストレッチでも筋肉痛になることがあるというのがわかりました。

どうやら2パターンあるようです。

 

好転反応によるもの

原因の1つ目は、「好転反応」と呼ばれるものです。

好転反応とは、病気などの治療の過程で一時的に起こる身体反応のことだそうです。

体が正常な状態に戻るために、一時的に症状が悪化したような状態になるとのことです。

 

もともと運動不足だったり、筋肉のコリが酷い状態だったりする人は、体の筋肉を日常的にほとんど使ってないことになります。

そのような人がストレッチをすると、筋肉に急に刺激を与えられることになり、元の柔らかい筋肉に戻るために、好転反応として一時的に筋肉痛が生じることがあるようです。

 

私はストレッチを始めるまでは、しばらく運動を全くしていなかったので、まさに当てはまっていました。

 

この筋肉痛は好転反応によるものなので、決して悪いことではなく、いいこととして捉えられます。

好転反応により筋肉痛が生じている場合、凝り固まっていた筋肉がほぐされ、血流がよくなった状態になります。

そうなると、体内に蓄積されていた疲労物質の排出も促進されるので、デトックス効果があります。

 

この効果反応による筋肉痛は、数日でおさまるので、あまり気にする必要はありません。

引き続き、気持ちよくストレッチを続けていって問題ないということです。

 

無理なストレッチ

原因の2つ目が、無理なストレッチです。

ストレッチは硬くなった筋肉を気持ちよく伸ばしていくのが理想的です。

 

しかし、体の柔軟性を求めるばかりに、自分の許容量を超えた負荷でストレッチをしてしまうことがあります。

強すぎる負荷や、長過ぎる時間のストレッチは、筋肉にダメージを与えることになります。

この結果、ストレッチで筋肉痛が生じることとなってしまうのです。

 

適切な方法でストレッチをしないと、このようになってしまうということです。

ストレッチ後に毎回筋肉痛になっているようなら、一度ストレッチのやり方を見直したほうがいいですね。

 

ストレッチで筋肉痛にならないために

好転反応による一時的な筋肉痛なら問題ありませんが、ストレッチでいつも筋肉痛に悩まされるようなら、やり方を改善する必要があります。

 

正しいストレッチの方法を身につけましょう。

ストレッチで重要なポイントは、次の4つです。

 

  • 無理に伸ばしすぎす、痛気持ちいいぐらいにする
  • 一度に伸ばす時間は30秒ぐらいにする
  • 息を止めず、ゆっくりと深く呼吸をしながら行う
  • リラックスして全身の力を抜く

 

毎回ストレッチをした後に筋肉痛になるようなら、これらがきちんとできていないと思われます。

 

前屈で床に掌がつく、180度開脚などが目標だと、早く体が柔らかくなりたいがために、ついつい無理なストレッチをしがちになります。

そうなると、痛みを堪えて無理に長時間伸ばしたり、痛みから呼吸も止まり筋肉が緊張して十分に伸びないなんてことがよくあります。

これでは筋肉を痛めるだけで、せっかくストレッチをしても柔軟性向上の効果がなかなか出ません。

 

急がば回れで、体を柔らかくしたいのであれば、焦らず正しいやり方でストレッチを行いましょう。

 

まとめ

ストレッチをしただけで次の日に筋肉痛が生じると、なんでだろう?と疑問を感じると思います。

 

そんなときは、久しぶりに筋肉に刺激を与えたことによる好転反応か、無理なストレッチによる痛みのどちらかになります。

 

無理なストレッチをしていると思う場合には、上で紹介した4つのポイントをおさえて、適切な方法でストレッチをするように心がけましょう。

 

毎日気持ちよくストレッチして、柔らかくて健康的な体を手に入れましょうね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました