確定申告の医療費控除の対象となる期間は?計算方法や必要書類など

確定申告の中でも一般的で、皆さんにも一番馴染みがあるのが

医療費控除ではないでしょうか?

1年間でかかった医療費が高かったり、家族がいたりする場合は、

この医療費控除の対象となる可能性が高いです。

今回は、この医療費控除について説明していきます。

 

医療費控除とは?

1年間でかかった医療費が高額になった場合には、所得から一定金額を控除することができ、

これを医療費控除といいます。

給与所得のあるサラリーマンは会社で年末調整をしますが、この医療費控除については、

年末調整の対象外となります。

このため、医療費控除をする場合は、例えサラリーマンでも確定申告が必要になります。

 

医療費控除の計算方法

自分や家族の1年間で支払った医療費の総額が10万円を超えた場合に、

医療費控除の対象となります。

ただし、1年間の合計所得額が200万円未満の人は、「所得金額×5%」の金額を超えた

場合に、医療費控除の対象となります。

しかし、実はこれだけではなくて、保険金などで補填される金額がある場合は、

その分は控除額から差し引かなければなりません。

具体的には以下のようなものがあります。

  • 子どもが生まれたときにもらえる出産育児一時金や配偶者出産育児一時金
  • 1か月の医療費が高額だった場合に一部払い戻される高額療養費
  • 入院したときに支給される入院給付金
  • 被扶養者の医療費に適用される家族療養費

主に健康保険や、個人的に加入している生命保険などから支払われるものですね。

また、医療費控除は控除限度額が200万円となります。

医療費がかかればいくらでも控除されるというわけではないのでご注意ください。

以上から、計算式は以下のとおりとなります。

医療費控除額=1年間の医療費ー保険金などで補填される金額ー10万円または年間所得×5%

 

申告できる支払った医療費の期間

医療費控除の確定申告するときは、申告する年分の1月1日~12月31日までに

支払った医療費を申告するようにします。

例えば2018年に確定申告をするなら、2017年の1月1日~12月31日までの間に

支払った医療費が対象となるわけですね。

ここで注意が必要なのは、治療を受けた年と支払いの年が異なる場合です。

2017年12月27日に治療を受けて、2018年1月4日に支払いをした場合は、

この分は2018年の確定申告分には含むことができません。

あくまで支払いをした日がいつかで判断するため、この場合は翌年の2019年の

確定申告分になります。

領収書や明細書をよく見て、支払った日がいつかを確認するようにしてください。

 

医療費に含まれるものと含まれないもの

医療費控除をするときに、病院で支払ったものは全て対象になるかというと、

そうではありません。

医療費として申告できるものと、そうでないものがあります。

基本的には、治療なのか予防なのかが判断基準となります。

このため、病気や怪我で病院にかかり医療費を支払った場合は、治療に該当するため、

医療費控除の対象となります。

しかし、予防接種や人間ドックなどの、予防や健康のために病院に支払った医療費は、

控除の対象とはなりません。

ただし、人間ドックで異常所見が見つかった場合は、治療の必要が発生するため、

この場合は人間ドックにかかった医療費も控除の対象となります。

また、治療のために病院へ通う際に公共交通機関を利用した場合は、その交通費も

医療費控除の対象となるため忘れないようにしましょう。

医療費の対象とできるのか判断に悩む場合には、国税庁に確認するようにしましょう。

 

申告のために必要となる書類

これまでは医療機関で支払いをした際にもらう領収書の原本が必須でした。

しかし、2018年の確定申告からは、領収書は必須ではなく、代わりに医療費控除の明細書を

提出すればいいことになりました。

1年間で病院に支払った領収書を全て集めて提出するのは大変だったため、

かなりありがたいことですね。

また、この医療費控除の明細書ですが、健康保険組合などが発行する「医療費のお知らせ」と

いう名前の医療費通知書を明細書の代わりとすることができます。

これによって、医療費控除の明細書への記入も省略できるため、医療費控除の申告が

かなり楽になったと言えるでしょう。

 

まとめ

いかがでしたか?

確定申告の医療費控除は、結構対象となる人が多いと思います。

また確定申告における手間もだいぶかからなくなっています。

1年間にかかる医療費をあらかじめ管理しておいて、必要があれば忘れずに確定申告し、

自分が支出しなければならない税金が少なくなるようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました