フラフープダイエットはくびれを作り太ももなどの下半身が痩せる!

フラフープダイエットはくびれを作り太ももなどの下半身が痩せる!

お腹周りや下半身が気になる人におすすめのダイエット方法があります。

それが、フラフープダイエットです。

 

リズミカルに腰を動かすことで、女性なら誰もが憧れるくびれを作ることができます。

下半身でバランスをとりながら行うため、太ももにも効きますよ。

 

そんなフラフープダイエットについて、ご紹介します。

 

フラフープダイエットはくびれ&太ももなどの下半身が痩せる

フラフープダイエットは、名前のとおりフラフープを回し続ける運動によって痩せる方法です。

 

フラフープは腰を動かして回すため、お腹の筋肉全体を使うようになります。

このためフラフープダイエットでは、普段あまり使われない脇腹の筋肉である腹斜筋や、インナーマッスルの腹横筋に刺激を与えるとができます。

これにより脇腹がシェイプアップされて、女性なら誰もが憧れる美しいくびれを手に入れることができるのです。

 

通常の腹筋運動などでは、お腹の前面にある腹直筋しか鍛えることができません。

くびれを手に入れたい場合は、ふつうの腹筋を繰り返すよりフラフープを回した方が効果が高いのです。

 

また、安定してフラフープを回し続けるためには、下半身でうまくバランスをとらなければなりません。

このため太ももの筋肉も刺激されて鍛えられます。

たるんだ下半身を引き締める効果も期待できるでしょう。

 

フラフープダイエットの嬉しい効果

フラフープダイエットならではの、期待できる嬉しい効果が5つあります。

1つずつ見ていきましょう。

 

体脂肪の燃焼

フラフープを回るという動きは、有酸素運動になります。

体内に酸素を取り込みながら行う有酸素運動には、脂肪を燃焼する働きがあります。

つまりフラフープダイエットは、ジョギングやウォーキングなどの運動と同じような効果があるということです。

フラフープはジョギングに近い消費カロリーがあるので、かなり脂肪燃焼効果の高い運動といえるでしょう。

 

代謝の向上

フラフープはバランスをとりながら行う運動になるため、体幹のインナーマッスルを鍛えることができます。

このため代謝が向上し、太りにくく痩せやすい体になります。

ダイエットをした後にも残る体質になるので、とても嬉しい効果ですね。

 

腰痛の予防

フラフープを回すという動きは、腰周りの筋肉を鍛えることができます。

中でも、天然のコルセットといわれる腹横筋を鍛えることは、腰痛予防にかなり効果的だと言われています。

 

運動不足により腰周りの筋力の衰えや、柔軟性の低下が腰痛の原因になるので、腰痛に悩まされる人にとってフラフープはとてもいい運動になりますよ。

 

骨盤の矯正

腰を動かすことは、骨盤を正しい位置に矯正する効果があります。

フラフープを回す動きが、骨盤体操になるんですね。

骨盤が正しい位置にくると、下っ腹が凹んだり、体調がよくなったり、体型がきれいになったりと、いいこと尽くめですよ。

 

便秘の解消

フラフープはお腹の筋肉を使うため、胃腸に刺激を与えられます。

このため、便秘の解消効果が期待できるというわけです。

フラフープダイエットで、毎日スッキリ気持ちよく過ごせるようになりますよ。

 

フラフープの選び方

ダイエット目的で行う場合には、フラフープも適切なものを選んだ方が効果が高くなります。

そこで、フラフープの選び方について説明します。

 

大きさ

まずフラフープの大きさは、直径が自分の足元から腰ぐらいまでのものを選んでください。

 

小さすぎるとフラフープを回すときの負荷が少なく、ダイエット効果が薄れてしまいます。

かといって大きすぎるものだと、フラフープを回すこと自体が難しくなり、継続して運動することができなくなります。

 

慣れてきたら大きめのものを試してみてもいいと思いますが、最初は適切な大きさのフラフープを手に入れるようにしましょう。

 

重さ

続いてフラフープの重さですが、だいたい500g~1kgぐらいのものを選んでください。

 

家に子ども用のがあるから代用しようなんて考えると、軽すぎてダイエット効果があまりなくなってしまいます。

それほど高いものではないので、きちんと購入するようにしましょう。

 

重い物の方が当然ダイエット効果は高いのですが、扱いづらかったり、回しているときにお腹が痛くなる場合があります。

実際にやってみるとわかりますが、長時間続けていると、だんだんお腹が痛くなってくるんですよ…

 

ですので、やはり重さも自分にとってちょうどいい適切なものを選んだ方がいいです。

 

組立式

フラフープは円形でそれなりの大きさがあるため、持ち運びや収納に意外と悩まされます。

 

「何も考えずに買ったはいいけど、どこにしまっておこう…」

なんてことにもなりかねません。

 

そこでおすすめなのが、組立式のフラフープです。

バラバラにすると複数の円弧になるため、かさばらなくなります。

まとめて鞄に入れたり、押入れなどの収納にもしまいやすくなりますよ。

 

フラフープをそのまま部屋に置いてあっても気にならない人は、別に通常のものでいいと思いますが、気になる人は組立式を選ぶといいでしょう。

 

正しいフラフープダイエットの方法

せっかくフラフープダイエットをするなら、効率よく痩せていきたいですよね。

正しいフラフープダイエットの方法について確認していきましょう。

 

フラフープの回し方

まずはフラフープを回すときの基本姿勢です。

両足を肩幅程度に開き、膝を軽く曲げて立ってください。

 

そうしたら、フラフープを背中側に当てた状態から、両手を使って勢いよく左右のどちらかに回します。

フラフープの回る動きに合わせて、腰を前後に動かしていきましょう。

 

うまくできれば、何分でも落とさずに回し続けることができます。

 

フラフープ初心者の人は、続けて回すことが難しいかもしれませんが、だんだんと慣れてきてできるようになってきます。

焦らず楽しく取り組んでみてください。

 

時間

ダイエットを目的とした場合、フラフープは右回し5分、左回し5分を1セットとして、計3セット行うといいでしょう。

 

左右両方に回すのは、体のバランスを崩さないようにするためです。

一方ばかりに偏ると、体の左右が非対称になる恐れがあるので注意しましょう。

 

時間が長すぎて難しかったり辛い場合には、自分の体力に合わせて、もっと少ない時間やセット数にしても構いません。

慣れてきたら徐々に増やしていけばいいでしょう。

 

有酸素運動は長時間続けた方が、脂肪の燃焼割合が高くなります。

それだけダイエット効果が高まるので、頑張ってみてください。

 

頻度

フラフープダイエットは、週3~4日ぐらいが適切です。

1日やったら1日休むような感じがいいですね。

あまりやりすぎても疲れがたまってしまうので、適度な頻度で長く続けられるようにしましょう。

ダイエットは継続が一番重要ですからね。

 

まとめ

いかがでしたか?

 

フラフープは子どもの頃にはやっていたけど、大人になってからは全くやってないという人がほとんどだと思います。

しかし、遊びとしてやっていたフラフープは、実はダイエットにとてもいい有酸素運動なのです。

 

腰にくびれが欲しい!

太ももなどの下半身を引き締めたい!

 

そんな人は、フラフープダイエットを試してみてください。

長時間回し続けられるようになると、意外とクセになって楽しく続けられるますよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました