バーピージャンプで脂肪燃焼!全身運動で短期間にダイエット効果!

バーピージャンプのダイエット効果

バーピージャンプは、筋トレにもなり有酸素運動の効果もある優れた全身運動です。

脂肪燃焼によるダイエット効果があるため、最近では男性にも女性にも人気の種目になっています。

しかし、バーピージャンプなんてトレーニング、聞いたこともないという人もいますよね。

そこで今回は、バーピージャンプについてご紹介します。

 

バーピージャンプとは?

バーピージャンプは、もともと海外発祥のエクササイズになります。1930年代に活躍したコロンビア大学の生理学者ロイヤル・H・バーピーという人が、博士号を取得するための論文の中で発表された運動です。

このバーピージャンプは短時間で全身を効率良く鍛えることができます。このためアメリカ軍のトレーニングメニューにもなりました。時間と場所を選ばずにできるトレーニングになるため、世界中でも現在に至るまで流行しています。

日本でもアスリートがトレーニングの一環として実践していたり、中には学生のときに部活でやっていたという人もいるでしょう。

このため名前は知らなくても、トレーニングの内容だけは知っているという人もいるかもしれませんね。

 

バーピージャンプの効果

バーピージャンプは、筋トレの腕立て伏せ、スクワット、ジャンプの3つの動きを組み合わせたものになります。このため、一連の動きが全身運動となり、体中のいろいろな筋肉を一度に鍛えることができます。

主に太ももやお尻の下半身、胸、背中、お腹、腕などの上半身の筋肉を鍛えることができます。また、同時に体幹も鍛えることができるため、体のバランスがよくなります。

短時間でこれだけの筋肉を同時に鍛えることはなかなか難しいため、バーピージャンプは非常にトレーニング効率のいい優れた運動になります。

バーピージャンプは動きの内容がハードであるため、繰り返し行うことで心肺機能の強化や持久力向上の効果もあります。

 

バーピージャンプで痩せる?

バーピージャンプは全身の筋肉が鍛えられるため、筋肉量が増大します。このことにより基礎代謝も向上するため、太りにくく痩せやすい体になります。

またバーピージャンプを行った直後は、代謝が上がった状態になります。代謝が上がった状態が続くと、体内のエネルギー源として脂肪が使われる割合が通常よりも多くなります。この状態は最大で48時間持続するともいわれています。このため、運動中の消費カロリーだけでなく、その後の日常生活においても脂肪を燃焼することができるため、ダイエットに効果的なのです。

 

バーピージャンプのやり方

バーピージャンプのやり方は次のとおりです。

  1. 両足を肩幅程度に広げて立ちます。
  2. 膝を曲げてしゃがんでいき、両手を床について両足を後ろに伸ばします。
  3. 腕立て伏せを1回して、両足を胸の方に抱え込みます。
  4. しゃがんだ状態から勢いよくジャンプし、両腕を高く上げます。
  5. 着地したらすぐに2~4の動きを繰り返します。
  6. 10回を1セットとして3セット行います。

バーピージャンプの効果をしっかりと出すためには正しいやり方をする必要があります。

ポイントとしては、全ての動きをダイナミックに行うようにしましょう。小さく動いていたのでは、全身の筋肉を十分に使うことができます。できるだけ大きな動きをすることによって、全身の筋肉をくまなく使うことができるため、トレーニング効果が非常に高まります。回数を重ね疲れてくると、だんだんと動きが小さくなりがちなので、意識して大きく動くようにしてください。

また、一つ一つの動きを丁寧に行うようにして、フォームが崩れないように気をつけましょう。腕立て伏せのときに体が一直線になっていなかったり、ジャンプのときに両足が揃っていなかったりしてフォームが崩れていると、せっかくのトレーニング効果が薄れてしまいます。

そしてもう一つ重要なポイントが呼吸です。バーピージャンプは、ハードな動きであるためついつい呼吸を止めてしまいがちです。しかし、有酸素運動であるバーピージャンプを繰り返し行うためには、しっかりと呼吸をして全身に酸素を取り込む必要があります。呼吸を意識してできるだけ長く運動ができるようにしましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?

筋トレ&有酸素運動の両方の効果があるバーピージャンプは、非常に優れたトレーニング方法になります。

正しいやり方でトレーニングに取り組み、体を絞っていきましょう!

 

 

こちらの記事もおすすめです。

1日4分だけの運動で体脂肪が減るダイエット!HIIT-WBとは?

コメント

タイトルとURLをコピーしました