雨の日の自転車通勤・通学は?雨でも大丈夫!濡れない対策はコレ!

自転車通勤・通学をしているレディース&ジェントルメン!

みなさん毎日自転車を漕いでいることと思いますが、そんな日々の中でも困るのが雨の日!

雨のときばかりは自転車はやめて、仕方なく電車やバスで

通勤・通学しているという人が多いと思います。

ところが、この雨の日というのは非常に厄介で、雨だから公共の交通機関を

利用するという人がとても多いです。

実際に雨の日になると、普段の日と比べて、乗り物の乗車率が上がります。

そして濡れた傘をみんな持ってるので、それが自分の服にあたり濡れたりと、

雨の日の電車やバスは本当に嫌になるものです。

ましてや自転車通勤・通学に慣れてしまっている人にとっては、

イライラMAXのストレスとなること間違いないでしょう。

そんなときには自転車通勤・通学です!

え?雨の日に?という人がほとんどでしょうが、それができるんです。

確かに雨の日は、普段より危険度が増すため注意が必要ですが、

安全を意識していれば、自転車通勤・通学も可能なんです。

では雨の日にどのようにして自転車通勤・通学をすればいいのかをご紹介します。

 

雨の日の注意ポイント

滑りやすい

とにかく雨の日は路面が全体的に滑りやすくなっています。

タイヤも濡れるとグリップ力が落ちて滑りやすくなります。

マンホールの上、道路上の白線、排水溝上の金属部分など滑りやすいポイントが

たくさんあるので、そういった部分はなるべく走行しないようにしたほうがいいです。

なるべく通常の道路の上を走り、異なる部分や不要な段差は走らないようにしましょう。

 

スピードは普段より遅めに

自転車通勤・通学では朝の時間がないときには、ついついスピードを出しがちです。

雨の日でも普段の日と変わらないぐらい、自転車でスピードを出すこと自体は可能です。

スピードを出すこと自体は容易いですが、雨の日に止まることは、

普段の日よりも圧倒的に困難になります。

雨の日はとにかく路面も滑りやすく転倒しやすいので、スピードは必ず抑え目にしましょう。

普段よりもゆっくり走行するようにして、いつでも止まれるように心がけましょう。

 

ブレーキは早めに

雨の日はブレーキの効きも普段より悪くなります。

タイヤと路面の間の摩擦が普段よりないため、制動距離がかなり伸びます。

また、変なブレーキの効かせ方をすると滑って転倒することもあります。

必要な場合は早めに減速して、急ブレーキをするようなことがないようにしましょう。

前輪・後輪ブレーキの両方を使って、正しい止まり方をしてください。

 

人や乗り物の動きに注意

他の人や乗り物の動きに、普段よりも注意しましょう。

雨の日は、こちらも急に避けたり止まったりが難しいです。

周囲の動きをよく見て、ぶつかるようなことがないように気をつけましょう。

雨の日は道路の交通状況も悪くなっていることが多いです。

交通渋滞などになると、自動車も荒っぽい運転をする人が増えるので、

そういった自動車に巻き込まれないように注意してください。

間違っても交通事故などを起こさないようにしましょう。

 

時間に余裕を

雨の日は安全運転が第一です。

普段よりゆっくり走っても間に合うように、いつもより

早めに家を出発するようにしましょう。

時間に余裕があれば、ゆとりを持って走行できるので、より安全に運転することができます。

 

 

それでは次に、雨の日に自転車通勤・通学をするために必須となるアイテムをご紹介します。

雨の日に必須のアイテム

レインウェア

なぜみなさん雨の日を嫌がるのかといえば、当然服が濡れるからですよね?

ということで、レインウェアは必須です。

会社に行く前にずぶ濡れになってしまっては、仕事どころではありません。

言われるまでもないかもしれませんが、必ずレインウェアを着て

自転車通勤・通学をしましょう。

レインウェアには、上下に分かれたセパレートタイプのものや、

上からすぽっと被れるポンチョタイプのものなどがあります。

自転車通勤・通学するときの距離や自転車の種類によっておすすめは変わってきます。

クロスバイクで自転車通勤・通学をしている人は、ポンチョタイプはやめたほうがいいです。

スピードが出るので風でレインウェアがバタついてしまうのと、

下が広がるのでチェーンやギアに引っかかる可能性があります。

逆にシティサイクルに乗っている人や、自転車通勤・通学の距離が短い人は、

ポンチョタイプのレインウェアがいいと思います。

着る脱ぐのが楽なのと、下が空いているので通気性が良く蒸れません。

レインウェアは防水のため通気性が悪く蒸れやすくなるので、

そこは覚悟しておいてください。

傘をさして自転車に乗ることは大変危険なので、

間違ってもそれだけはしないようにしましょう。

 

防水性・耐水性の高いバッグ

ふつうのバッグだと雨が直接あたると中まで濡れてしまいます。

雨の日は、防水性や耐水性の高いバッグを使用するようにしましょう。

今は、デザインの優れた防水や耐水のバッグがたくさんあります。

ふだんの日に使っても差し支えないようなバッグもあるので、

自分が気に入るものを探してみてください。

 

フェンダー(泥除け)

クロスバイクで自転車通勤・通学をしている人は忘れずに自転車につけてください。

雨の日にフェンダーをつけ忘れると悲惨なことになります。

後頭部や背中が泥水まみれになることがないようにしましょう。

 

着替えと替えの靴の準備

なんだかんだ言っても雨が強い日には、完全に濡れないようにすることは難しいです。

そんな日には、替えの服と靴を用意しておいたほうがいいです。

そして自転車通勤・通学するときには、濡れても構わない服と靴で行くのです。

荷物が増えてしまうことが唯一の難点ですが、ある意味これが一番の雨対策になります。

 

雨の日はゆとりをもって自転車通勤・通学を

いかがでしたか?

やっぱり雨の日の自転車通勤・通学は大変だな~、と思いましたか?

まぁ、普段の日と比べたらやっぱり大変です(笑)

でも電車やバスの通勤だって、雨の日はふだんより大変でしょう?

車内は満員になりやすいし、交通渋滞だって起きやすいし、他の人の傘で服が濡れるし……。

個人的には、雨の日に公共交通機関を使うことの方がストレスが大きいです。

ただ、雨が強い場合は、さすがに公共交通機関を使いますが。

もしみなさんが雨の日にも自転車通勤・通学をしてみたいと思うなら

参考にしていただければと思います。

みなさんが思ってるほどハードルは高くないと思います。

必要なものだけ用意して、とにかく安全にだけ注意すれば、

雨の日でも問題なく自転車通勤・通学はできます。

自分の中でこれくらいの雨なら自転車で行こう、ここまで降ったら

公共交通機関を使おうっていうラインを作るといいと思います。

雨の日の自転車通勤・通学も無理なくできるのが一番です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました