寒いとお腹が空く理由!冬太り対策でダイエットを成功させよう!

寒いとお腹が空く理由!冬太り対策でダイエットを成功させよう!

「寒いと、やたらお腹が空くな~」

と感じたことはありませんか?

 

私は、よく感じます。

毎年寒い季節になってくると、ムクムクと食欲がわき上がってきます。

 

実は、暑い夏と比べて、寒い冬は特に食欲がわきやすくなります。

そしてこれには、きちんと理由があります。

 

寒いとお腹が空く理由

寒いとお腹が空く理由

人間は体温を一定に保つ恒常性をもった生き物です。

 

このため寒い冬には、冷えた体を温めようと体内のエネルギーを消費します。

何もしていなくても、どんどんエネルギーが使われていくので、寒いとお腹が空くのです。

 

私はもともと食べることが好きなタイプなのですが、寒い冬になると本当に食欲旺盛になります。

気をつけないと、苦しくなる限界まで食べてしまいます。

 

冬太りの原因

冬太りの原因

毎年寒い冬になると太ってしまうという人は、結構いると思います。

いわゆる冬太りになってしまう原因を見ていきましょう。

 

食べ過ぎ

まずは食べ過ぎです。

 

前述のとおり、寒いとお腹が空くのでバクバク食べてしまいます。

冬は、おいしい食べ物が多いので、余計に食欲が増してしまいがちです。

 

また、冬には食べ過ぎになりやすいイベントが盛り沢山です。

 

クリスマスに忘年会、お正月と、飲んで食べての機会が目白押しです。

 

楽しくワイワイ盛り上がって、ついつい食べ過ぎてしまうことが多くなります。

 

多い人になると、12月は毎日のように飲みに行くなんていう人もいます。

 

節制しないと際限なく食べ過ぎる機会も増えてしまいます。

 

このように、冬は食べ過ぎになりがちなため、太ってしまう人が多いのです。

 

動かなすぎ

次に、動かなすぎです。

 

冬になると、外は寒いから嫌だといって、家の中に引きこもりがちになります。

さらには家の中でも、こたつの中に入って、いっさい出てこないなんて人もいるのではないでしょうか?

 

かくいう私も、寒さが苦手なため、冬は家にこもって動きたがらないタイプです。

 

しかし体を動かさないと、消費カロリーがふだんよりも落ちてしまうので、結果として太ってしまいます。

 

寒さが苦手で出不精な人ほど、冬太りの可能性が高まります。

 

寒さで着込むので体型が隠れる

夏は暑くて薄着になるので、体型がわかりやすくなります。

ところが、冬は寒さでたくさん着込むため、体型が隠れやすくなります。

厚手のコートやダウンジャケットを着ていると、その人が太っているのか痩せているのか、あまりよくわかりませんよね?

 

このため、

「少しぐらい太ったって、どうせ見えないからいいや。」

という気の緩みが発生しやすくなります。

 

体型が隠れる服装が多い冬は、自分に甘くなりがちです。

このため、気持ちの問題でも、冬は太りやすくなってしまうのです。

 

ダイエットを成功させる冬太り対策

ダイエットを成功させる冬太り対策

そんな一見太りやすいと思われる冬ですが、実はダイエットで痩せるには、もってこいの季節だったりします。

 

冬は体温を上げるためにエネルギーの消費が多くなるので、痩せやすくもあるのです。

 

そんな冬にダイエットを成功させる鍵は、次の3つになります。

 

食事管理をする

寒くてお腹が空きやすい冬にこそ、しっかり食事管理をしましょう。

 

栄養やカロリーを意識して食事する癖をつけておけば、十分食べ過ぎを予防できます。

 

どうしてもお腹が空きやすい時期ではあるので、間食をうまく活用するのもありです。

 

また、食事のときにはゆっくりよく噛んで食べるようにすれば、満腹感が得られやすいですよ。

 

冬は寒い時期なので、体が温まる食べ物がおいしい季節です。

 

太りにくくて冬においしい食べ物として、個人的には野菜たっぷりの鍋やポトフなどかおすすめです。

作るのも簡単で洗い物も少なくて済むので、いろいろな面でいいですよ。

 

このようなメリットから、我が家では夏でも鍋を作っていたりしますよ。

 

体を動かす

せっかくエネルギー消費量が上がっている冬でも、寒さで家にこもって動かないようでは意味がありません。

 

寒い冬こそ、しっかり体を動かすことで、大いにダイエット成功につながります。

 

寒い冬でも、ふだんと同じぐらい動いていればいれば、それだけで消費カロリーもふだんより多くなります。

 

寒いからといって縮こまっていないで、積極的に体を動かしましょう。

 

ちなみに、この時期に運動をすると一気にダイエットを加速させることができます。

実は冬は消費カロリーを増やしやすいときなので、チャレンジしてみてもいいと思います。

ただし、寒いと体が固くなっていて怪我をしやすいので、注意してください。

 

冬のイベントに注意する

冬はとにかくイベントが盛り沢山です。

 

これらの全てで思う存分に飲んで食べてを繰り返していれば、それは太ります。

 

そこで、あまりに参加予定のイベントが多すぎるときは、少しセーブするようにしましょう。

イベントが重なりやすい時期でもあるので、あまり気乗りしない飲み会などは、他と被って行けないという理由も立てやすいです。

 

また飲み放題食べ放題なんかに行くときも要注意です。

あんまり調子に乗りすぎないようなしましょう。

 

暴飲暴食を防ぐためには、飲む食べるよりも、人との会話を楽しむようにするのがコツです。

 

適度な回数と食事量で、冬のイベントを楽しみましょう。

 

まとめ

寒いとお腹が空く理由!冬太り対策でダイエットを成功させよう!まとめ

寒いとお腹が空くのは不思議なことでもなんでもなく、人として当然のことです。

 

ただ、そこで欲望のままに食べていては、あっという間に冬太りしてしまいます。

 

お腹が空きやすい冬こそ、カロリーの消費量が増えることを逆手にとって、うまくダイエットをしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました