妻の誕生日の過ごし方!夫婦円満でいられるおすすめの方法

妻の誕生日の過ごし方!夫婦円満でいられるおすすめの方法

結婚されてる男性の皆さん。

奥さんの誕生日はどのようにお過ごしですか?

 

彼氏彼女の間柄のときには、しっかりお祝いしていたけど、結婚して年数が経つほど適当になっていないでしょうか?

 

末長く夫婦円満でいるためには妻の誕生日の過ごし方は、とても大事です。

 

さも知ったようなことを言ってますが、私自身、過去に妻の誕生日の過ごし方で大失敗をしております。

 

そこで私が得た教訓を基に、私の実例を交えて、妻の誕生日のおすすめな過ごし方をご紹介します。

 

全国の妻帯者である紳士諸君が私と同じ過ちを犯さないためにも、ぜひご一読いただきたいです。

 

【超重要】誕生日の捉え方は男と女では天と地ほど違う

【超重要】男と女では誕生日の捉え方が天と地ほど違う

まず大前提として、男と女では誕生日への思い入れが天と地ほど違うということを理解しておきましょう。

 

男性の場合は例え自分の誕生日を迎えても、

 

「今日は誕生日か。さてと、今日は出張だから急いで準備しなきゃな~。」

 

こんな感じです。

 

自分の誕生日に気づいて、次の瞬間にはもう誕生日のことは考えてません。

はっきりいって、誕生日なんてどうでもいいと思ってるんです。

 

これが女性だと、

 

「今日は誕生日だ。どんなお祝いしてもらえるのかな?プレゼントはなんだろう?すごく楽しみだな~!」

 

といった具合になります。

この考えは、年齢がいくつになっても変わりません。

 

誕生日は1年に1回の特別な日で、他の日とは全く別の日になるのです。

 

多くの男女は、この考え方の違いをわかっていません。

知ってはいるかもしれませんが、お互いに理解しきれていないのです。

 

「男と女で誕生日の考え方が違うことぐらいわかってるよ。」

という人。

 

その考え方の違いは、あなたが思ってる100倍ぐらいかけ離れていると思ってください。

 

あなたの奥さんは、自分の誕生日を祝ってもらえることを期待しています。

結婚もしたし、ある程度年齢も上がったし今さらと思うかもしれません。

しかしそれでも期待しているのです!

 

このあまりに大きなギャップがあることを正しく認識していないがために、妻の誕生日に大失敗してしまう夫が後を絶たないことを、よく知っておいてください。

 

妻の誕生日は仕事における接待のつもりで

妻の誕生日は仕事における接待のつもりで

誕生日における夫と妻の捉え方の違いは、ご理解いただけましたか?

そうしたら、自分の妻の誕生日は、仕事における接待をするつもりで臨みましょう。

 

本当の接待のように、変に相手を持ち上げたりする必要はありません。

ただ、ふだんは気にとめないようなところに注意を払いましょう。

 

自分の妻がしてくれたちょっとしたことに「ありがとう」を言ったり、やりたがらないことを代わりに引き受けたりすると喜ばれます。

 

妻の誕生日にやりすぎて失敗することは、まずありません。

失敗するときは、やらなすぎるときだけです。

 

 

私の場合ですと妻の誕生日に、

 

  • いつもと同じ家の食事
  • ケーキを買ってこない
  • プレゼントを誕生日当日までに用意しない

 

この3連コンボを決めたことがありますが、強烈なジョルトカウンターが返ってきました。

そのときの妻の口撃は破壊力抜群で、完全ノックアウトを食らっております。

 

他人がやってることを客観的に見ると、それはまずいでしょ!と思えませんか?

しかし、意外とこれと同じようなことをやってしまっている人がいるのです。

 

これは接待でいえば、相手をファミレスに連れていき、支払いを割り勘にするようなものです。

相手を怒らせて当然ですよね?

 

妻の誕生日は特別な日だと認識し、細かい気配りを心がけましょう。

 

末長く夫婦円満でいるための妻の誕生日の過ごし方

末長く夫婦円満でいるための妻の誕生日の過ごし方

妻の誕生日に対する心構えはできたでしょうか?

ここからは、末長く夫婦円満でいられるための、妻の誕生日の過ごし方をご紹介します。

 

全部私が実践して、好印象な結果を残しているものですよ。

 

ふだん行かないお洒落なお店を予約する

これはもう定番中の定番ですね。

奥さんの誕生日は、ふだんは行かないようなお店を予約して食事にいきましょう。

 

いつもと違う雰囲気を簡単に演出することができます。

 

食事だとある程度まとまった時間、お店にいることになります。

 

ちょっとした非日常の空間にそれなりの時間いることになるので、それだけで特別な日という印象が強くなります。

 

個人的に、妻の誕生日に何か1つだけやるなら、これが一番おすすめです。

 

食事の前に乾杯して、「誕生日おめでとう」の一言を沿えるだけでバッチリです。

 

おいしい食事は誰もが喜ぶので、面倒くさがらずに是非やってみてください。

一緒に行くんですから、自分だっておいしい食事にありつけますよ。

 

誕生日プレゼントを渡す

お小遣い制とかで、金銭的に余裕がない人も多いと思います。

 

ただ、プレゼントは別に高級なものである必要はありません。

 

相手を思う気持ちが大事なので、頑張って奥さんが喜びそうなものを選んでみましょう。

自分のために頑張ってプレゼントを考えてくれたということを、嬉しく思ってもらえるものです。

 

それでもプレゼントを選ぶセンスに自身がなくて、相手をがっかりさせてしまうことが心配なら、思いきって何が欲しいか聞いてしまいましょう。

 

自分の奥さんなら、あなたの懐事情だってよくわかっているので、それに見合ったほしいものを言ってくれるはずです。

 

このときのテクニックとして、誕生日の半年前ぐらいにリサーチしておくと効果的です。

そして、誕生日当日に欲しがっていたものをスッと渡すのです。

 

すると、前に言ったことを覚えてくれていたことに喜んでくれます。

人は、自分が言ったことを覚えていてもらえると、相手が自分に関心をもっていると思います。

 

リサーチしたことは忘れないように、こっそりスマホにでもメモを残しておきましょう。

 

花束を送る

ドラマや映画の中だけのように思うかもしれませんが、花束もかなりおすすめです。

花が好きな女性は多いので、ぜひ一度花束を送ってみてください。

 

中には指定した日に花束を家まで届けてくれるサービスもあります。

サプライズにもなるので、そういうのが好きな人ならとても効果的ですよ。

 

ちなみに花は、お手入れが大変だから嫌だという人もいます。

あなたの奥さんが、そのタイプならやめておきましょう。

 

花が好きか嫌いかわからない場合は、とりあえず1回やってみてください。

喜んでもらえたらラッキー、駄目だったら次からやらなければいいだけです。

 

手紙を送る

女性は男性に比べて、手紙が好きです。

ふだんは手紙なんて書かない人が多いと思いますが、だからこそとても効果的なんです。

 

誕生日という特別な日なので、せっかくだから手紙を書いてみてください。

 

特に、感謝の気持ちや愛情を直接言葉で伝えることが苦手な人は、ぜひ手紙に書いて送りましょう。

 

誕生日プレゼントに手紙を沿えると、効果抜群です。

 

家事を全て引き受ける

奥さんの誕生日に細かな気づかいができると、ポイントが上がります。

 

特に家事なんかは、ふだんは奥さんのほうが比率が多くなりがちではないでしょうか?

 

奥さんの誕生日には、家事を引き受けてゆっくりさせてあげましょう。

ふだんの家事の大変さがわかり、感謝の気持ちが自然とわいてくると思いますよ。

 

まとめ

妻の誕生日の過ごし方!夫婦円満でいられるおすすめの方法まとめ

いかがでしたか?

 

奥さんの誕生日は、基本的に定番のことをやっておけば間違いありません。

要はそれを何歳になっても毎年やるかどうかです。

 

結婚生活が続くとマンネリ化して、なぁなぁになりがちです。

しかし、そこで気を緩めないようにしましょう。

 

妻の誕生日をお祝いすることは、当日に嬉しい気持ちにさせるだけでなく、その先の夫婦関係への投資になります。

反対に、妻の誕生日をないがしろにすると、負債になります。

 

末長く夫婦円満でいるためにも、妻の誕生日はきちんとお祝いしてあげましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました