ダイエット中はサラダを食べるときのドレッシングに注意しよう

ダイエット中はサラダを食べるときのドレッシングに注意しよう

ダイエット中は摂取カロリーを抑えるために、野菜を中心とした食事にする人が多いと思います。

そうなるとサラダをよく食べることになりますが、そこに思わぬ落とし穴があります。

 

それは、意外と糖質や脂質が多く、カロリーの高いドレッシングの存在です。

 

そこで、ダイエット中のドレッシングのとり方についてご紹介します。

 

ドレッシングにもカロリーはある

普通のドレッシングには、成分として油が入っています。

この油が入っていることで、ドレッシングに旨味が加わるのですが、ダイエット中はこいつが厄介者になります。

なぜなら油はカロリーが高いからです。

 

三大栄養素の1g当たりのカロリー量は次のとおりです。

 

炭水化物 4kcal
たんぱく質 4kcal
脂質 9kcal

 

このように脂質だけカロリーが飛び抜けているんですね。

脂質は、炭水化物やたんぱく質と同じグラム数でも、カロリーは実に2倍以上もあるのです。

 

このため、野菜は低カロリーだから安心だといっても、ドレッシングをかけすぎていたら、気づかないうちに高カロリーになっていたということもあり得ます。

 

ダイエット中に、野菜を中心とした食事にするためにサラダを食べることは、決して間違いではありません。

ただし、そのサラダにかけるドレッシングには、それなりのカロリーがあるということを認識しておきましょう。

 

サラダを食べるときはノンオイルドレッシングがおすすめ

今やドレッシングもたくさんの種類がありますよね。

味の好みやその日の気分で、かけたくなるドレッシングは人それぞれでしょう。

 

しかし、ダイエット中の人は、そのドレッシング選びが重要になってきます。

ドレッシングはその種類によって、びっくりするぐらいカロリーが異なるのです。

 

ドレッシングの中でも特にカロリーが高いのが、シーザー、サウザンアイランド、フレンチなど濃厚なクリーミータイプのものです。

この手のタイプのドレッシングは味付けが濃くて、とても美味しいので、ついついサラダにかけたくなってしまいます。

私もこのタイプのドレッシングは大好きです。

 

ですが、毎回のサラダでこの濃厚クリーミータイプのドレッシングを常食していたら、残念ながら痩せることは難しいです。

下手をすればカロリーオーバーで逆に太ってしまうこともあるでしょう。

それぐらいにドレッシングのカロリーというのは侮れません。

 

私は特にシーザードレッシングが好きで、サラダによくかけていたんですが、ダイエット中にそれをやっていたときは全く痩せませんでした。

 

ざっくり覚えておくなら、濃厚なものや洋風のドレッシングは、カロリーが高いと思っておくといいでしょう。

反対にサラッとしたものや和風のドレッシングは、比較的カロリーが低めです。

 

ですが、ダイエットをするなら、サラダにかけるドレッシングは、やはりノンオイルドレッシングが一番でしょう。

 

ノンオイルドレッシングは、名前のとおりドレッシングに油が含まれておりません。

あのグラム当たりのカロリー量が以上に高い脂質がないため、ノンオイルドレッシングは、同じドレッシングでも低カロリーに抑えることができるのです。

 

これから家でサラダを食べるときは、ノンオイルドレッシングをかけることをおすすめします。

外食でサラダを食べるときには、ノンオイルのものはあまりないと思うので、和風タイプを選べばカロリーを最小限に抑えられると思いますよ。

 

ノンオイルドレッシングを選ぶときのポイント

市販されているノンオイルドレッシングにも、かなりの種類のものがあります。

「一体どれにしたらいいの?」

という人のために、ノンオイルドレッシングを選ぶときのポイントをご紹介します。

 

カロリーが低いもの

同じノンオイルドレッシングでも、実は使用されている原料によってカロリーが変わってきます。

ダイエット目的であれば、やはりカロリーを抑えるのが一番です。

ということで、なるべくカロリーが少ないノンオイルドレッシングを選びましょう。

 

糖質が少ないもの

油が入っていないノンオイルドレッシングなら低カロリーだから安心だと油断してしまいがちです。

しかし気をつけなければいけないのが糖質です。

 

実はドレッシングにも糖質が含まれています。

糖質の過剰摂取は脂肪の蓄積につながるため、ダイエット中には注意しなければいけません。

 

例えノンオイルドレッシングといえども、ものによっては糖質の量が、普通のドレッシングより多いものもあります。

ノンオイルドレッシングを買うときには、糖質の量も確認するようにしましょう。

 

減塩・無添加のもの

ダイエットに直接結びつくわけではありませんが、塩分の取りすぎや食品添加物は体にいいものではありません。

カロリー控えめで糖質の少ないものを探したなら、ついでに減塩・無添加のものにするといいでしょう。

 

健康的に痩せられる、お気に入りのノンオイルドレッシングを見つけてください。

 

まとめ

いかがでしたか?

 

野菜中心の食生活なら大丈夫と思って、ドレッシングのことを気にしていなかった人は要注意です。

摂取カロリーを抑えるように気をつけていたつもりなのに、実際には意外とカロリーをとってしまっていたかもしれませんよ。

 

味の濃いものやクリーミーなドレッシングは、美味しくてついつい手がでがちですが、ダイエット中はやめておいた方がいいです。

 

サラダを食べるときは、ぜひノンオイルドレッシングを使うようにして、ダイエットを成功させてください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました