お尻の横の筋肉が痛い人必見!中臀筋を柔らかくするストレッチ!

お尻の横の筋肉が痛い人必見!中臀筋を柔らかくするストレッチ!

お尻の横の筋肉が痛いという人はいませんか?

もし当てはまるなら、お尻の横の筋肉「中臀筋」が硬くなっていると思われます。

 

中臀筋は、骨盤が横にずれないように支える筋肉で、全身のバランスをとるためにも重要な筋肉です。

 

お尻の横の筋肉が痛い場合は、中臀筋ストレッチで柔らかくほぐしてあげる必要があります。

 

今回は、お尻の横の筋肉である中臀筋について書いていきたいと思います。

 

お尻の横の筋肉が痛い原因

ふだんあまり意識しないかもしれませんが、実はお尻にはたくさんの筋肉があり、日常的に使われています。

立ったり、座ったり、歩いたりといった動作では、必ずお尻の筋肉が働いています。

足の筋肉だけではないんですね。

 

お尻の筋肉で一番大きいのは大臀筋と呼ばれ、お尻の真ん中から下にかけてあります。

お尻の上から横にかけてある筋肉は、中臀筋になり、お尻の筋肉で二番目に大きいものになります。

 

お尻の横の筋肉が痛いということは、この中臀筋が痛いということになります。

 

大臀筋や中臀筋などのお尻の筋肉は、現代の生活では痛みが出ることも珍しくありません。

というのも、デスクワークで座りっぱなしだったり、運動不足で体を動かさなかったりする人が多いからです。

長時間座っていてあまり動かないと、お尻の筋肉が凝り固まってしまいます。

このコリによって痛みが生じるのです。

 

中臀筋のコリによる痛みは、お尻の横だけでなく、太もも外側にも広がることごあるため要注意です。

 

中臀筋の役割

お尻の横にある筋肉なんて、何に使うのかよくわからないという人もいると思います。

自分で意識して力をいれるなんてこともないでしょう。

 

しかし、実は毎日よく働いてくれている筋肉になります。

 

中臀筋は骨盤を支え、股関節の動きをコントロールする働きがあります。

左右方向のバランスを保って歩いたり走ったりできるのは、中臀筋の役割によるところになります。

 

痛みが出るほど中臀筋が凝り固まっていると、本来の機能を果たせなくなってしまいます。

すると、骨盤が左右のどちらかに傾いてしまいます。

骨盤の傾きは、姿勢が悪くなることに繋がり、体のバランスが崩れるため、他の部位にも痛みが生じることもあります。

 

代表的なものが腰痛です。

腰痛には様々な原因がありますが、中臀筋のコリもその一つになるのです。

 

お尻や腰の痛みを改善し、きれいな姿勢で颯爽と歩くには、中臀筋の柔軟性が欠かせません。

 

中臀筋を柔らかくするストレッチ

お尻の横の筋肉が痛いという人は、中臀筋を柔らかくするストレッチを行いましょう。

中臀筋を効果的にストレッチする方歩は次のとおりです。

 

  1. 仰向けになる
  2. 左足を右足の上にクロスさせる
  3. 右手で左膝をおさえて床に近づける
  4. 左手を横方向に伸ばす
  5. 顔を左側に向ける
  6. そのままの体勢で30秒キープする
  7. 左右を入れ替えて同様に行う
  8. 左右交互1回を1セットとして3セット行う

 

ストレッチをするときは、力を抜いてゆっくりと呼吸をしながらやりましょう。

中臀筋が伸ばされているのを意識して行うようにしてください。

ストレッチは、無理のない範囲でやりましょう。

 

まとめ

特に運動もしていないのに、お尻の横の筋肉が痛いという人は、中臀筋のコリを疑ったほうがいいです。

 

日常の歩行や姿勢など、中臀筋には大事な役割があります。

痛みがなくても、仕事がデスクワークの人や、運動不足の人はコリやすいので、積極的にストレッチをしてほぐしてあげましょう。

 

お尻の筋肉は、ふだん意識されてない分おろそかにされがちです。

これを機に、しっかりと労ってあげることをおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました