体の柔軟性に左右差がある場合に効果的なストレッチ方法

体の柔軟性に左右差がある場合に効果的なストレッチ方法

ストレッチをやっていると、自分の体の柔軟性に、左右差があることに気づくことがあると思います。

 

「左足の筋肉はよく伸びるのに、右足は硬くてあんまり伸びないな…」

 

なんてことがありますよね?

 

私はまさにこんな状態です。

 

体の柔軟性には、なぜ左右差が出てくるのでしょうか?

 

その原因と、解消するための効果的なストレッチ方法をご紹介します。

 

体の柔軟性に左右差がある原因

体の柔軟性に左右差がある原因

体の柔軟性に左右差が出てくるのには、いくつかの原因があります。

考えられるものは、次のものです。

 

日常生活における体の使い方の癖

人は、ふだんの生活の何気ない動きの中にも、癖がついてしまっていることがあります。

 

この動きの癖の中に、体の左右の使い方が異なるものが含まれていると、柔軟性の左右差が生まれてくる原因になります。

 

主なものだと、こんなものがありますね。

 

  • 足を組む
  • 腕を組む
  • 立っているときに片足に重心をかける
  • 鞄を毎日同じ方の肩にかける

 

これ以外にも、いろいろとあると思います。

 

どれもふだん意識していないけど、意外とやっていることになります。

 

あなたは当てはまるものがありませんか?

 

私は全部当てはまります…。

注意しなければいけませんね。

 

体の左右の動きが異なるスポーツ経験

部活などで長い期間スポーツを経験されている人も多いと思います。

 

陸上や水泳のような全身を同じように使う運動なら、あまり問題はないでしょう。

 

ですが、野球やテニスなどのように、左右の動きが異なるスポーツを長年やっていると、柔軟性に、左右差が出やすいです。

 

投げる、蹴る、ラケットを使うなどのものは、どうしても動きの性質上、左右の動きに違いが出るのは避けられません。

 

スポーツでも、球技を長年経験されている人は、体の柔軟性に左右差が出ている可能性があるでしょう。

 

利き手をよく使う

ほとんどの人が、右利きか左利きのどちらかですよね?

まれに両利きなんて人もいますが、かなりの少数派でしょう。

 

何かの作業をするとき、どうしても利き手に頼りがちになります。

利き手のほうが器用さがあり、筋力も大きいから、どうしてもそうなりますよね?

 

これは仕方がないことなのですが、度がすぎるとやはり体の柔軟性の左右差にも影響を与えます。

 

体の柔軟性の左右差を解消する効果的なストレッチ方法

体の柔軟性の左右差を解消する効果的なストレッチ方法

ストレッチをしていて、体の左右で柔軟性に差があると気になりますよね?

 

「どうせなら両方とも同じぐらい筋肉が伸びるようになりたい!」

 

そう思いませんか?

 

私はそう思います。

 

左右両方とも同じぐらい筋肉が伸びてくれないと、180度開脚とかできないですしね。

 

ストレッチをしていても、片側の筋肉だけ伸びが悪いと、つい無理矢理伸ばしてしまいたくなります。

痛くてできないんですけどね…。

 

そこで、体の柔軟性の左右差を解消する効果的なストレッチ方法です。

 

基本的にストレッチをするときは、左右同じようにやっていると思います。

しかし、それでは体の柔軟性の左右差は解消できません。

 

体の左右のどちらかが硬い場合は、硬いほうの筋肉を伸ばす時間を増やしましょう。

 

ただし、このときに無理は禁物です。

伸ばしすぎて筋肉を痛めてしまっては、しばらくストレッチができなくなってしまいます。

 

無理なく痛気持ちいいぐらいのストレッチを、柔らかいほうよりも長めにやるようにしましょう。

 

個人的には柔らかい側の筋肉を先に伸ばしてから、硬い側の筋肉を伸ばしたほうが、よく伸びるような気がします。

柔らかい側を先にストレッチするほうが、よく伸びるので気分的にもいいですしね。

 

体のバランスが整うと姿勢や体型がよくなる

体のバランスが整うと姿勢や体型がよくなる

体の柔軟性に左右差があると、ふだんの動きや姿勢にも偏りが出てきます。

そうなると、見た目が悪く見えてしまったり、体型にも左右差が出てくる原因にもなります。

あんまり酷いと、体の硬いほうに痛みなどが出てきてしまうこともあります。

 

反対に、体の左右の柔軟性が同じぐらいになると、体のバランスも整います。

すると、自然と姿勢がよくなり、立ち居振る舞いがきれいに見えるようになります。

体の調子もよくなり体型も整って見えるようになりますよ。

 

体の柔軟性に多少の差があるのは、仕方がないと思います。

 

しかし、その差を小さくすることで、見た目や体の調子をよくしてくれます。

 

ですので、体の柔軟性の左右差が大きい場合は、積極的に治していったほうがいいと思います。

 

かくいう私も、体の左側に比べて右側が硬いです。

ですので、右側も左側と同じぐらい伸びるように毎日ストレッチをしていますよ。

 

まとめ

体の柔軟性に左右差がある場合に効果的なストレッチ方法まとめ

体の柔軟性の左右差は、日常生活の積み重ねで生まれてくるものです。

 

気になる場合は、自分のふだんの癖を調べて気をつけるようにしたほうがいいと思います。

 

私も腕組み足組みは、ついやってしまうほうなので、意識的にやらないようにしています。

 

既についてしまった体の柔軟性の左右差は、硬いほうのストレッチ時間を増やすことで解消していきましょう。

硬い筋肉も時間をかけて伸ばしてあげれば、だんだん柔らかくなってきます。

 

ストレッチをしていて体の柔軟性の左右差が気になる人は、参考にしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました