雨の日に靴が濡れない対策!歩き方と傘のさし方が重要!

雨の日に靴が濡れない対策!歩き方と傘のさし方が重要!

今年は台風やゲリラ豪雨が多い年でした。

雨でビショビショになってしまうことも多かったのではないでしょうか?

 

特に靴は一番濡れて、靴下まで浸水してくると不快極まりないですよね。

 

そこで、雨の日になるべく靴が濡れないような歩き方、傘のさし方をご紹介します。

 

雨で濡れにくい歩き方

雨で濡れにくい歩き方

雨の日に外を歩いていると、主に濡れるのは膝から下になると思います。

雨足が強ければ、もっと上まで濡れることもあるかもしれませんが…。

 

一番濡れるのはもちろん靴ですが、ズボンの裾や靴下も結構気になるところですよね?

雨による靴~ズボンの裾までの濡れ具合は、歩き方によってかなり変わってきます。

 

他の人に比べて、私はいつも雨で足元が濡れる量が多かったです。

 

「また靴の中まで浸水してきて、靴下がぐちょぐちょになったよ…」

「ズボンの裾が肌に張りついて気持ち悪い…」

 

このようなことが、しょっちゅうありました。

 

そこで、どのように歩けば、濡れる量を最小限に抑えられるかを検証しました。

 

その結果、自分なりにこの歩き方がベストだという方法を見つけました。

 

ゆっくりかかとから着地する

「いったい自分の足元は、どうやって濡れているんだろう?」

まずは、その疑問を解消するため、雨の日に自分の足元をよく見ながら歩いてみました。

 

すると、かなりの量の水跳ねが起きていました。

ふだんどおりに歩いていると、足が着地したときに水が跳ねて、反対側の足元にかかっていたんですね。

 

雨で直接濡れているのはもちろんですが、それ以外に歩くという行為でも足元が濡れていたのです。

 

そこで、水跳ねを最小限に抑えるには、どうすればいいかを考えました。

 

ポイントは次の2つです。

  • 着地の勢いを減らす
  • 着地するときの接地面を減らす

 

着地の勢いを減らすため、まずはゆっくり歩いてみました。

すると、足元が濡れる量が減りました。

勢いが減った分、衝撃が少なくなり、水跳ねの量が減ったんですね。

 

続いて、着地するときに、なるべくかかとか、地面につくことを意識しました。

これも効果ありで、足元が濡れる量が減りました。

 

雨の日になるべく足元を濡らさないようにするには、ゆっくり歩いてかかとから着地すればいいということがわかりました。

 

ちなみに、つま先から着地してもあまり濡れないのですが、明らかに変な歩き方になります。

自然な歩き方で濡れないようにするには、かかとからの着地がおすすめです。

 

ただし、どうしても大きな水溜まりを歩かなければならないときは、つま先からも有効です。

つま先歩きのほうが靴全体が濡れないからです。

 

水溜まりを避ける

大きな水溜まりがあれば、誰でも避けると思います。

しかし、小さな水溜まりだったらどうでしょうか?

 

「これぐらいなら、靴の中まで水は入ってこないから大丈夫。」

 

なんて思って、ふつうに歩いてしまってませんか?

 

確かに靴の中は大丈夫かもしれません。

 

しかし、小さな水溜まりでも水跳ねは起こります。

するとズボンの裾が濡れます。

 

大きな水溜まりに比べれば少ない量ですが、積み重なるとズボンの裾がすっかり濡れてしまいます。

 

それなりの時間、雨の中を歩く場合は、個人的には意識したほうがいいと思います。

 

小さなものでも、なるべく水溜まりは避けて歩くことをおすすめします。

 

車道から離れる

これは経験したことがある人もいるでしょう。

 

車が勢いよく走り去るときに起こる水しぶきが、こちらに飛んでくるというものです。

迷惑極まりないですが、こちらが気をつけるしかありません。

 

車通りが激しい道を歩くときは、なるべく車道から離れましょう。

 

できれば、なるべく車が通らない道を歩いたほうがいいですね。

 

傘のさし方

傘のさし方

実は、傘のさし方でも雨に濡れる量が意外と変わります。

 

子どもなんかは傘のさし方が下手なので、傘を持っても結構濡れてしまいますよね?

それだけ傘のさし方も影響は大きいのです。

 

それでは、雨に濡れにくくなる傘のさし方を見ていきましょう。

 

進行方向に傾ける

雨の日に外を歩く以上、どこか目的地があるわけですよね?

 

傘は、その進行方向に少し傾けるようにしましょう。

体が前に進む以上、後ろより前が雨に濡れやすくなります。

 

信号待ちなどで立ち止まっているときは、ふつうに真っ直ぐ傘をさしていて問題ありません。

 

雨の向きに傾ける

これも重要なことですが、雨が降ってくる向きに合わせて、傘をさしましょう。

 

風が強いと、雨は上からよりも横方向から降ってきます。

 

ものすごい強風になると、頭を完全に出してしまうぐらい傘を傾けたほうが、結果的に濡れる量が少なくなることもあります。

 

進行方向と雨の向きを考慮して、傘をさす傾きを調節するのがベストですね。

 

大きい傘を使う

少しぐらいの雨なら問題ありませんが、強い雨になると小さな傘では防ぎきれません。

 

大雨のときには、きちんと大きな傘を利用したほうがいいです。

 

体の大きな人ほど、大きな傘を用意するようにしましょう。

 

まとめ

雨の日に靴が濡れない対策!歩き方と傘のさし方が重要!まとめ

いかがでしたか?

 

雨の日に外を歩くのは、どうしても嫌になりますよね?

少しでも雨に濡れないようにして、靴やズボンが不快な状態になるのを避けましょう。

 

いつも足元がたくさん濡れてしまう人は、参考にしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました