初心者のためのクロスバイクの正しい姿勢と疲れない乗り方のコツ

クロスバイクに乗るのは難しそう?

一般的な人は自転車と言えばシティサイクル(ママチャリ)が思い浮かぶでしょう。

今までに乗ったことがある自転車もママチャリしかありませんという人が多いと思います。

そんな人がいきなりクロスバイクなんかに乗れるの?

自分は運動神経が悪いから、とても無理!なんて考える人もいるかもしれません。

でも、そんな心配はいりません。

自転車が誰でも乗れるようになるように、クロスバイクは男性でも女性でも、

どんなに運動神経が悪くても普通に乗れるようになります。

だってクロスバイクも自転車なんですから。

クロスバイクを自転車屋で購入すれば、店員さんにいろいろ質問して、

クロスバイクの正しい乗り方を教えてもらうこともできるでしょう。

クロスバイクを初めて買うときは、恥ずかしがらずに正しい乗り方を教えてもらうべきです。

通販などで購入して、クロスバイクの乗り方を誰かに教えてもらうことができない人は、

ぜひこのページを参考にしてみてください。

クロスバイクは誰でも乗れますが、当然ママチャリとは違う部分があるので、どのあたりを

意識すれば、クロスバイクにうまく乗れるようになるのかを紹介したいと思います。

 

サドル(座るところ)の高さを調整する

クロスバイクはシティサイクルとは違いサドルが高くなります。

もちろん自分で調整できるのですが、サドルは高めのほうがいいです。

シティサイクルではサドルに座ったままでも、両足が地面に

べったりとつくと思いますが、クロスバイクは違います。

クロスバイクでは、ペダルが1番低い位置で足を乗せ、膝がちょっと

曲がるぐらいが、理想的なサドルの高さになります。

サドルをこの高さにすると、座った状態では両足のつま先部分ぐらいしか地面につきません。

なぜこんなにサドルを高くするかというと、自転車を漕ぎやすくするためです。

サドルが高いほう足の力をペダルにたくさん伝えることができるようになり、

楽にスピードを出すことができるようになります。

スピードはクロスバイクの醍醐味でもありますから、サドルは必ず

自分に合った高さに調整しましょう。

 

ペダルに乗せる足の位置

シティサイクルに乗るときは、ペダルに足の裏の真ん中(土踏まず)辺りを

乗せて漕いでいたと思いますが、クロスバイクの場合は違います。

クロスバイクのときは、ペダルに母指球(足の親指の付け根辺り)を乗せるようにします。

母指球をペダルに乗せるようにすると、土踏まずと比べて

足の力をペダルに伝えやすくなります。

これによって、スピードが出しやすくなります。

初めのうちは無意識に、つい土踏まずをペダルに乗せてしまいがちですが、

母指球をペダルに乗せるように意識してください。

なんとなく乗りづらい感じがあると思いますが、次第に慣れていきます。

慣れてくると、自然と母指球をペダルに乗せるようになってきます。

私はシティサイクルに乗るときでも、ペダルを踏むときは母指球です(笑)

 

乗り始めのクロスバイクのまたがり方

シティサイクルはトップチューブがなかったり低かったりするので、

そこから足をまたいで乗ることが非常に簡単です。

いわゆるケンケン乗りをする人もたくさんいますね。

しかし、クロスバイクはトップチューブが高いため、

シティサイクルと同じように乗ることはできません。

クロスバイクに乗るときは自転車の左側に立ち、右足を後方に高く上げ、

自転車の後輪側からまたぎましょう。

そしてトップチューブの上にまたがるように立ちましょう。まだサドルには座りません。

この状態が停車中の基本体勢になります。信号待ちなどのときもこの体勢になります。

シティサイクルのように停車中はサドルには座らないので注意しましょう。

このような乗り方になるため、女性の方はスカートではなくズボンを穿くようにしましょう。

 

クロスバイクを漕ぎだしながら座る

クロスバイクは停車中は自転車から降りています。

乗るときにペダルを漕ぎだしながらサドルに座るようになります。

乗り出すときは、まずは右足側のペダルを漕ぎだせるように上げておきます。

右足をペダルの上に乗せてそのまま踏み込み、左足も反対のペダルに乗せて

立ち漕ぎの姿勢で走り出します。

そして自転車のバランスが安定したらサドルに座って、そのまま漕ぎ続けます。

シティサイクルは座った状態から漕ぎ出しますが、クロスバイクは、

このように漕ぎだしながら座るという流れになります。

クロスバイクは乗り始めがシティサイクルとは違うので、初めのうちは気をつけてください。

とは言っても別に難しくはないので、すぐに慣れます。

 

走行中の正しい姿勢

クロスバイクはサドルが高くハンドルが低いため前傾姿勢になります。

これは自転車を漕ぎやすくスピードを出しやすい体勢になります。

このときに初心者がやりがちなのが、肘を伸ばして両手でがっちりと

ハンドルを握り上半身を支えるということです。

前傾姿勢となるため、このようになりがちなのですが、肘を伸ばしてしまうと、

路面からの自転車への振動が直接体に伝わってきてしまい、乗り心地が悪く

疲れやすくなってしまいます。また、首や肩も凝りやすくなってしまいます。

そこで、肘は軽く曲げハンドルは軽く握るようにします。

そして背すじを伸ばし、上半身を腹筋と背筋で支え、体が前に倒れないようにします。

背すじは反ってしまうと腰痛の原因となるので、反らないように気をつけましょう。

 

ハンドルの握り方

ハンドルは、親指は下から、残り4本の指は上から握りこむようにしましょう。

この握り方が一番しっかりと握れるので安定して走行できます。

また、ブレーキバーはいつでも握れるようにしておきましょう。

街中の人混みを走行するときなどは、常にブレーキバーに指を添えておくと、

ぶつかりそうになったときに咄嗟に止まることができるので安全です。

 

ギアチェンジの仕方

クロスバイクはシティサイクルとは違いギアがフロントとリアに分かれてついており、

ギア数もフロント2~3段、リア8~9段とかなり多いです。

このギアチェンジがクロスバイクの醍醐味の一つでもあります。

ギアチェンジの基本的な考え方は、ペダルの回転数が常に一定になるようにすることです。

このようにすることで体にかかる負担が減り、長距離を走っても疲れにくくなります。

ギアチェンジは小まめに行うほうが走りやすくので、頻繁に使いましょう。

(自動車と同じですね。オートマチック車の方が多いですが……)

初心者のうちは、あまりにギアの段数が多いので、どのようにしたらいいのか

わからないと思いますが、基本的にフロントギアは2に固定しておいていいです。

リア側を状況によりギアチェンジして走りやすくするようにします。

乗り始めや坂道などペダリングに負荷がかかる場面ではギアを軽くしておきます。

そしてスピードが出てきたら少しずつギアを重くしていくようにしましょう。

 

ギアチェンジの注意点として、必ず漕ぎながら行うようにしましょう。

止まったままギアチェンジをするとチェーンが外れることがあるのでNGです。

また、使用しない方がいい前後のギアの組み合わせがあります。

前後のギアが一番軽いもの同士、一番重いもの同士、

一番軽いものと一番重いものの組み合わせはやまめしょう。

これらの組み合わせは、チェーンが張りすぎたり緩みすぎたりして外れやすくなります。

 

クロスバイクは、この多段ギアのおかげで、とにかくスピードが速いです。

また坂道もかなり楽に上っていけます。

ギアチェンジをうまく使ってクロスバイクをとことん楽しみましょう。

 

クロスバイクの降り方

クロスバイクから降りるときは、前後輪のブレーキを均等にかけて減速していきます。

充分に減速したら、お尻をサドルから浮かし、車体の重心を少し左側に傾けて、

左足から順番に両足を地面につけて降ります。

降りたら、トップチューブにまたがった状態になります。

 

スピードが出ているときに前輪ブレーキだけで止まろうとすると、

車体後部が浮き上がって転倒する危険があるので注意しましょう。

 

 

正しい姿勢と乗り方を覚えてクロスバイクを楽しもう

シティサイクルとは少し勝手が違うクロスバイクですが、誰でも乗れるようになります。

運動が苦手な人でも、簡単に乗れるようになるので心配は要りません。

クロスバイクは、正しい姿勢と乗り方を覚えれば、ものすごく快適に走ることができます。

クロスバイクならではの爽快感を味わって、存分に楽しんでください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました