早朝の筋トレは食事も重要!効果が上がる朝食メニューとタイミング!

早朝の筋トレ効果を上げる朝食のタイミング

朝は忙しかったり食欲がなかったりで、朝食を抜いてしまっている人はいませんか?しかし体作りのために筋トレをしている人なら、その効果を倍増させるためにも朝食はとても重要になります。

そこで、筋トレの効果を上げる朝食メニューと摂り方についてご紹介します。

朝食の重要性

筋トレをしっかりしているのに、なかなか筋肉がつかないと悩んでいる人は、食事に問題があるケースが多いです。

特に朝食は1日の食事の中でも特に重要なものであるにも関わらず、大抵の人は疎かにしがちです。

筋トレをしている人にとって、なぜ朝食が重要なのでしょうか?

夜ぐっすりと眠って朝起きたばかりのときは、体内のたんぱく質が不足した状態になっています。これは、睡眠中に成長ホルモンが分泌され、筋肉の成長のために体内のたんぱく質を使用されるためです。

例え夕食をしっかり食べていたとしても、そのときに摂ったたんぱく質は朝にはすっかり消費されてしまっているのです。

たんぱく質の不足は筋肉の栄養源がない状態なので、これではいくら筋トレをしても筋肉はつきません。このため、朝起きてたんぱく質がなくなっている状態に対しては、朝食でしっかりと栄養補給してあげる必要があるのです。

 

おすすめの朝食メニュー

1日の食事の中で朝食がいかに重要なものかわかったところで、どんなものを食べればいいのか気になりますよね?

基本的な考え方としては、睡眠中に失われたたんぱく質と、脳への栄養分として糖質である炭水化物をしっかりと摂ることです。

手軽に食べられて消化吸収が速いものとして、糖質ならバナナ、たんぱく質ならヨーグルトがあります。どちらも朝食の定番といってもいい食べ物ですが、まさにおすすめの食べ物になります。

また、日本ではあまり多くないかもしれませんが、海外ではお馴染みのシリアルと牛乳の組み合わせも、手軽にバランスよく栄養を摂取できるのでおすすめです。慌ただしい朝の時間の中でも、簡単に用意して食べることができるので重宝しますよ。

きちんとした朝食を食べる時間がある人は、ご飯やパンの炭水化物、肉や魚などのたんぱく質、野菜や果物などのビタミンと、バランスのいい食事を摂りましょう。

たんぱく質を含む卵料理も短時間で用意できます。ゆで卵や目玉焼き、スクランブルエッグなどはすぐに作れるので、これらも朝食にはうってつけでしょう。

コンビニに売っているサラダチキンも、たんぱく質が豊富です。朝は時間が全然ないという人は、コンビニのサラダチキンを買って食べるというのもいいでしょう。

 

早朝筋トレの朝食のタイミング

仕事で忙しかったり、自分の生活リズムを考えると、筋トレをする時間は朝にしかとれないという人もいると思います。朝から体を動かして、1日を気持ちよく活動的に過ごしたいという人もいることでしょう。

筋トレを朝にすることには、筋力を鍛える以外にも様々なメリットがあります。このため、海外の高年収の人たちの中には、早朝筋トレを習慣にしている人がたくさんいます。

そんなおすすめの朝の筋トレですが、ここでも朝食が重要になってきます。朝に筋トレをする場合、朝食はいつ食べるべきかです。

朝起きたばかりのときは、体内のエネルギーがすっかりなくなっている状態です。このまま筋トレのような激しい運動を始めると、筋肉を分解してエネルギーを作り出そうとしてしまいます。これでは、せっかく筋トレをしても意味がありませんよね?

このため、筋トレの前にはある程度のエネルギーをチャージする必要があるのです。朝起きたらまずは、しっかりと水分をとり、消化吸収の早いバナナやヨーグルトを食べましょう。

そして、食べた分が体内のエネルギーとなり、体がしっかりと目覚めてから筋トレを始めるようにしましょう。寝起きは血流が悪く、体の筋肉も固まっているのでどうしても動きが悪くなります。そんな状態で筋トレを始めると、心臓への負担が大きく病気の原因となります。また、体がほぐれていない状態だと怪我をしやすくなります。

朝起きて簡単な食事を済ませてから、1~2時間経ってから筋トレを始めるようにしましょう。もちろん筋トレの前には入念なストレッチを行い、しっかりとウォーミングアップしてください。

そして、筋トレが終わった後に本格的な朝食を食べるようにしましょう。筋トレの前にしっかりと朝食を摂ってしまうと、消化吸収までに時間がかかってしまいます。食べてすぐの筋トレは、胃に負担がかかり消化不良などを起こしてしまいます。

朝の時間がたっぷりとあって余裕がある人は、起きた後にしっかりとした朝食を食べ、きちんと消化吸収されてから筋トレをしてもいいでしょう。これなら何の問題もありません。

基本的な流れとしては、「朝起きる→軽食→1~2時間後に筋トレ→朝食」とするのがおすすめです。このサイクルを生活に組み込むようにすると、自然と早寝早起きをしなければならなくなるので、健康的な生活が送れるようになります。

まとめ

いかがでしたか?

早朝に筋トレをする場合、朝食がいかに重要なものであるかがご理解いただけたと思います。

朝食は1日の3食の食事の中でも一番軽視されがちですが、実は一番重要なものです。寝ている間に消費してしまったたんぱく質をしっかりと補給し、1日の活動の源となるエネルギーをしっかりと摂取しましょう。

そして、早朝の筋トレを実践する場合には、朝食のタイミングにも注意しましょう。

朝食をしっかりと意識することで、筋トレの効果も上がります。きちんと朝食を食べて理想のカラダ作りに励んでください!

 

 

こちらの記事もおすすめです。

筋トレの時間帯は早朝がおすすめの理由!思いがけない付加効果も!

コメント

タイトルとURLをコピーしました