溜まった平日の疲労をスッキリ解消!疲れを取る休日の過ごし方!

溜まった平日の疲労をスッキリ解消!疲れを取る休日の過ごし方!

仕事で忙しい社会人は、平日に疲労が溜まってしまうもの。

翌週もパワフルに活動できるように、休日にしっかりと回復したいですよね。

 

ですが、ただダラダラと休日を過ごしていても、意外に疲れは抜けないものです。

 

そこで、スッキリと疲れを取るための休日の過ごし方をご紹介します。

 

なぜこんなにも疲れが溜まるのか?

毎日のお仕事、お疲れ様です。

本当に日々疲れますよね。

私も他人事ではありません。

 

疲れが体に溜まって抜けない人は、自分はなんでこんなにも疲れているんだろうと思ったことはありませんか?

もちろん毎日が忙しいからというのが主な理由なのでしょうが、恐らく原因はそれだけではありません。

 

疲れが抜けない人は、うまく休むことができていないのです。

忙しい人でも、定期的にうまく休めている人は、上手に疲れを取ることができています。

 

ですから、平日頑張っている分、休日の過ごし方というのがとても大事になってくるのです。

疲れが抜けない人は、休日に休んでいるつもりでも、実は休めてないわけです。

 

疲れを溜めないようにするコツは、休日にしっかりと疲れを取るようにすることです。

そのためには、溜まった平日の疲れを解消できるような休日の過ごし方が重要になってくるのです。

 

溜まった平日の疲労をスッキリ解消!疲れを取る休日の過ごし方!

仕事で頑張って溜まった疲れは、しっかり取るようにしないと、どんどん蓄積されていってしまいます。

疲労で押し潰されることのないように、休日にスッキリと疲れを解消しましょう。

休日に疲れを取るためには、次のような過ごし方がおすすめです。

 

早寝早起き

休日になると、平日忙しくて何もできなかった分、つい夜更かしをしてテレビや動画を見たりしてしまいがちです。

 

しかし、夜更かしをすると当然、次の日は朝に起きられず昼ぐらいまで寝てしまうようなこともあるでしょう。

このように生活リズムが狂ってしまうと、元に戻すのが大変になります。

 

これでは休日に好んでわざわざ疲れているようなものです。

 

残業や接待などで遅くなり、平日は早く寝ることも難しいという人もいると思います。

だからこそ、休日ぐらい夜早く寝てしっかりと睡眠をとるようにしましょう。

疲れているときは、何よりも寝るのが一番です。

 

やりたいことがあるなら、次の日の朝に早く起きてからやるようにしましょう。

朝早く起きると1日が長くなるので、十分やりたいことができますよ。

 

軽めの運動

最近は、仕事はデスクワーク中心で、体を動かす機会がほとんどないという人が増えています。

このような人は、慢性的な運動不足で体がなまってしまっています。

 

多少は体を動かした方が気分転換にもなり、肉体的にも精神的にも疲れがとれやすくなります。

アクティブレストといって、積極的に体を動かすことで疲労を回復させる方法ですよ。

平日に全く運動ができない人は、休日には軽めの運動をするようにしましょう。

 

ウォーキングやジョギングなどの、足を使う運動がおすすめですよ。

足を使った運動は、脳の活性化にも効果がありますからね。

 

スマホを触らない

時間がちょっとでもあれば、ついつい触ってしまうのがスマホです。

これ1台で手軽に何でもできてしまうのでとても便利なのですが、その反面、情報過多になり脳を疲れさせてしまいます。

 

スマホのやり過ぎは、典型的な疲労を溜める悪い例です。

そこで、休日は思いきってスマホを絶ってしまいましょう。

 

「スマホがない生活なんて考えられない!」

なんて思うかもしれませんが、やってみると案外大丈夫なものです。

 

昔はみんな持ってなかったんですから、スマホに縛られる生活から解放されてみましょう。

ダラダラとネットをしたり、他人のSNSをチェックして羨んでいるような時間を、もっと有意義に使えるようになりますよ。

 

ゆっくり湯船に浸かる

平日は忙しくて、お風呂をシャワーだけで済ませている人も、時間のある休日はゆっくりと湯船に浸かるようにしましょう。

 

湯船に浸かると体の芯から温まり、全身の疲労が抜けていくのを実感できますよ。

たまに湯船に入ると、思わず「ふぅ~っ」と息がもれるほど、気持ちよくなりますよ。

 

温泉に行くのもいいですが、自宅の湯船でも十分リラックスできますよ。

お気に入りの入浴剤を見つけて、それを入れて湯船に入るのを週末の楽しみにするのもオツなものですよ。

 

ストレッチをする

仕事をしていると、毎日同じような姿勢を続けていたり、あまり体を動かさなかったりすることが多いものです。

すると、全身の筋肉が硬くなり、体内の疲労物質もなかなか排出されにくくなってしまいます。

 

ふだんストレッチをする習慣がない人は、休日にはぜひやってみてください。

凝り固まった筋肉を伸ばすと、とても気持ちいいですよ。

 

ストレッチには疲労回復だけでなく、リラックス効果、コリの解消、怪我の予防など、様々な嬉しいメリットがあります。

私個人的には毎日やるほどおすすめなので、ぜひお試しください。

 

疲れを取るには休日の習慣が重要

ここまでで、疲れを取るための休日の過ごし方はおわかりいただけたと思います。

しかし、休日のうちの1日や2日をこのように過ごしただけでは、またすぐに疲れは溜まってしまいます。

 

しっかりと疲れを取り、かつ溜め込まないようにするためには、疲れを取る休日の過ごし方を習慣化することが重要です。

 

特に、早寝早起きや軽めの運動は、ぜひとも休日のたびに実践するようにしてください。

基本的に休日はこのように過ごし、残りの時間を自分の好きなことに使うようにしましょう。

 

運動やお風呂にちょっと時間を使うだけなので、たっぶりとまだ時間はあります。

やりたいことも十分にできるので心配いりませんよ。

 

ただひたすらに自分のストレス発散だけを考えるのではなく、体を労わることを忘れずに、疲れを取る休日の過ごし方を心がけるといいですよ。

 

まとめ

いかがでしたか?

あなたは自分の疲れが取れるような休日の過ごし方をしていましたか?

 

私は若い頃は、次の日が休みとなると、必ず夜更かしをしてゲームやネットサーフィンに明け暮れていました。

その結果、毎日疲れを感じていて、いつも元気がないような状態でした。

休日に自分の好きなことをして思う存分楽しんでいたのですが、疲れは溜まる一方だったんですね。

 

しかし、このままではいけないと思い、どうしたら疲れが取れるのかを考えて、今回ご紹介した方法を実践するようになりました。

それからは、平日に疲労が溜まっても、休日に疲れが取れるようになりました。

 

ちょっとした生活改善で疲れの取れ方は全く違ってきます。

いつも疲れているという人は、今回ご紹介した方法を参考にしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました