寝不足は習慣化の敵!ルーティンが乱れるのでしっかり睡眠をとろう!

寝不足は習慣化の敵!ルーティンが乱れるのでしっかり睡眠をとろう!

私は早寝早起きを習慣化していたのですが、最近夜更かしをしてしまいました。

このため、次の日はいつもより早く眠くなってしまい、夜のルーティンが乱れる結果となりました。

 

寝不足だといつものパフォーマンスが発揮できないので、しっかりと睡眠をとるべきだと再認識したところです。

そんなわけで、ルーティンと睡眠の関係について触れていきたいと思います。

 

寝不足は習慣化の敵!ルーティンが乱れるのでしっかり睡眠をとろう!

世の中の凄いなと思う人や、尊敬するような人は、みんな生活の中にいい習慣を取り組んでいますよね?

そこで私も、自分の成長のためにルーティンを取り入れることにしてみました。

 

今まで何をやっても長く続かなかった私ですが、どうにかこうにか現在は2つのルーティンを持っています。

それは、早寝早起きとストレッチになります。

どちらも、かれこれ続けてもうすぐ1年になります。

 

基本的にどちらも同じような時間帯に実施するのですが、あるとき夜更かしをしたことで状況が一変してしまいました。

一応、次の日の早起きは守ることができたのですが、ストレッチをいつ通りのメニューでこなすことができなかったのです。

 

私はストレッチを、いつも夜寝る前に行っています。

今回のケースでは、前日が寝不足だったため、ストレッチの途中で強烈な睡魔に襲われたので断念してしまいました。

 

寝不足だと明らかにパフォーマンスが落ちるし、翌日も早く眠くなってしまうので、とても普段通りに過ごすことはできません。

そんなわけで、毎日しっかりと睡眠をとることは、ルーティンを継続するためにとても重要なのです。

 

ルーティンを守るためには体調管理が重要

今回私は寝不足によりルーティンを乱すことになってしまいました。

そして、このことからわかったことは、ルーティンを守るためには体調管理がものすごく重要だということです。

 

ルーティンとは、基本的に毎日決まった同じ行動を繰り返すことです。

毎日同じことをするためには、毎日同じような体調でないと実践することができません。

 

睡眠をしっかりとって脳をきちんと休ませることも大事ですし、風邪などの病気も大敵となるわけです。

今回の反省から、より体調管理には気をつけなければいけないと思うようになりました。

 

ルーティンが乱れたときは直ちに修正しよう

寝不足で夜寝る前のストレッチが十分にできないことになってしまいましたが、それは僅か1日だけで済みました。

というのも、ストレッチができなかった日は、眠気に耐えきれずにぐっすり眠ってしまったことと、その翌日はさらに昼寝もして寝不足を解消したためです。

 

そのおかげで、ルーティンの乱れは1日だけですぐに修正することができました。

そもそも、約1年という長い期間続けてきた習慣だったので、きちんとやらないと気持ち悪さを覚えるレベルになっていたのも大きかったです。

このため、意地でもすぐに修正しようという気になりました。

 

ルーティンが身についたからこそわかるのですが、習慣の力というのは本当にすごいです。

いい習慣も悪い習慣も一度身につくと、なかなかそれを変えることはできません。

今までやっていたことをしばらくやらなくなると、やらないことが当たり前の習慣になってしまうのです。

 

ですので、せっかくいい習慣を身につけた人は、例えルーティンが乱れたとしても、直ちに修正すべきなのです。

 

まとめ

ある意味当たり前のことなのですが、睡眠不足になると、ありとあらゆるパフォーマンスが低下します。

翌日の仕事に影響するのはもちろんのこと、自分が毎日続けている習慣を実践することも難しくなります。

毎日のルーティンを大事にするのであれば、寝不足になることのないよう、しっかりと睡眠はとりましょう。

 

そんなわけで、私もまた早寝早起きの生活を継続して、夜寝る前のストレッチも続けていきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました