体内酵素を増やす食べ物を摂って痩せやすく疲れにくい体になろう!

体内酵素を増やす食べ物を摂って痩せやすく疲れにくい体になろう!

「ダイエットを頑張っているのにイマイチ痩せない」

「最近すぐに疲れてしまう」

 

こんな悩みはありませんか?

 

もし当てはまるようであれば、体内の酵素が不足しているかもしれません。

不足している酵素を補うためには、体内酵素を増やす食べ物を食べるといいです。

 

そこで、体内の酵素のことと、それを増やす食べ物について説明していきます。

 

体内に酵素がたくさんあると痩せやすく疲れにくい

食べ物には食物酵素と呼ばれるものが含まれていて、それが体内に入ってくることによって消化酵素や代謝酵素の代わりにそれぞれの働きをしてくれます。

このため食物酵素を多く体内に取り入れることで、体の中にある消化酵素や代謝酵素の消費を抑えることができるのです。

 

体の中に消化酵素や代謝酵素がたくさんあると、食べ物を消化するために疲れてしまうことや、体内に蓄積されたエネルギーがなかなか消費されないといった事態を改善することができます。

つまり食物酵素を多く摂ることは、必然的に痩せやすく疲れにくい体になるわけです。

 

ですので、体内酵素を増やす食べ物を摂って体内の酵素を増やすことが、ダイエットや疲労対策につながってくるのです。

 

体内酵素を増やす食べ物

酵素にはものすごくたくさんの種類があり、単純に食物酵素を口に入れたとしても、それだけでダイエットや疲労軽減の効果があるとは限りません。

大切なことは口に入れる食物酵素が、消化を助ける働きのある酵素であることです。

食物酵素で消化を補うことで、体内の酵素を温存し代謝酵素として使える量を増やすことができます。

こうして初めて、ダイエットや疲労軽減の効果が生まれるわけです。

 

では一体、消化を助ける働きがあり、体内酵素を増やす食べ物にはどのようなものがあるのでしょうか?

主な食べ物は、「果物」「野菜」「発酵食品」になります。

 

中でも、普段の食卓に加えやすくて比較的食べやすくおすすめなものが、キウイに含まれる「プロテアーゼ」、大根に含まれる「ジアスターゼ」、納豆に含まれる「ナットウキナーゼ」です。

どれもリーズナブルで簡単に食べられるものなので、毎日の食事に積極的に加えていきましょう。

 

酵素を効率的に取り入れる食べ方

食べ物を食べて体内酵素を増やすにあたって、どうせなら効率よくたくさんの酵素を摂りたいですよね。

実は酵素を効率的に摂りたい場合、食べ方によって大幅に違いがあるのです。

 

生のままで食べる

好きな食べ方で酵素を体内に取り入れたいところですが、酵素には実は熱に弱いという特性があります。

このため加熱調理して食べようとすると、食品に含まれる酵素はなくなってしまい、体内に摂取することができなくなってしまいます。

 

ですので、食べ物から酵素を得ようとするときには、熱を通さず生のまま食べるようにしましょう。

果物や発酵食品は問題ないかもしれませんが、野菜は熱を通して食べることが多いと思いますので注意してください。

 

すりおろして食べる

果物や野菜に含まれる酵素は、もともとの状態では細胞壁によって閉じ込められています。

このため、そのまま食べても十分に酵素を得ることができません。

 

そこで、果物や野菜を食べるときに、すりおろして食べるようにしてみましょう。

すりおろすことによって、細胞壁に隠れていた酵素が表に出てきて、すりおろす前に比べて約3倍の量の酵素を摂取できるといわれています。

また、果物や野菜の皮にもたくさんの酵素が含まれているため、皮ごとすりおろして食べるとよりたくさんの酵素を摂取することができますよ。

 

食事の最初に食べる

果物や野菜を食事の最初に食べるようにすると、空腹の状態であるため吸収率もよくなります。

さらに、酵素と一緒に補酵素であるビタミンやミネラルを摂ることで、酵素の働きがよくなるのです。

また、野菜を最初に食べるようにすると血糖値の急上昇を抑制することができるため、ダイエットの観点からいってもおすすめな食事法になります。

 

まとめ

いかがでしたか?

 

最近痩せにくかったり疲れやすいという人は、体内酵素が不足しているかもしれません。

 

気になる人は、体内酵素を増やす食べ物を食べて体の調子を整えるようにしましょう。

その際には、食べ方まで気を配ると、より体内酵素の量を増やすことができますよ。

 

酵素を増やして、健康的で元気な体を手に入れましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました