ダイエット中に筋肉痛になったときに運動を続けてはいけない理由

ダイエット中に筋肉痛になったときに運動を続けてはいけない理由

ダイエットのために運動に取り組んでいると、筋肉痛になることがあると思います。

早く痩せたいがために、そのまま運動を続けたくなるところですが、実はそれはやってはいけないことです。

 

その理由は筋肉の成長に関係しています。

一体どういことなのか、詳しく説明していきます。

 

ダイエット中に筋肉痛になったときに運動を続けてはいけない理由

ダイエットで体重を落とすには食事制限が有効ですが、体型のシェイプアップを図りたいときには運動が非常に効果的です。

このため、筋トレや有酸素運動に取り組む人は多くいます。

 

ところが、いざ実際に運動を始めてみると、日常生活以上の負荷が体にかかるため、筋肉痛になることがよくあります。

 

この筋肉痛は、自分の筋力の限界を超えた力を出したことにより、筋繊維が破壊された状態です。

このとき筋力は一時的に低下した状態になりますが、十分な栄養と休息により、以前よりも少しだけ強くなって修復されます。

この繰り返しにより、筋肉は強く成長していくのです。

 

ですが、筋肉痛の状態で運動を続けると、破壊された筋繊維を修復することができません。

すると、運動をしているにも関わらず、筋肉は一向に成長しないどころか、下手をするとかえって弱くなってしまいかねません。

 

このため、ダイエット中に運動をしていて筋肉痛になったときは、無理をして続けるのではなく、十分に筋肉を休ませる必要があるのです。

 

筋肉が多い方が痩せやすい

ダイエットで痩せたい人にとって、筋肉なんかどうでもいいと思う人もいるかもしれません。

体重が落ちて、見た目が細くなれば、それでいいという人もいるでしょう。

 

しかし、その目的を達成するのに、筋肉は重要な役割をもっているのです。

 

というのも、筋肉には基礎代謝を増やす働きがあります。

基礎代謝とは、呼吸や内臓の動きなど、生きていく上で絶対に必要な活動のために消費されるエネルギーのことです。

 

この基礎代謝が増えれば、例え体を動かしていなくても、自然に消費されるカロリーが増えることになります。

つまり、筋肉が多いとそれだけで、痩せやすく太りにくい体になるわけです。

 

このことから、ダイエットにおいて筋肉は切っても切れない存在なのです。

効率よく痩せるためには、いかにして筋肉量を減らさないようにするかも重要な課題になるわけです。

 

このため、ダイエットには筋トレを併用することが、非常に有効だと言われるのです。

 

筋肉に必要な栄養もしっかりと摂る

ダイエット中は食事制限をしている人が多くいます。

摂取カロリーを抑えれば、それだけ痩せやすくなりますからね。

 

しかし、この食事制限をしているときに、栄養面までしっかりと考えられている人は、意外と少ないような気がします。

 

ダイエットには欠かせない筋肉を、極力落とさないでいるためには、筋肉に必要な栄養素を十分に補給しなければなりません。

筋肉に必要な栄養素は、ズバリたんぱく質になります。

また、たんぱく質の体内への吸収を促進するため、ビタミンも必須になります。

 

このためダイエット中は、食事の中でも、肉や魚、野菜をしっかりと食べるように意識してください。

 

特にたんぱく質は、最低でも自分の体重と同じだけのグラム数を食べるようにしましょう。

体重が60kgだったら、60gのたんぱく質といった具合です。

できれば、自分の体重×2のグラム数が理想的です。

 

カロリーオーバーにならないように気をつけながら、筋肉に必要な栄養素もバッチリ摂取していきましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?

 

ダイエットで、いつまでに何kg落としたいかが明確になっていると、その目標を達成するために多少の無理をしてしまいがちになります。

すると、運動をしていて筋肉痛になっても、そのまま続行してしまおうと考えてしまうかもしれません。

 

しかし今回の話で、筋肉痛のときには十分な休息が必要であることが、お分かりいただけたと思います。

ですので、運動は筋肉痛が治ってから再開するようにしてください。

 

ダイエットは、慌てず一歩ずつ進んでいくことが大事ですよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました