【ママも安心】自転車の雨の日対策!顔が濡れない方法は?

自転車の雨の日対策!顔が濡れない方法

通勤や通学、幼稚園・保育園の送迎など、毎日のように自転車に乗る人はたくさんいると思います。

そんな自転車利用者が一番嫌なのが雨の日ですよね?

雨の日に自転車に乗ると、当然いろいろなところが濡れます。

自転車の雨対策となると、体が濡れないようにすることに注意がいきがちです。

ところが、雨の日に実際に自転車に乗ってみると顔がすごく濡れることに気づきます。

雨が目に入り不快で、視界も悪くなり、とても運転しづらくなります。

 

私も自転車で片道30分ぐらいかかるところまで行き、いざ帰るときになったら雨が降っていたことがありました。

そのときは雨対策の道具を何も持っていなかったため、全身濡れながら帰りました。

体が濡れるのは、ある程度までいってしまうと諦めがつくのですが、顔が濡れるのは鬱陶しいことこの上なく、家に帰りつくまで終始嫌な思いをしました。

 

そんな雨の日に快適・安全に自転車に乗れるように、顔が濡れない方法をご紹介します。

 

自転車の雨の日対策!顔が濡れない方法は?

自転車で雨の日に顔が濡れない方法

雨の日に自転車に乗るには、やはり雨に濡れないような道具を使う必要があります。

真っ先に思いつくのがレインコートでしょう。

コンビニや百均ですぐに手に入るような安いレインコートもありますが、今は実に様々な種類のレインコートがあります。

レインコートを選ぶ基準としては、防水性・透湿性・撥水性・耐久性が高いものが品質として優れたものになります。

ただ、普通のレインコートだと、フードはついていて頭が濡れないようにはなっているのですが、顔まではカバーされていません。

ところが、中にはバイザーつきのレインコートもあり、顔が濡れないようになっている商品もあります。

自転車の雨の日対策として、これからレインコートを買う人は、そういった商品を検討してみるといいでしょう。

 

すでにレインコートを持っているけど顔まではカバーできていない人や、雨で顔が濡れるのがどうしても気になる人は、レインバイザーがとてもおすすめです。

 

ちなみに、たまに見かけますが、傘をさしながら自転車を運転する人がいます。

自転車の傘さし運転は、自分だけでなく周囲の人にも迷惑をかけ大変危険です。

絶対にやめましょう。罰金の対象にもなります。

 

レインバイザーを活用する

レインバイザー

雨の日に自転車に乗っていて、顔が濡れないようにする方法としては、レインバイザーを活用することが一番効果的です。

夏などの日差しが強い時期に使っている人もいるサンバイザーがありますよね?

レインバイザーは、サンバイザーの雨の日版だと思ってもらえればOKです。

サンバイザーは直射日光を避けて視界をよくするために色がついていますが、レインバイザーは無色透明です。

大きいものになれば顔全体をすっぽりと覆ってくれて、雨を完全にシャットアウトし、クリアな視界も確保してくれます。

レインバイザーを使えば、雨の日でも顔が濡れることがなく、快適かつ視認性も確保して自転車に乗ることができます。

雨の日の自転車は嫌な気分になりがちですが、レインバイザーを使って、少しでも快適に安全に自転車に乗るようにしましょう。

 

ママが気になる!雨の日のメイク崩れも防げる

ママが気になる!雨の日のメイク崩れも防げる

レインバイザーを使って、雨の日に自転車に乗っても顔が濡れないことは、快適であり嬉しいことです。

男性でも顔が濡れるのは嫌なものですが、女性はメイクをするためさらに気になることでしょう。

 

通勤・通学で自転車を利用している場合なら、雨の日は公共交通機関を利用するという手もあります。

 

しかし、子どもを幼稚園や保育園に送迎しているママは、雨の日でも自転車を使わざるを得ないという人もいると思います。

そんなママたちは、雨の日に自転車に乗ると、顔が濡れてしまいメイクが崩れてしまうという悩みを抱えていることもあるでしょう。

実際に雨の日に幼稚園へ子どもの送り迎えにいくと、そんな声が聞こえてきます。

 

そういう人こそ、ぜひレインバイザーを試してみてください。

実際に使ってみると、顔が濡れないのでメイク崩れもあまり気にならなくなるはずです。

ただ雨の日を湿気が多いのと、レインコートを着ていることで蒸れやすいので、雨の日メイクは薄目がよさそうです。

 

自転車の雨の日対策!顔が濡れない方法まとめ

雨の日に自転車に乗っても、顔が濡れない方法をまとめる次のようになります。

  • バイザーつきのレインコートを着る
  • レインバイザーを着用する

見た目はちょっとよくないかもしれませんが、雨の日に自転車に乗るなら、何よりも快適性と安全性が重要だと思います。

最初は恥ずかしい気がするかもしれませんが、使っていれば慣れてくるし、周りの人もそこまで見ていないものです。

雨の日の自転車でも、少しでも気持ちよく乗れるようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました