高橋克典さん直伝!股関節回しの楽痩せ体操でダイエット効果抜群!

ダイエット効果抜群の股関節回し

ダイエットに苦戦する皆さんに朗報があります。なんと、股関節を回すだけの簡単な体操で痩せることができるのです。

この体操は以前、フットボールアワーの後藤輝基さんと日本テレビのアナウンサー羽鳥慎一さんがMCを務める日本テレビの番組「得する人損する人」で、高橋克典さんに紹介されていました。

高橋克典さんご自身は、元プロサッカー選手の中田英寿さんから教わったそうです。

股関節回しは番組中で「ラクやせ体操」と呼ばれていて、この体操は、腰骨と股関節をつなぐ筋肉である腸腰筋を鍛えることができます。腸腰筋をたくさん使っているとインナーマッスルが鍛えられ、お腹周りが引き締められるのです。

今回は、みんなが気になるこの股関節回し「ラクやせ体操」について、ご紹介します。

 

腸腰筋って何?

みなさんは腸腰筋というものを聞いたことがありますか?

大胸筋や広背筋などのメジャーな部位の筋肉は聞いたことがあるでしょう。筋トレでもおなじみの筋肉ですからね。

しかし腸腰筋というのは、ふつうの人はあまり知らないと思います。筋トレで一般的に鍛える筋肉でも、腸腰筋というのはなかなか出てきません。

腸腰筋とはどこの筋肉かというと、背骨から足の付け根にかけてを結ぶ大腰筋と、骨盤と足の付け根を結ぶ腸骨筋、小腰筋を合わせた筋肉のことをいいます。

上半身と下半身を結ぶとても重要な筋肉で、かなり大きな筋肉になります。

体の深層部にあるインナーマッスルで、脊柱を安定させ、美しい姿勢を保つのに重要な筋肉になります。

 

股関節回しでなぜダイエット効果があるの?

そもそも股関節を回しているだけで、なぜダイエット効果があるのでしょうか?あまり痩せることとは関係なさそうですよね?

ところが実はそうではないのです。

股関節を回すと、先ほど説明した腸腰筋を鍛えることができるのです。腸腰筋をたくさん使っていると、インナーマッスルが鍛えられ、これによりお腹周りを引き締められるのです。

また、腸腰筋を鍛えることは、骨盤の位置を矯正することにも繋がります。

骨盤が本来の正しい位置にくると、全身のボディバランスが整いやすくなります。そうなると、骨格や内臓、筋肉なども体本来の正しい位置にくるようになるため、体型の崩れを戻すことができるのです。

骨盤のズレにより内臓が下がって、下腹がぽっこりお腹になってしまっている場合なんかは効果抜群です。

腸腰筋は大きな筋肉なので、鍛えることで基礎代謝を向上させることもできます。これにより痩せやすく太りにくい体を手に入れることもできるのです。

 

ダイエット効果抜群のラクやせ体操“股関節回し”のやり方

それでは、誰でも簡単にできる「ラクやせ体操」、股関節回しのやり方を説明します。

  1. 両手を壁につけて、前傾姿勢をとる。
  2. 片足を上げて、外側から内側に5回まわす。終わったら、反対の足も同様に5回まわす。
  3. 2と同じように片足を上げて、今度は内側から外側に5回まわす。終わったら、反対の足も同様に5回まわす。

以上です。

とても簡単ですね。左右の足で内側外側に合計で20回まわすことになります。

1日30秒という短時間でも、やれば効果はあるといわれていました。

参考までに 下記の動画でも、やり方をご確認ください。

高橋克典さんは、これを1日に200回やっているそうです。中田英寿さんにいたっては、1日に1,000回もやっているとのことでした。

自宅でテレビを見ながらとか、外出中の空き時間にちょっととか、時間を見つけて簡単にできる体操なので、継続することも難しくないのが大変いいところですね。

 

まとめ

いかがでしたか?

高橋克典さん直伝の「ラクやせ体操」は、いつでも誰でもとても簡単にできる体操でした。

毎日気軽に股関節回しで腸腰筋を鍛えて、ダイエットを成功させましょう。

 

 

こちらの記事もおすすめです。

男性でも細くしたい!引き締まった下半身を手に入れるダイエット方法

コメント

タイトルとURLをコピーしました