アラフォー男性が体幹トレーニングのプランクを続けたときの効果

アラフォー男性が体幹トレーニングのプランクを続けたときの効果

体幹トレーニングの有名なものの1つにプランクというものがあります。

パッと見た感じでは、一体何が鍛えられているのかよくわかりませんが、実際にやってみるとそのキツさがよくわかります。

 

アラフォー男性がこのプランクを続けたときに、体にどのような効果があるのか?

 

体幹トレーニングとは?

体幹とは、胸や肩や背中、お腹や股関節周りなど、体の中心部分のことを言います。

首から上、腕や足は体幹には含まれません。

 

体幹トレーニングとは、これらの体の中心にある筋肉を鍛えることになります。

 

体幹を鍛えると体全体のバランスがとれて、安定した動きができるようになります。

スポーツならフォームが綺麗になったり、パフォーマンスが上がることが期待できます。

 

日常生活においても、体が安定することで姿勢がよくなり、腰痛などの予防になります。

転倒して怪我をするようなリスクも減るでしょう。

また、筋肉がつくことで疲れにくくなり、引き締まった体つきにもなれます。

 

正しいプランクのやり方

体幹トレーニングの中でも、もっともメジャーだと思われるのが、プランクです。

サッカーの長友選手がトレーニングに取り入れていたことからも、一気に広まりましたね。

プランクという言葉を一度は聞いたことがある人も多いでしょう。

 

さて、そんなプランクですが、やり方はいたって簡単で次のとおりになります。

 

  1. 両肘を床につけた状態で、うつ伏せになる
  2. 両足を肩幅ぐらいに開き、腰を浮かせる
  3. その姿勢のままキープする

 

たったのこれだけです。

 

「えっ?そんなのすごく簡単じゃん!」

と思うかもしれませんが、いざ実際にやってみると、結構キツくて自分が思っている程はできないはずです。

 

ちなみに、プランクをするときには注意するポイントがいくつかあります。

 

  • お尻を高く上げない
  • 頭・肩・腰・膝・踵が一直線になるように姿勢をキープする
  • 目線は常に床を見るようにして、頭を動かさない
  • 全身に力が入っているのを意識しながら行う

 

これらの点を意識しながら行うことで、プランクによるトレーニング効果は、より一層高まります。

 

よくある駄目なパターンが、お尻が高く上がった姿勢になってしまうことです。

キープする時間を増やすために、無意識に楽な姿勢をとってしまうんですね。

ですがこれは、注意すべきポイントに入っているので気をつけるようにしましょう。

 

アラフォー男性がプランクを続けたときの効果

正しい姿勢でプランクをやると、本当にキツいんですよね。

ここだけの話、私なんかはじめてやったときは10秒しかできませんでした。

 

プランクは1分キープできるようになれば、1つの合格ラインのようですが、正直そんなに長い時間できる気がしませんでした。

 

しかし、日々トレーニングを重ねることで、少しずつキープできる時間が増えていきました。

不思議なもので、最初はたったの10秒しかできなかったのが、今では気合いを入れればなんとか1分持ちこたえることができます。

 

さて、肝心のプランクを続けてみた効果ですが、まず体重は特に変化がありませんでした。

激しい無酸素運動の筋トレや、脂肪を燃焼するジョギングなどの有酸素運動ではありませんが、少しぐらいは体重が落ちるかと思ったんですがね…。

まぁ、こればっかりは個人差もあるでしょう。

 

ただし、体重に変化はありませんでしたが、見た目には変化がありました!

ウエスト周りがちょっと引き締まったのです!

プランクトレーニングをするまでは、お腹の脂肪がベルトの上に乗っかっていましたが、プランクを始めてからはその量が減ったような気がします。

鏡で自分の体をチェックして見ても、やはりお腹は少し引き締まったように感じられました。

 

ということで、アラフォー男性がプランクを続けると、体重は特に変化しないが、体型は引き締まりますよ。

 

まとめ

体幹トレーニングの一種であるプランクは、道具を必要とせず、自宅で気軽に取り組めるので、いろいろな人におすすめの運動になります。

ハードな筋トレや、ジョギングなどの有酸素運動に比べて、実際にやってみるハードルがとても低いので、運動が苦手な人にはちょうどいいかもしれません。

 

もちろん、運動不足だったり、お腹の脂肪が気になるアラフォー男性にも、体型の引き締め効果があるので実践して損はありません。

 

気になる人は、気軽にプランクを試してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました