冷え性の人の特徴とは!?最近は男性でも増えている理由

冷え性の人の特徴とは!?最近は男性でも増えている理由

女性に多い冷え性ですが、最近では男性でもかなり多くなっています。

冷え性になる人には特徴があり、それに当てはまる男性が増えてきているためです。

そこで、寒い冬に悩まされる人が多い、冷え性になってしまう理由について説明します。

冷え性とはどのような状態か

冷え性とはどのような状態か

冷え性とは、手や足がいつも冷えているような感じがするような状態です。

特に四肢末端である指先に、症状が多く見られます。

冷え性の場合、全身が寒いということはないのですが、手足が部分的に寒いと感じるようになります。

特に気温の下がる冬や、寝る前に冷えの症状が現れやすくなります。

また、体の冷えた部分は、血のめぐりが悪くなります。

これに伴い、腰痛や肩こりが起こる可能性があるともいわれています。

冷え性であることを苦痛に感じている人は結構多くて、この冷えのために冬が嫌いだという人もいるくらいです。

かくいう私も実は冬が苦手で、とても寒い時期には、手と足の指先が冷えてしまうことに悩まされます。

手の指先が冷えてしまうと、仕事中に細かい作業ができなくなってしまいます。

書類の枚数を数えたり、タイピングをしたりといった作業効率が落ちてしまって困ります。

そして、冬の雨の日なんかに外を歩くと、足の指先が完全に冷えてしまって、コタツやお風呂に入らないとなかなか温まりません。

夜寝るときには、足先だけが冷えてしまって、なかなか寝付けなかったりします。

あんまり酷いと、靴下を履いたり、アンカを足元に入れて寝たりしていました。

冷え性の人の特徴!男性でも増えている理由

冷え性の人の特徴!男性でも増えている理由

冷え性の人は、主に次のような特徴があります。

  • 周りの人がふつうだと感じる環境でも、寒いと感じる
  • 体の一部が冷えている
  • いつも厚手の靴下をはいている
  • 冷房が苦手である
  • 冬は電気毛布が手放せない

この中に当てはまるものがあった場合、あなたも冷え性である可能性があります。

一般的に女性の方が男性より冷え性になりやすいです。

これは、女性は男性と比べて皮下脂肪が多く、筋肉が少ない体型をしていることによります。

脂肪は熱を通しづらく、一度冷えるとなかなか温まりません。

また、筋肉には熱を作り出し血流を多くしてくれます。

しかし、最近では男性でも冷え性の人が増えてきています。

というのも、デスクワークで一日中座りっぱなしで運動不足の人が増えており、男性でも筋肉が少ない人が多くなりました。

また、ストレスや生活習慣の乱れも、冷え性に関係してくる場合もあります。

今や冷え性は、女性だけの問題ではなくなっているのです。

体を冷やさないための対策

体を冷やさないための対策

冷え性の人は、体を冷やさず温めるように気をつける必要があります。

そのような衣服や食事、生活習慣を送ることが重要です。

冷え性の人は、冷えやすい手と足、それから血液の集まりやすいお腹を温めると効果的です。

靴下は、5本指ソックスをはくと、指を一本ずつ包むことができます。

指先を動きやすくできるので、血行もよくなりますよ。

お腹には、腹巻がおすすめです。

血液が集中しやすいお腹を温めることで、全身の体温を効率よく上げることができます。

お腹を温めると、足の温度も上がるので冷えの解消につながります。

内臓も温められるので、消化器官の不調を改善してくれますよ。

食事や飲み物は、温かいものを選ぶようにしましょう。

温かい飲食物が体内に入ると、体の内側から暖めることができます。

お茶やコーヒー、スープなど、自分が好きな体が温まるものをとりましょう。

それから、お風呂でも湯船につかって、しっかりと温まりましょう。

ゆっくりと湯船につかると、手足の末端まで温まります。

よく温まっておくと、夜寝るときにも気持ちよく寝つきやすくなりますよ。

また、根本的な解決策として、運動をして筋肉をつけることをおすすめします。

冷えの原因ともなる筋肉量を増やすことで、冷え性を改善することができます。

特に男性は、鍛えると筋肉がつきやすいので、健康のためにも筋トレをしてみてください。

また、ストレッチで体をほぐして、血流をよくすることもおすすめです。

まとめ

冷え性の人の特徴とは!?最近は男性でも増えている理由まとめ

いかがでしたか?

今や冷え性は、女性だけでなく男性の悩みでもあります。

しっかりと対策をして、生活習慣も見直し、寒さに負けない体になりましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました