運動によるダイエットには効果的な時間帯がある!

ダイエットに効果的な運動の時間帯

 

ダイエットをするときに運動をすることは、もちろんいいことです。運動をすればカロリーを消費するので、それだけ痩せやすくなりますからね。しかし、実はこの運動する時間帯によって、ダイエットの効果に差が出ることをご存じでしょうか?効率的にダイエットをするためにも、運動に適した時間帯を紹介します。

 

ダイエットで痩せるには有酸素運動をしよう

ダイエットと言っても皆さん、ただ単純に体重が落ちればいいわけではありませんよね?落ちた体重の全てが筋肉では困ると思います。ダイエットで落としたいものは当然、体脂肪ですよね?この体脂肪は、体を動かし燃焼させることで減らすことができます。

しかし、体脂肪を燃焼させるために体を動かすと言っても、ただやみくもに運動すればいいわけではありません。運動には二種類あり、無酸素運動と有酸素運動があります。無酸素運動は、筋トレや全力疾走のような呼吸を止めて行う運動です。対して有酸素運動は、ジョギングやウォーキングのような、しっかり呼吸をして酸素を体内に取り込みながらする運動です。このうち、ダイエットに効果的なのは有酸素運動になります。このため、ダイエットで脂肪を燃焼させて痩せたい場合は、ジョギングやウォーキングなどの運動がおすすめとなるわけです。

 

有酸素運動をどれくらいすべき?

運動をして体がエネルギーを消費するときは、体内にある糖と脂肪をエネルギーに変換して使用します。糖は筋肉や血液中にあり、すぐにエネルギー源として使用することが可能ですが、その分すぐになくなります。脂肪はエネルギーとして使用できるようになるまでに時間がかかるため、運動してすぐには消費されません。しかしその分、すぐにはなくなることがないため、長時間エネルギーを供給することができます。

効率よく脂肪を燃焼させたいなら、20分以上の運動がいいでしょう。20分以上運動をすると、脂肪の燃焼効率が高まります。ただし、20分以上運動しなければ脂肪を燃焼しないというわけではありません。運動をはじめたときから糖も脂肪のエネルギーとして使用しています。そのため、少ない時間でも運動をしたほうがいいということになります。

 

運動をするのに効果的な時間帯はいつ?

体が目覚めてないので、激しい運動や長時間の運動は避けるべきです。もし朝の時間帯に運動をするなら、体温が低く、筋肉も固くなっているので、ストレッチなどのウォーミングアップを充分にするようにしましょう。また、睡眠中に体内の水分がかなり減っていて、起床後は脱水に近い状態となっているため、運動前に水分補給をしましょう。低血糖によるめまいなどの防止のためにも、キャンディーなどで少量の糖分も摂取しておくといいです。

夕方

この時間帯は日中の活動により代謝が上がっている状態なので、運動によるカロリー消費の効率がいいです。朝は体を動かすのが億劫に感じる人が多いと思いますが、この時間帯なら運動をするのに抵抗も少ないことでしょう。夕方の運動は成長ホルモンの分泌も促してくれます。成長ホルモンには筋肉量を増やしたり、アンチエイジングにより老化を防止したりする効果があります。このため、いろいろな面で夕方の運動はダイエットに適していると言えます。

激しい運動をすると、交感神経が活性化され、睡眠の妨げとなってしまいます。夜はしっかりと眠ることで成長ホルモンが分泌されるようになり、脂肪燃焼によるダイエット効果を高めることができます。このため、基本的には夜はあまり運動せずに、リラックスしてよく眠るほうがダイエットにはいいです。もし夜に運動をしたいのであれば、副交感神経を刺激するヨガやストレッチがおすすめです。これらの運動であれば、睡眠の妨げにもなりません。

 

まとめ

運動によるダイエットを効果的に行いたい場合は、夕方の時間帯がもっともおすすめです。身体的にも精神的にも一番ダイエットに適した時間帯でしょう。そして運動をするときは脂肪を燃焼する有酸素運動をするようにしましょう。

なかなか時間の都合がつけられず、夕方以外の時間帯に運動をする場合には、水分や糖分の補給、運動の種類などを気をつけてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました