ストレッチで筋肉を伸ばすと痛い人が体を柔らかくする方法

ストレッチで筋肉を伸ばすと痛い人が体を柔らかくする方法

ストレッチで筋肉を伸ばすと強烈な痛みが生じることから、敬遠してしまう人がいます。

しかしこれは、今まで体を動かしてこなかったことに対するツケになります。

 

ですが、ストレッチが痛くて堪らないという人でも、体を柔らかくする方法があります。

このことについて、詳しく説明していきます。

 

ストレッチで筋肉を伸ばすと痛い人が体を柔らかくする方法

今までにあまり運動をしてこなかった人や、日常的に体を動かす機会が少ない人は、意外といると思います。

そのような人は、使われない筋肉が多いため、全身が硬くなっています。

 

このような状態でストレッチをすると、硬くなってしまった筋肉を伸ばすことになるので、かなりの痛みが生じることがあります。

ですが、こればっかりは仕方のないことになります。

今まで使ってこなくて硬くなってしまった筋肉は、伸ばそうと思っても、そう簡単に伸びるものではありません。

 

では、ストレッチをすると痛い人が、どうやって体を柔らかくしたらいいのかというと、やはりストレッチをするしかありません。

筋肉は伸ばす方向に力を入れれば伸びますが、何もしないで放っておくと自然に縮んでいってしまいます。

つまり、ストレッチにより筋肉を伸ばす動きをしない限り、筋肉は縮む一方で、決して伸びることはないのです。

筋肉が伸びるようにならなければ、体も柔らかくなりません。

 

ですが、だからといって闇雲にストレッチをすればいいというものでもありません。

ストレッチをすると痛みが生じる人にとっては、筋肉を伸ばすことは苦痛でしょう。

 

体を柔らかくするためのストレッチのポイントは、無理に伸ばさないことです。

体が硬い人が、柔らかい人のようなストレッチの姿勢をとることは到底できません。

ですので、自分ができる範囲でストレッチを行うようにしましょう。

 

その際に、自分のどこの筋肉が伸ばされているかを意識しながら行うようにすれば、少しずつ効果は出てきます。

 

体を柔らかくするための具体的なストレッチのコツについては、こちらを参考にしてみてください。

体が硬い人が柔軟性を上げるために効果的な正しいストレッチの方法

 

どんなに体が硬い人でも柔らかくなる

ストレッチをすると痛みが強いことから、自分の体が柔らかくなることなんて想像できないという人もいると思います。

 

実は以前の私も全く同じようなタイプで、全身の筋肉が硬く、ストレッチをすると痛くて仕方がありませんでした。

前屈をしても手は膝のちょっと下ぐらいまでしか届かず、開脚前屈をしようとすると反対に体が後ろに倒れてしまうほどだったんです。

 

しかし、そんな私でも正しいやり方でストレッチに取り組むことで、人並み以上の体の柔軟性を手に入れることができました。

 

このことから、たとえ今どんなに体が硬かったとしても、柔らかい体になることはできるといえます。

ですので、体が硬すぎてストレッチをすると痛いという人でも、諦めることはありませんよ。

 

ストレッチは何歳から始めても、体の柔軟性向上の効果はあるといわれています。

現に私もストレッチをまともに始めたのは30代後半に入ってからでしたが、今が自分の人生の中で一番体が柔らかいです。

 

自分の体の硬さや年齢は気にしなくて大丈夫なので、体が柔らかくなりたいという人はストレッチを始めてみてください。

 

焦らず諦めないことが重要

もし、体を柔らかくするためにストレッチに取り組むのであれば、忘れないでほしいことがあります。

それは、次の2つです。

 

  • 体はすぐには柔らかくならない
  • 体は絶対に柔らかくなる

 

ストレッチをある程度続けていると、必ず疑心暗鬼に襲われます。

「ストレッチをしているのに、全然体が柔らかくならない」

こんな風に思うときが出てきます。

 

ですが、そこでダークサイドに落ちないでください。

実感はもてないかもしれませんが、体は少しずつ柔らかくなっています。

 

そもそもストレッチを始めたからといって、そんなにすぐには体は柔らかくなりません。

ですので、短期間の効果を過剰に期待してはいけないのです。

 

ただし、中長期的な効果なら完全に保証できます。

ストレッチは始めてすぐに体が柔らかくなることはありませんが、継続すれば絶対に体は柔らかくなります。

 

ですので、ストレッチに取り組む人は、先ほど書いた2つのことを忘れないでほしいのです。

ストレッチは焦らず諦めないで取り組むことが重要なんですね。

 

まとめ

ストレッチをすると痛くて仕方がない人にとっては、

「本当にこれで体が柔らかくなるのか?」

と疑いたくなる気持ちもあると思います。

実際、私もそう思っていましたし、途中で挫折したことも何度もありました。

 

ストレッチをするときに痛みが強い人は、決して無理に伸ばしすぎないのがポイントです。

続けていれば少しずつ柔らかくなってきて、痛みも軽減していくので焦らずコツコツやりましょう。

 

最初は痛くて仕方がないと思っていても、正しいやり方でストレッチを続けていれば、どんなに体が硬い人でも柔らかくなりますよ。

ぜひ、焦らず諦めずにストレッチに取り組んでみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました