胃腸に優しい白湯を飲み続けると体に現れる驚くべき嬉しい効果とは?

胃腸に優しい白湯を飲み続けると体に現れる驚くべき嬉しい効果とは?

美容や健康にいいとされている「白湯(さゆ)」は芸能人でも愛飲している人がいます。

 

胃腸に優しい白湯を飲み続けると、体に驚くべき変化が訪れます。

白湯について詳しく知りたい人のために、飲み続けることで体に現れる嬉しい効果についてご紹介します。

 

胃腸に優しい白湯を飲み続けると体に現れる驚くべき嬉しい効果とは?

白湯を飲み続けることで体に現れる嬉しい効果はたくさんあります。

絶対に白湯を飲みたくなる、その効果について一つずつ確認していきましょう。

 

美肌になる

白湯には体の老廃物を排出してデトックスする働きがあり、腸内環境を整える効果があります。

肌荒れの原因となる老廃物をなくすことで、美肌になる効果があるのです。

 

便秘が解消される

白湯を飲むと内臓が温められるため、腸の動きが活発になります。

このためお通じがよくなり便秘が解消されます。

 

代謝が上がる

白湯は温かい飲み物なので、飲むことで体を温めることができます。

これにより全身の血流もよくなるため、代謝が上がります。

 

ダイエットになる

全身を温める白湯は、代謝アップにより生活の中で消費されるカロリーが増えます。

このためダイエット効果も期待できます。

 

冷え症が改善される

女性に多いと言われる冷え症ですが、最近では男性でも増えてきています。

体の芯まで冷えてしまう寒い冬に出やすいものですが、夏場のエアコンも冷え症の原因になります。

1年のうち多くの期間を冷え症に悩まされることになったら大変です。

 

白湯を飲むと体の内側から温めることができ、辛い冷え症を改善することができますよ。

 

白湯の作り方

白湯の作り方はいたって簡単です。

手軽にできるので、家で作って積極的に飲んでみましょう。

 

  1. ヤカンか鍋に水を入れて沸騰させる
  2. 蓋を外して10~15分ぐらい沸騰させ続ける
  3. 自然に80℃ぐらいに冷めるのを待つ

 

たったのこれだけです。

 

ポイントは沸騰したらすぐにできあがりではなく、そのまましばらく沸騰させ続けることです。

これにより水に含まれているカルキなどの不純物を飛ばして、体に優しい飲み物となるわけです。

 

蓋を開けて沸騰させ続けると、水分が蒸発してかなり量が減るので、実際に飲む分よりも多めに水を入れて作るようにしてください。

 

また、すぐに飲みたいからといって、冷まさずに水を入れてしまうのはNGです。

それではせっかく沸騰させ続けて不純物をなくしたのに、また自ら加えることになってしまいます。

どうしても早く飲みたい人は、お湯の入ったヤカンや鍋を、水を張った洗い桶の中に入れるなどして一気に冷ますといいでしょう。

 

1日に何回も作るのが面倒だという人は、一度にまとめて作って保温性の高い水筒に入れておくと楽です。

会社などに持っていけるので、自宅以外でも好きなときに白湯を飲めますよ。

 

白湯の飲み方

白湯は600~800mlの量を、3~5回にわけて飲むようにしましょう。

少しずつゆっくりと飲むと体にも優しいです。

 

特におすすめなのが、朝起きて一番の白湯です。

朝は胃腸が冷えているので、白湯を飲むことによって内臓を温めることができます。

血流をよくして代謝も上げられるので、その日1日のスタートにぴったりの飲み物ですよ。

 

体にいいといわれる白湯ですが、飲み過ぎには注意しましょう。

必要以上に飲んでしまうと、むくみの原因となります。

適量を守って、健康的な体になりましょう。

 

まとめ

白湯を飲み続けると体に現れる効果についてご理解いただけましたか?

どれも嬉しい効果ばかりで、白湯を飲まない理由はないといってもいいですよね。

 

基本的に体に悪いことは何もないので、安心して飲めるのが白湯のいいところです。

なんといっても、元はただの水ですからね。

 

今まで体にあまりよくないものを飲んでいた人は、まずは朝一番の白湯から始めてみてはいかがでしょうか?

体が温まり、いい1日のスタートができますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました